収納術
家族の服もすっきり収納!全員分の服を賢く収納するコツとは
記事UPDATE サムネイル

自分の服だけでなく、家族全員の服を収納するのは意外と大変です。収納スペースが足りなかったり、誰の服をどこにしまったのか分かりづらかったり…。賃貸マンションなどは、さらに収納スペースが狭いことも多く、衣替えのたびに頭を悩ませる人もいるでしょう。

そこで今回は、家の中で溢れている家族全員の服を、賢くすっきり収納するコツについてご紹介していきます。

家族全員の服を収納し切れない原因

家では、どうしても収納スペースが限られてしまいます。そのため、家族全員の服をバランスよくクローゼットや押し入れに収納しなければなりません。

ところが、家族一人ひとりの服の量が違ったり、季節によってかさばる服が多かったりと、必要な収納スペースもバラバラです。かといって、空いているスペースにほかの家族の服を詰め込めば、収納場所を忘れてしまうことさえあります。

また、クローゼットなどの収納場所にしまっておきたいものは服だけではありません。季節ものの家電や掃除道具。家族それぞれが趣味のグッズを持っていれば、さらに物があふれて服を収納し切れなくなるのは必然です。

このように、空いた収納スペースにだた詰め込むだけではなく、収納を工夫する必要があります。不足しがちな収納スペースを家族で効率よく活用するためには、正しい収納方法を身につけましょう。

家族の服を収納するときのポイント

家族の服をきれいに収納しておくためには、整理しながら収納していくことがポイントです。

服を分類して収納する

家族の服を収納するには、それぞれの服を分類しておくことが大切です。

お父さんの服、お母さんの服、子供の服など、まずは誰の服なのかによって服を分けましょう。分類ごとに衣装ケースを用意すると便利です。こうすることで必要な時に取り出しやすくなり、すっきりと収納できます。

また、服の用途による分類も効果的です。例えばお父さんのゴルフ、子供のサッカー教室、家族のウィンタースポーツなど、スポーツ用の服が多い場合は、スポーツ服専用の収納場所を作るのもいいでしょう。

誰の服なのか、どんな時に必要な服なのか、服の分類ごとに収納場所を分けたり、衣装ケースにまとめたりすると、どこに収納したか分かりやすくなります。

衣替えごとに服を断捨離する

衣替えは服を整理する絶好のチャンスです。家族の人数に対して収納場所が少ない、洋服が増え過ぎたなどの悩みがある場合は、衣替えを機に服を断捨離していきましょう。しばらく着ていない服は思い切って処分したり譲ったりしていくことで、服の量が減り収納しやすくなります。

家族の服をトランクルームなどに預ける

家族全員の服が収納しきれない時は、トランクルームなどの預かりサービスを利用する手もあります。

分類した家族の服をトランクルームに預けることで、家の収納スペースに余裕がうまれます。衣替えの際や、頻繁に着るわけではない服を預けるのもいいでしょう。

ほかにも、クリーニング店の保管サービスを利用して、クリーニングし終わった服をきれいなまま保管してもらう方法もあります。

家族の服収納におすすめのアイテムとは

家族の服を収納する際は、分類ごとにクローゼットや押入れ内を仕切れるアイテムが重宝します。便利なアイテムを活用して、すっきりと収納しましょう。

カラーボックス

広いクローゼットを仕切るのに便利なカラーボックス。ホームセンターなどで安価で手に入り、横置きにしても縦置きにしても使えるのがポイントです。カラーボックスと収納ボックスを併せて利用すれば、隠す収納にも役立ちます。

ハンガーラックのみ設置されたウォークインクローゼットなどは、下面の収納スペースをうまく利用するのがコツです。豊富なサイズがそろったカラーボックスなら、家の収納スペースにあわせて選びやすく、下面を有効活用できます。

衣装ケース

衣装ケースもカラーボックスと同じく、服の収納に便利なアイテムです。キャリーがついたタイプは、服をたくさん収納しても移動しやすく、引き出しタイプは段ごとに分類ができます。

また、引き出しタイプはそのままクローゼットの外でも利用できるため、収納スペースが足りないときの追加スペースとしても有効です。

マスキングテープ

マスキングテープは収納グッズではありませんが、服の分類を分かりやすくするために役立ちます。どこに誰の服を収納したのか、どんな服が入っているのかを分かりやすくするために、衣装ケースなどにはマスキングテープで目印をつけておくと良いでしょう。

また、マスキングテープでハンガーにラベルをつけることで、ハンガーラックにたくさんの服をかけても誰の服なのか一目でわかるようになります。

カーテン付き突っ張り収納

クローゼットや押入れがあまりにも少ない家の場合、突っ張り収納やハンガーラックを購入して部屋の中に収納場所を増やすという方法もあります。家の中は少し狭くなりますが、収納場所からあふれていた家族の服が整理されるので、室内をすっきりさせることが可能です。

【実例】家族の服はこうやって収納しよう!

続いては、家族の服を収納するテクニックやアイデアの実例をご紹介していきます。実際に家族全員の服を整理する際は、以下のアイデアをぜひ参考にしてみてください。

衣装ケースは色分けして分かりやすく

衣装ケースは種類別に分けて用意するととても分かりやすくなります。マスキングテープなどを使って誰の服が入っているのか分かりやすくする方法や、衣装ケースごと色分けしてしまうのもひとつの方法です。

ホームセンターなどでは、カラーバリエーションのある衣装ケースがたくさん販売されています。服を整理する際に色分けすれば、クローゼット内をおしゃれに整頓できます。

ハンガーラックに吊下げ収納を

ハンガーラックのみが設置されたクローゼットも多いです。ハンガーにかけた状態で収納しておくコートやスーツなどが少ない場合は、収納スペースを持て余してしまうかもしれません。

その際は吊下げ収納でハンガーラックを活用していくのがおすすめです。デッドスペースを活かした収納で賢く収納しましょう。

100円アイテムを使って細かく収納

衣装ケースをたくさん揃えるのも良いですが、100円ショップで手に入るような小さな収納ボックスを気軽に集めて、細かく収納するという方法もあります。

より細かく種類分けして服を収納したいときにもおすすめ。靴下やインナー、ネクタイなどの小物を整理しておく際に小さな収納ボックスが便利です。

トランクルームの利用ですっきり整頓

家の収納スペースに入りきらない家族の服は、トランクルームの利用ですっきりと片づけることができます。着用頻度の限られた服、シーズンオフの服など、すぐに着るわけではない家族の服を預け入れるといいでしょう。

たとえば、預け入れから取り出しまですべて配送で行える宅配型トランクルーム「CARAETO」では、140サイズの段ボール1つ分で月額500円から利用可能。家族全員の服をまとめて預け入れる時にも使い勝手の良いトランクルームです。

しかも「CARAETO」の倉庫はセキュリティ万全で、空調設備も整っています。家の収納スペースでは虫食いや湿気によるカビなどのトラブルも…。その点CARAETOであれば、服の保管に適した環境でトラブルなくきれいなまま収納できます。

>>家族の服も楽々預け入れ!集荷、配送付きトランクルーム「CARAETO」

まとめ

クローゼットに収納するものは服だけではなく、そんな中で家族全員のの服をきれいに収納するのは難しいことです。無理やり詰め込んでしまい、使いたいときに見つからない……ということになりかねません。

たくさんある家族全員の服を収納する際は、種類ごとに分類することを念頭に置いていきましょう。そのうえでラベルを貼ったりボックスの色を分けたりをすれば、見つけやすい収納が実現できます。

それでも上手に収納できない場合には、自宅にいるだけで預け入れも取り出しもできる、「CARAETO」のように利便性の高いトランクルームを検討してみるといいでしょう。

>>自宅の収納スペースもすっきり整頓!宅配型トランクルーム「CARAETO」

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる