トランクルームの料金はどれくらい?相場と安く抑えるポイント
サムネイル

普段あまり使用しないものや、家の中に収まりきらなかったものを収納するのに、とても便利なトランクルーム。私も使ってみようかな?とお考えの皆さんも多いと思いますが、やはり気になってくるのが「料金」ですよね。思った以上に料金がかかってしまうと、わざわざお金を出してまで使うことに、少し抵抗を感じてしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、トランクルームを使用する際にかかる料金と、出来るだけ安く抑えるポイントをご紹介していきます!

トランクルームの初期費用、月額料金相場について

店舗型のトランクルームは駅などのロッカールームと違い、一定期間に渡って使用出来るものですので、初期費用として最初にある程度のお金を支払わなければならないサービスも多くありあります。かかる費用は、自分が使用するトランクルームの運営会社によっても変わってきますが、大体1〜3ヶ月分の使用料をまとめて支払うことになります。その利用内訳は、以下の通りです。

まずかかるのは、月の使用料です。
トランクルームを契約する際は、契約した当月分と翌月分をまとめて支払うことになります。また、トランクルーム内外の整備の維持にかかる管理費として、これもまた当月分と翌月分をまとめて支払います。

続いて鍵代です。当然以前の利用者と同じ鍵を使うわけにはいきませんので、新しい鍵を作る費用としていくらかお金がかかってくるのですが、会社によってはこの鍵代が必要でない場合もあります。その他、セキュリティ登録料や保証金、万が一鍵を無くした際の保険料なども、会社によって違ってきます。以上、一般的に月の使用料、管理費、鍵代、保証料等が、初期費用として必要です。

初期費用にかかるお金は、大体1〜3ヶ月分の使用料になりますが、それでは毎月かかる月額料金の相場はどれくらいなのでしょうか?月額料金は前提として、使用するトランクルームの大きさや、立地する場所によって様々です。首都圏を例にとって挙げてみると、ロッカータイプのものなら約4,000円、一畳程度の大きさは約13,000円、2畳は約23,000円、4畳ならば約40,000円が大体の相場と言えます。郊外に行くにつれ、この月額料金の相場は低くなると捉えておいてもよいでしょう。また、一定の大きさの基準はありますが、屋外に設置されているトランクルームならば、前述した料金の約半分の値段が、大体の相場となります。

以上は店舗型トランクルーム(屋外・屋内含む)の一般的な料金です。

もっと安くトランクルームを利用できないのかな?と思った方も多いでしょう。それはこの後ご紹介していきますので安心してください!

トランクルームの料金内訳

店舗型トランクルームの一般的な初期費用、月額料金と見てきましたが、トランクルームを利用する上では、もう少し具体的な利用内訳を知っておきたいですよね。まずもう一度、初期費用にかかる料金の内訳をおさらいしておきましょう。初期費用にかかる項目は、以下の6つです。

  • 1.月の使用料→翌月分のも繰り越し
  • 2.管理費→翌月分も繰り越し(費用がかからない場合もある)
  • 3.鍵代(費用がかからない場合もある)
  • 4.保証料(以下同じ)
  • 5.セキュリティ登録料(以下同じ)
  • 6.保険料(以下同じ)

です。会社によってはここに、約1ヶ月分の事務手数料がプラスされることもあります。

月額料金は先程も述べた通り、トランクルームの大きさや立地により異なります。 さてここから本題ですが、毎月かかるお金に加えて、あともう2つ抑えておかなければあるのです。それが「更新料」と「延滞・解約金」になります。

更新料とは、契約した期間が過ぎても、トランクルームを使用した場合にかかる料金のこと。
トランクルームを使用した本人が、「解約をします!」と言わない限り自動で契約期間が更新されて、そこで料金が発生するのですが、大体の場合、更新料がかかることはほとんどないので安心してください。ただ、ここで取り上げたのは、更新料が必要になってくるケースも全くないわけではないので、後で慌てないためにも、きちんと理解しておく必要があるからです。

次に延滞・解約金ですが、延滞金は解約をする翌月を過ぎてもトランクルームに荷物が残されている場合や、月額料金を支払えなかった場合にかかる料金のことを指します。
これは、いかなる理由も問わず必ずかかると言っても良いでしょう。月額料金を支払えなかった場合は、一ヶ月分の費用に上乗せして数十%が、解約したにもかかわらず荷物がまだ残されている場合は、約一ヶ月分の料金がかかることになります。

解約金は、契約をした期間内にその契約を解除した場合にかかる料金で、これもまた割引制度などを使用していない場合、ほとんどかかることはありません。ですが、トランクルームを明け渡した後、必要以上に部屋が汚れていたり壊されていたりしたら、別途で修復費用がかかることがありますので、そこもきちんと把握しておきましょう。

トランクルームの料金を安く抑えるポイント

トランクルームを使用する際に使う料金を見てみると、意外に高いお金が必要になると分かってきますよね。家で保管しきれないものを預かってもらうわけですから、もちろんそれなりの対価が必要になることは十分理解出来ますが、それでもなるべく費用は抑えたいところ。そんな時にはあるちょっとしたポイントを意識すれば、かかる費用はグッと抑えることが出来ます。

まず一つ目のポイントは、なるべく郊外に立地するトランクルームを選ぶこと。これは、月額料金相場の項目でも紹介しましたが、都心部よりも郊外にあるトランクルームを選んだ方が、いくらか費用を抑えることが可能になります。そこまで行くための交通費もかかってしまいますが、ある程度引き出さない、つまり往復頻度を減らせる荷物などを預けるようにしましょう。

二つ目のポイントは、階層になります。ご存知の通り、トランクルームは1階と2階に分かれていますが、費用を安く抑えたいなら2階を選んだ方が断然お得です。その理由として、1階は荷物を運びやすく、使いやすさの面が充実しているため、それに応じて利用者も多くなっています。それとは反対に、2階は荷物を運びきるまでの時間と手間が1階以上にかかってしまうため、利用者は比較的少ないというのが現状です。ほとんどの会社はこのような格差を埋めるために、2階の費用をいくぶんか抑えているので、少しでも費用をかけずに荷物を預けたいならば、2階が狙い目となるのです。

三つ目のポイントは、宅配型トランクルームを使用すること。宅配型とは業者が荷物を取りに来て、比較的遠方の地に荷物を預けてくれるサービスのことです。郊外に預けてくれるので、手間をかけずに費用を抑えることが可能な上、初期費用にかかる事務手数料などのお金も用意する必要がありません。さらに無料で運搬してくれるところも多いため、準備しなければいけない費用も、かなり抑えることが可能です。

そして最後のポイントは、使用する部屋の大きさをきちんと把握しておくことです。これは基本中の基本と言えますが、何となくトランクルームの大きさを決めてしまうと、実際に荷物を入れた時に「思っていたよりも大幅にスペースが余ってしまった……」なんてことに繋がりかねません。

そうなってしまうと、その分のお金が無駄になってしまいます。出来るだけスペースを空けず、かつぎゅうぎゅうになり過ぎないで荷物を置けるトランクルームを選ぶよう、心がけましょう。

まとめ

以上、トランクルームの初期費用と月額料金相場、料金内訳、料金を安く抑えるポイントについてご紹介してきました。トランクルームについてまだよく分からないという方でも、この記事を読めば大体のことは理解出来たのではないでしょうか?
特に料金設定は会社ごとに違ってくるので、今回ご紹介したことを鵜呑みにはせず、しっかりと自分で利用する会社の料金を調べるようにしてください。料金を安く抑えるポイントもしっかりと踏まえ、賢くトランクルームを使用していきましょう!

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる