収納整理整頓
これですっきり解決!家族全員の服を収納するコツとは
サムネイル

家の中に家族全員の服をすべて収納しておくのは意外と大変なことですよね。収納場所は限られていますし、家族の人数が多ければ多いほどやはり服は増えます。

特に比較的狭いマンションに住む家族は、全員分の服の収納場所には困りがちです。「クローゼットの中に物が押し込んであって、取り出すのにいつも困る」という状態になっている家庭も結構多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家族全員の服を収納するコツについてご紹介していきます。

家族の服の収納が難しい理由

家の収納場所はスペースが限られています。そのため家族全員の服と、家の中にあるクローゼットや押入れでバランスが取れないことは実はよくあることです。

例えばマンションなどはありがちなことですが、一般的な家族が住む2LDK・3LDKの部屋でも、マンションによってはクローゼットが1~2つしかなかったり、容量が少なく多く服を十分に収納しておけなかったりなど、収納に不便さを感じることはあるものです。

さらに、クローゼットに収納しておきたいのは服だけではないはずです。季節ものの家電、掃除道具、その他趣味グッズ、書籍など、物が多くなりがちな家庭は特に大変なものです。

また、収納できる場所があったとしても別の問題が出てくることもあります。あちこちに服を収納してしまい収拾がつかなくなってしまう、特定の服を探すのに苦労するなど、家族全員分の服を管理するのは意外と難しいことなのです。

家族の服を収納するときのポイント

では家族の服をきれいに収納しておく際のポイントを見ていきましょう。家族全員の服ともなれば数も種類も多くなります。整理しながら収納していくことが大切です。

服を種類分けして収納することを意識

収納場所は種類ごとに分けていくことが大切です。お父さんの服、お母さんの服、子供の服など、まずは誰の服なのかによって服の収納場所を分けていくとすっきりしますし、服も探しやすくなります。衣装ケースごと分けてしまうのも良いでしょう。

また、スポーツ用の服などがある場合は、スポーツ服用の収納場所を作るのもポイントになります。誰の服なのか、どんな服なのか、それぞれ種類ごとに場所を分けていくと良いでしょう。

衣替えごとに服は断捨離していく

衣替え、それは服を整理する絶好のチャンスです。家族の人数に対して収納場所が少ない、洋服が増え過ぎているなどの悩みがある場合は、衣替えを機に服を断捨離していきましょう。数年着ていない服は思い切って処分したり譲ったりしていくことで、服の数が減り自然と収納はしやすくなります。

「いつか着るかもしれない」といった思いから服を持ち過ぎてしまっていることも、収納に困る原因の一つなのです。

収納しきれない服は預かりサービスを利用する手も 家族全員の服がどうしても収納しきれないというときは、各種預かりサービスを利用するという手もあります。トランクルームを利用してシーズンオフの服や趣味で使う服を預ける方法もありますし、クリーニング店の保管サービスを利用してクリーニングと保管の両方をお願いしたりするのも良いですね。

家族の服収納におすすめのアイテムとは

家族の服をすっきりと収納する際は、やはり種類別にクローゼットや押入れ内を仕切ることができるアイテムが活躍します。以下のようなアイテムを活かして、整理整頓された服収納を心がけていきましょう。

カラーボックス

広いクローゼットを仕切るのに役立つカラーボックス。ホームセンターなどで安価で手に入り、横にしても縦にしても使えるのがポイントです。カラーボックス内に収納ボックスを入れて洋服を管理するのもありでしょう。

ウォークインクローゼットなどで中にハンガーラックがあるのみの場合は、カラーボックスや下の衣装ケースで収納場所を仕切るのが基本のコツとなります。

衣装ケース

衣装ケースもカラーボックスと同じく利用しやすい衣類収納グッズの一つです。キャリーがついたタイプのものは移動しやすいですし、引き出しタイプは物を分けて収納しやすいため便利です。

また、引き出しタイプのものは通常の洋服ダンスとしても重宝するため、クローゼット内に収納できない場合は外に出して使うこともできます。

マスキングテープ

直接収納する際に使うわけではありませんが、服の種類分けを分かりやすくするためにマスキングテープは非常に役立ちます。どこに誰のどんな服が入っているのか分かりやすくするために、衣装ケースなどにはマスキングテープで名前・種類を書いておくと良いでしょう。

また、マスキングテープでハンガーにラベルをつけることで、ハンガーラックにたくさんの服をかけても誰の服なのか一目でわかるようになります。

カーテン付き突っ張り収納

クローゼットや押入れがあまりにも少ない家の場合、突っ張り収納やハンガーラックを購入して部屋の中に収納場所を作るという手もあります。家の中は少し狭くなりますが、散らかっていた衣類が整理される分かえって室内がすっきりする可能性もあります。

【実例】家族の服はこうやって収納しよう!

では最後に、家族の服を収納するテクニックやアイデアの実例をご紹介していきます。実際に家族全員の服を整理する際は、以下のアイデアをぜひ参考にしてみてください。

衣装ケースは色分けして分かりやすく

衣装ケースは種類別に分けて用意するととても分かりやすくなります。先ほどお伝えしたようにマスキングテープなどを使って誰の服が入っているのか分かりやすくする方法もありますが、せっかくなら衣装ケースごと色分けしてしまう手もあります。

ホームセンターなどではカラーバリエーションのある衣装ケースがたくさん販売されています。服を整理する際にあらゆる色の衣装ケースを揃えてみても良いかもしれません。クローゼット内をおしゃれにもできるでしょう。

ハンガーラックに吊下げ収納を

ウォークインクローゼットはハンガーラックがあるのみ、というパターンが多いです。ハンガーにかけた状態で収納しておくコートやスーツなどが少ない場合は、場所を持て余してしまうかもしれません。

その際は吊下げ収納でハンガーラックを活用していくのがおすすめです。デッドスペースを活かした収納ですっきりするでしょう。

100円アイテムを使って細かく収納

衣装ケースをたくさん揃えるのも良いですが、100円ショップで手に入るような小さな収納ボックスを気軽に集めて、細かく収納するという方法もあります。

より細かく種類分けして服を収納したいときには役立つでしょう。靴下やインナー、ネクタイなどの小物を整理しておくのにも小さな収納ボックスは便利です。小さな収納ボックスが整然とクローゼット内に並んでいれば、それだけでもおしゃれな印象になります。

まとめ

いかがでしょうか?
家族全員分の服をしっかりと収納するのは意外と頭を悩ませることです。クローゼットに収納したいものは服以外にもたくさんあり、そんな中でたくさんいる家族全員の服をすべてしまうのは難しいことです。つい無理やり詰め込んでしまい、大事な服がどこかにいってしまった……という経験がある人も多いでしょう。

たくさんある家族全員の服を収納する際は、種類ごとに整理整頓することを念頭に置いていきましょう。そのうえでラベルを貼ったりボックスの色を分けたりなどをすれば、収納自体も楽しくなるはずですよ。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる