主要なトランクルーム会社10社を徹底比較
サムネイル

現在、トランクルームを管理している会社はたくさんあります。また、会社によって提供されるトランクルームにも差があり、やみくもに選ぶと契約した後にトラブルになってしまうこともあります。

そこで今回は、主要なトランクルーム会社10社を比較していき、おすすめのトランクルーム会社を、ランキング形式で紹介していきます。トランクルームの契約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

トランクルームを選ぶ際に見逃せないポイントは?

まずはトランクルームを選ぶ際に見逃せないポイントについて解説していきます。トランクルームを選ぶ際は、これから紹介するポイントを意識して選んでみてください。

セキュリティ

トランクルームは貴重なものを預けることもあります。そのため預ける側としては、セキュリティがしっかりしているかという点は見逃せません。どういったセキュリティシステムに関しては、会社のホームページにかかれているものです。もし記載がない場合は、きちんと確認をとることをおすすめします。

料金

料金はもっともわかりやすい指標ではないでしょうか。トランクルームを利用する側からすれば、できるだけ料金は押さえたいものです。しかし、安いからという理由で決めるのは危険です。料金はあくまで指標の1つにすぎないので、総合的に比較して判断するようにしましょう。

保管環境

保管環境や室内設備によっては、預けている間に劣化してしまうものもあります。そのため、預けるものによっては保管環境も重視してトランクルームを利用するようにしましょう。会社のホームページで保管環境がよくわからない場合は、実際に電話して聞いてから申し込みを行いましょう。

種類

ランクルームには大きく3種類あります。それは宅配、屋内型、屋外型の3つです。預けるものによっては適さない種類もあるため、自分が預けたいものによって種類を選ぶと良いでしょう。次の章でトランクルームの種類ごとの特徴を解説するので、チェックしてみてください。

宅配、屋内型、屋外型どれを選ぶべきか?

先ほども説明したように、トランクルームには大きく宅配、屋内型、屋外型の3種類があります。それぞれ特徴が異なるため、自分が預けるものによって使い分けるのが好ましいです。ここでは、それぞれどのような特徴があるのか解説していきます。

宅配

宅配とは、預けるものを本人でトランクルーム会社に送って保管してもらう形式です。送料は利用者持ちになる場合もありますが、屋内型、屋外型に比べて利用料金が安いのが特徴です。また、預ける荷持は自宅へ集荷・配送してくれるため、トランクルームへ出向く手間を省くことができます。しかし基本的に段ボールに入れて送るため、段ボールに入らないような大きなものは向いていないと言えます。また取り出すのにお金がかかるため、あまり頻繁に使うものも同様に向いていません。宅配のトランクルームを運営している会社は限られており、非常に貴重な存在だと言えます。セキュリティや保管環境についてもしっかりしているサービスが多く見られますが、もしもホームページ等に記載がなければ確認をとるようにしましょう。

屋内型

屋内型のトランクルームでは、保存管理がしっかりしているため、ものが劣化しにくいというメリットがあります。またセキュリティ面もしっかりしている場合が多いです。一方、利用料金が高かったり、預けたものを取り出す際には管理人の立ち合いが必須だったりというデメリットもあります。保存環境とセキュリティ面が整っているため、美術品など高価なものを保管しておく場合に向いていると言えます。

屋外型

屋外型は、屋外に置いているコンテナタイプのものです。最もポピュラーなトランクルームではないでしょうか。そのため、全体的に利用料金は安くなっています。一方、屋外にあるため誰でも立ち入ることができ、セキュリティ面ではやや不安が残ります。そのため、大きくてそれほど価値の高いものを預けるのに向いていると言えるでしょう。

自分が何を預けたいのかによって、最適なトランクルームを選ぶといいでしょう。

主要なトランクルーム会社10社をランキング形式で紹介!

ここからは、数あるトランクルーム会社の中でおすすめできる会社をランキング形式で紹介していきます。ぜひトランクルーム選びの参考にしてみてください。

第10位 ミニクラ

ミニクラは月額200円から自分の倉庫を持つことができる宅配型のトランクルームです。ものを送るための専用段ボールは購入する必要がありますが、送料は無料です。専用段ボールのサイズは60×40×20とあまり大きくないため、小物を預けるのにはおすすめです。
参照:https://minikura.com/

第9位 押入れ産業

押入れ産業のトランクルームは、倉庫内にあるコンテナを利用したトランクルームです。倉庫内で常時管理人がいるため、設備やセキュリティ面では安心です。料金は月額7000円からと他のサービスと比較しても高めに設定されています。
参照:https://www.oshiire.co.jp/

第8位 ユアスペース

ユアスペースは、24時間随時出し入れ自由のトランクルームです。そのため、自分の好きな時に出し入れが可能となっています。また車を入り口付近まで持ってこられるので、重い荷物の出し入れも簡単にできます。ゴルフバックや釣り竿など、大きな荷物を預けておくのにおすすめです。
参照:http://yourspace-g.com/

第7位 スペースプラス

スペースプラスには、バイクコンテナというものがあり、バイク愛好家に向いているトランクルームです。月額2,980円から利用でき、バイクを安心できる場所で保管したい方には向いています。
参照:http://www.spaceplus.jp/

第6位 収納ピット

関西、特に大阪に住んでいる方にはおすすめです。収納ピットは大阪を中心に展開しており、大阪に住んでいる方なら家の近くでトランクルームを見つけられる可能性が高いです。料金も月額2,800円からと比較的安く、利用しやすいトランクルームの1つです。
参照:https://www.syuno-pit.biz/

第5位 寺田倉庫

寺田倉庫はトランクルームの老舗です。そのため信頼度は非常に高いでしょう。また、基本的にトランクルームでは現金は預かってもらえないのですが、寺田倉庫は貸金庫も多く管理しており、現金でも預かってもらえます。保管環境も良く、ワインや美術品の保管に向いていると言えます。
参照:https://www.terrada.co.jp/ja/

第4位 ハローストレージ

ハローストレージは、圧倒的な店舗数を誇る大型トランクルーム会社です。料金も月額1,600円からと非常に安く、ALSOK・セコムで24時間管理されています。総合的に判断してもおすすめできるトランクルーム会社です。
参照:http://www.hello-storage.com/

第3位 宅トラ

宅トラは、クロネコヤマトが運営しているため、荷物管理においては最も信頼できるサービスだと言えます。月額料金はやや高いですが、管理体制を重視したい場合にはおすすめできるトランクルーム会社です。
参照:https://www.takuhaitrunk.com/

第2位 Quraz(キュラーズ)

キュラーズは総合的に高いクオリティを持っているトランクルーム会社です。月額2,000円から利用でき、主要都市なら全国にあります。屋内型のトランクルームで、設備では高い評価を受けています。多くの方が利用している、人気のあるトランクルーム会社です。
参照:https://www.quraz.com/

第1位 trunk(トランク)

第1位は、株式会社トランクが運営する「trunk」というサービスです。trunkは、月額500円から利用できる、宅配型のトランクルームです。宅配型トランクルームには、送料を負担しなければいけないものや、専用キットを有料で取り寄せなければいけないものがありますが、株式会社トランクは送料も専用キットの取り寄せも無料です。また専用キットの取り寄せから集荷までスマホ1つで操作でき、何を預けているかもスマホで簡単に確認できます。保管倉庫においても、高いセキュリティシステムを導入しており、保管環境も優れています。これだけのサービスを月額500円という低価格で利用できるという点から、trunkを第1位とします。
参照:https://www.trunk.services/

まとめ

いかがでしょうか?
今回は主要なトランクルーム会社を比較し、トランクルーム会社を選ぶポイントについて解説してきました。トランクルームは会社によってクオリティの差が激しい分野です。数あるトランクルーム会社の中でも、trunkは、総合的に判断して高いクオリティを持っているトランクルームだと言えます。トランクルームを利用しようかと考えている方は、ぜひtrunkを利用してみてはいかがでしょうか。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる