マフラーのおすすめ保管方法やお手入れ方法教えちゃいます!
サムネイル

本格的な寒さが到来すると、マフラーが大活躍しますね。マフラーは、単に暖かさを得るだけでなく、ファッションの一部としても非常に重要な小物です。

マフラーの素材は色々あります。アクリル、ウール、ファー、カシミア……。手頃な価格で購入できるものから、ちょっとリッチな価格のものまで様々です。高級なマフラーは、1シーズンだけでなく、長く愛用できるものも多く、できるだけ美しい状態を保ちたいですよね。また、手編みのマフラーなど、思い出深いものもきちんと保管したいでしょう。

ここでは、マフラーの正しい保管方法やケアの方法、おすすめの保管場所についてご紹介します。

マフラーの保管に気をつける理由

マフラーは、きちんと保管しないと次の冬に使いものにならないということにもなってしまう繊細なアイテムです。何となく衣替えの時にしまっておくだけでは、傷んでしまう可能性があります。

マフラーの傷みでよくあるのが、虫食いやシミです。これらはマフラーの汚れや湿気が主な原因。保管前にきちんと汚れを落とさないと、虫のエサをつけたまま放置するのと同じなのです。

そして、湿気は気づかないうちにシミの原因になってしまいます。場合によっては、カビが発生してしまうことも……。顔回り、口に近い位置に巻くアイテムですから、シミやカビの発生したマフラーは巻きたくないですよね。こうなると、泣く泣く処分するという人も多いでしょう。

さらに、湿気は雑菌の繁殖を促す原因になるだけではなく、嫌な臭いの発生にもつながります。クローゼットから出したマフラーがなんとなく変な臭いがする……といった時は湿気が原因のことが多いです。首に巻くアイテムですから、臭いについてもとても気になってしまいますよね。

マフラーの正しいケア・保管方法とは

マフラーによくありがちな、虫食い、シミ、カビ、臭いについては、それぞれきちんと対策を行えば防ぐことが可能です。マフラーの素材によって、お手入れのポイントが異なる場合もあるため、持っているマフラーの素材をまず確認してみましょう。

お手入れのポイント


マフラーが活躍する時期は、毎日の簡単なお手入れも重要です。カシミアなどの高級な素材からできたマフラーは、あまり頻繁に洗うのは良くありません。その代わり、日々のケアで良い状態を保つ方法があります。

まず、家に帰ってマフラーをしまう前には、ブラシを優しくかけて汚れを落としましょう。汚れは、手で払うこともできますが、小さな汚れはブラシが便利。繊維や毛並みに沿って、ブラシで汚れを落とします。そして、きちんと乾かすことを意識しましょう。雨が降っていない日も、マフラーは顔に近い位置にある分、呼気などからの湿気を含みやすいアイテムです。

しっかりと乾燥させて使い続けることで、嫌な臭いの発生を防ぐことが可能です。しばらく使わない時には、天気の良い日を選んで2日間ほど陰干しすると乾燥させやすいでしょう。

洗濯の方法ですが、まずはマフラーについている洗濯表示タグを見てみましょう。それぞれの素材に合った洗濯の方法が記載されています。アクリルなどの素材は洗濯機で洗濯することが可能なものもありますが、型崩れや傷みを避けるため、ネットに入れてから洗濯することをおすすめします。

カシミアやウールなどの高級素材のマフラーは、洗濯機の使用ができない場合がほとんどです。カシミアを洗いたい時には、ぬるま湯をはった洗面器に、おしゃれ着用洗剤を使って優しく手洗いしましょう。ドライは、タオルにはさんで少しずつ水気をとっていきます。縮む原因になるので乾燥機の使用は厳禁です。

ハンガーに干して乾かすときには、できるだけ型崩れしないように注意が必要。おすすめなのは、M字干しです。一本の物干しやハンガーにふたつ折りにして干すと、一ヶ所に負担が集中し、型崩れの原因になってしまいます。ハンガーや物干しを複数活用して、できるだけ負担を分散させながら干しましょう。

マフラーを保管する時には


シーズンが終わりマフラーを次の冬まで保管するときには、汚れをとってきれいにし、しっかりと乾燥させることが大切。クリーニング店に任せたり、自分で注意しながら洗濯して、しっかりと乾かしてから保管するようにしましょう。

マフラーの保管方法は、人によって様々ですが、おすすめの方法は密閉して防虫剤を入れる方法です。マフラーの保管場所はクローゼットや押し入れなど、湿気がたまりがちな場所ですよね。マフラーを湿気から守るためには、密閉できるケースで湿気を防いで、防虫剤によって虫食いを防ぐことが大切です。

密閉できるケースには、あまりぎゅうぎゅうに詰め込みすぎないようにすることも大切。必要以上に負荷がかかる状態で保管し続けると、型崩れしてしまいます。優しくクルクルと巻いて、ふんわり入れておくのがおすすめです。

そして、時にはケースを取り出して蓋をあけ、風通しをよくすると湿気対策ができます。クローゼットや押し入れそのものの湿気をとるために、扉を開けっぱなしにするなどを習慣にすると、他の衣服の保管にも役立ちますよ。

ちなみに、クリーニング店できれいにしてもらった場合、ビニールに覆われた状態で受けとりますよね。このビニールをかけっぱなしにしてホコリが付着するのを防ぐという人も多いかと思いますが、湿気がたまりやすい点ではあまりおすすめできません。

マフラーが保管できるサービスとは

マフラーは以外とかさばりますよね。ただでさえ分厚くて重たい衣類ばかりの冬服の保管は場所をとってしまいます。自宅での保管が難しい場合や、マフラーに適した環境で保管したいと考える時、マフラーが保管できるサービスを探すのもひとつの方法です。

クリーニング店が行う保管サービス

代表的なサービスとしては、クリーニング店が行う保管サービスがあります。近年では、クリーニング店がクリーニングしたあとの衣類をそのまま保管してくれるという便利なサービスが人気を集めており、衣替えの際にまとめてクリーニングに出すという人にはとても喜ばれています。

保管期間は人それぞれですが、多くの場合は次に必要になる季節までの約半年間を依頼するケースが多いですね。

トランクルーム


もうひとつの代表的なサービスには、トランクルームの利用があります。クリーニング店の保管サービスは、割りと費用も発生しますが、トランクルームなら手頃な料金から利用できるものも多いです。

マフラーの保管だけでなく、冬物衣類や小物、家庭でしばらく使わないものなどをまとめて保管できるため、衣類に限らず収納に困っているものを預けることが可能です。

マフラーの保管におすすめのトランクルームとは

マフラーの保管は、湿気や虫食いから守れる環境が大切だとご紹介しました。トランクルームを選ぶ際には、これらのポイントを押さえることが重要です。空調完備で湿気対策も万全のトランクルームを探してみましょう。

屋外コンテナ型のトランクルームの場合、空調や湿気対策が不十分でマフラーの保管に適していないものも多いため、屋内型のトランクルームの中から選ばれることをおすすめします。

屋内に保管倉庫を持つ宅配型トランクルームの「trunk」というサービスを利用すると、湿気は一定に保たれている環境で安心してマフラーを預けることができます。アプリから集荷や取りだし依頼をして、自分で持ち運びせずに自宅のドアでの受け渡しだけで済むため、荷物の運搬に困るという人でも便利です。また、利用料金は月額500円(ダンボール1箱)ととってもリーズナブル。冬ものをまとめて保管してほしいと考える人や、自家用車を持っていないため運搬ができない、手頃な価格で預けたいと考える人にもおすすめですよ!

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、マフラーの保管方法や、正しいお手入れの方法、おすすめの保管場所についてご紹介しました。トランクルームを上手に利用すると、自宅の収納をすっきりとさせることができ、ゆとりのある空間につながります。

さらに、衣類などを適した環境で保管することができるため、大事なアイテムをトラブルから守ることにもつながります。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる