スーツの保管場所にトランクルームがおすすめな理由とは?
サムネイル

みなさんは、スーツをどのように保管しているでしょうか?めったにスーツを使わないという方でも、最低1着はスーツを持っていると思います。スーツは正しく保管しておかないと傷んでしまいやすい衣服のため、保管方法が重要となります。

今回は、スーツの正しい保管方法と、スーツを保管するのに適した場所について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

スーツをしっかり保管しなければいけない理由とは?

スーツの保管に気を使わなければいけない理由は、スーツが他の衣類に比べて虫食いやカビの被害を受けてしまいやすいからです。スーツは繊細なものであり、適当な環境で保管しておくと、スーツの寿命が短くなってしまいます。

また、スーツは決して安いものではありません。そんな大切なスーツをしっかり守るためにも、保管方法には気を付けるようにしましょう。

スーツの保管環境が良くないとどうなってしまうのか

もしスーツを保管するのに適していない環境で、スーツを保管してしまうとどうなってしまうのでしょうか。保管環境が良くない場合、ほこりや汚れが付着している場所から生地が傷んでしまい、ほつれや穴あきが出てしまいます。一度傷んでしまうと、そこから傷みは広がってしまいますし、修理するのにもお金がかかってしまいます。愛用のスーツにこういった被害が出ないようにするためにも、スーツは適した保管環境で保管するようにしましょう。

スーツを保管する方法

スーツを正しい方法で保管するのは決して難しいことではありません。ちょっとしたポイントを抑えるだけで十分です。ではスーツを正しく保管するポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?ここからは、普段用のスーツ、冠婚葬祭用などめったに気ないスーツに分けて、保管する際のポイントを解説していきます。

普段用のスーツの場合

仕事でスーツを着用しているという方は、少なくても3着ほどはスーツを持っているでしょう。基本的に普段用のスーツは、型崩れしないように厚みのあるハンガーにかけて、クローゼットやタンスに保管してください。これだけなら多くの方が実践していると思いますが、このほかに2つほどやってもらいたいことがあります。

1つ目はブラッシングです。スーツには、ほこりや汚れ、皮脂などが必ず付着します。これらをそのままにしておくと傷みやすくなってしまうため、ブラシを使って毎日落とすようにしましょう。スーツ用のブラシは、適度な硬さになっているため、誤ってスーツを痛めてしまうこともありません。ブラッシングのやり方は、肩側から下方向へ流すように行いましょう。毎日簡単なブラッシングをするだけでも、効果はあるのでしっかりやるようにしましょう。

2つ目は風通しを良くすることです。先ほども書いたように、スーツはカビや虫食いの被害を受けやすいです。カビや虫は湿気が多い環境で繁殖しやすいので、風通しを良くすることでカビや虫の発生を抑える効果があります。クローゼットで保管している場合には、定期的に陰干しを行うか、乾燥材をクローゼットの中に入れておくといいでしょう。収納ケースや衣装ケースに入れている場合には、定期的に取り出して陰干しを行ってください。

おうちで普段使いのスーツを保管する場合には、ブラッシングを毎日行い、汚れやほこりをしっかりとってあげるようにしましょう。さらに、週に1回など陰干しを行い、湿気がたまらないようにしてください。

長期間使用しないスーツの場合

仕事でめったのスーツを着ない方のスーツや冠婚葬祭用のスーツは、めったに着ることがないスーツです。こういったスーツはクリーニングをしてから保管するようにしましょう。クリーニングに出す理由は、ブラッシングでは落としきれない汚れを落とすためです。長期間保管することになるので、汚れが付着していたらそこから傷んでしまいます。そのため、長期間保管するスーツは、使用後はクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングから帰ってきたら、そのままクローゼットに保管する人がいますが、それは間違いです。必ずビニールを外してください。ビニールの内部には熱がこもりやすく、通気性も悪いです。ビニールを付けたまま保管すると、ビニール内部は高温多湿の環境になっていまい、カビや虫が繁殖しやすくなってしまいます。

また長期間保管するスーツの場合には、保管カバーを使用することをおすすめします。保管カバーは不織布でできており、他の衣類についたカビや虫からスーツを守ってくれます。

長期間保管するスーツの場合でも、定期的に風通しを良くするようにしてください。クローゼットで保管する場合は、防虫剤や乾燥材を活用すると、より安全にスーツを保管できるようになります。

ここまで、普段用のスーツと長期間使わないスーツの正しい保管方法について解説してきました。どちらも、風通しを良くすることと、スーツを清潔に保つことが重要です。

スーツの保管に適した場所とは?

ここまでの内容からわかるかと思いますが、スーツの保管に適している環境は、風通しが良く高温多湿になりにくい場所です。高温多湿になってしまうと、スーツにとって天敵であるカビや虫食いの被害に遭う可能性があります。また、色あせ防止の為に直射日光が当たらない場所であることも重要です。

まとめるならば、スーツの保管に適した場所は、直射日光が当たらず風通しの良い場所ということになりますね。

スーツの保管にトランクルームがおすすめな理由

スーツの保管は、もちろん家のクローゼットで行うことも可能です。ですが、よりスーツの保管に向いている場所として、トランクルームをおすすめしたいです。空調設備がしっかりしているトランクルームであれば、スーツを完璧に近い状態で保管することができます。

自宅のクローゼットに洋服が溢れかえっているという方は多いのではないでしょうか?そのような方にこそ、トランクルームでの保管が向いていると言えます。めったに使わない洋服と頻繁に使う洋服が一緒に収納されている場合は、めったに使わない洋服だけをトランクルームで保管してみしましょう。そうすることで、家のクローゼットをかなりすっきりさせることができます。

いつも使っているスーツをトランクルームで保管するのは難しいでしょうが、長期間クローゼットにあるようなめったに使わないスーツは、トランクルームで保管するのに向いています。トランクルームで保管する方が、保管環境としては間違いなくいいと言えますし、値段もそれほど高くはありません。大切なスーツをしっかり保管するためにも、トランクルームを使用してみることを考えてみてはどうでしょうか。

株式会社トランクのカンタン宅配トランクルーム「CARAETO」では、月額500円から利用できます。スーツ1着など少ないアイテムでも預けることができるため、こういったサービスを利用してみてはどうでしょうか。

>>「CARAETO」について詳しくみる!

まとめ

いかがでしょうか?
スーツを長持ちさせるためには、正しい方法で保管することが重要です。スーツは虫食いやカビの被害を受けやすいため、カビや虫が繁殖しやすい高温多湿の環境で保管してはいけません。家のクローゼットなどでは、適度な温度・湿度で保管するのが難しいため、スーツの保管にはトランクルームを使用することをおすすめします。空調設備が整っているトランクルームでは、完璧に近い環境でスーツを保管できるので、非常におすすめです。ぜひ検討してみてください。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる