トランクルーム5社、徹底比較!宅配型トランクルームとは?
記事UPDATE サムネイル

利用者のニーズに合わせ急激に成長してきたトランクルーム業界。ここ数年でトランクルーム会社も急増しています。

そんな中、数あるトランクルームの中から自分に合った会社を見つけるのはなかなか大変なのも事実です。本記事では、トランクルームを選ぶポイントをご紹介し、主要5社のトランクルームを比較しました。自分にぴったりのトランクルームを選ぶ参考になさってください。

トランクルームを比較する際、押さえるべきポイントは4つ

トランクルームを比較する際に、まずは押さえておくべき4つのポイントがあります。ここでは、ポイントを1つ1つ解説していきます。

ポイント1:セキュリティ

思い出や貴重品など、大切な品を預けるトランクルーム。自宅と同じように安心できるセキュリティ対策がなされているかどうかは重要なポイントです。

セキュリティに関しては、各会社のホームページなどに記載されていますが、万が一セキュリティについて言及されていない場合は、問い合わせをしてしっかりと確認しておきましょう。

ポイント2:料金・価格

トランクルームを比較するうえで、利用料金は判断しやすい指標となるため、料金だけで選んでしまう人も少なくありません。負担になるほどの料金設定では利用し続けることが困難なのは確かですが、料金のみを判断基準とするのはいささか危険でもあります。

料金が安くてもセキュリティや保管状況が悪ければ大切な荷物に問題が発生する恐れがあるので、料金は1つの目安と考え、サービスと料金が見合っているかということを判断基準にしましょう。

ポイント3:保管環境

保管環境や室内設備によっては、預けている間に劣化してしまうものもあります。そのため、預けるものによっては保管環境も重視してトランクルームを利用するようにしましょう。会社のホームページで保管環境がよくわからない場合は、実際に電話して聞たり、実際に内見して自分の目で確かめてから、申し込みを行いましょう。

ポイント4:預ける荷物に合わせた種類

トランクルームには大きく3種類あります。それは宅配型、屋内型、屋外型の3つです。それぞれの特徴がありますが、預ける荷物によっては適さない種類のトランクルームもあります。

まずは、預けたいものがどんな品物なのかを想定し、その品物に適したトランクルームの会社を選びましょう。次の章でトランクルームの種類ごとの特徴を解説するので、チェックしてみてください。

宅配型、屋内型、屋外型トランクルームはどう違う?

トランクルームには大きく宅配型、屋内型、屋外型の3種類があります。それぞれ特徴が異なるため、ここではそれぞれどのような特徴があるのか解説していきます。

屋外型トランクルームとは

屋外型は、屋外に置いているコンテナタイプのものです。トランクルームのなかでも利用料金が安く設定されていて、大型の荷物も預けられるので自転車やタイヤなど、場所をとるアウトドア用品などを預けるのに適しています。

一方で、屋外に設置してあるため誰でも立ち入ることができ、セキュリティ面ではやや不安が残ります。また、湿気で荷物にカビが生えたり、コンテナ内の気温が外気温以上に高くなり、季節によっては非常に高温になるといった過酷な状況も発生します。また、ホコリの侵入などにより精密機械を預けるのも心配です。

屋外型のトランクルームを利用する際は、湿気や過酷な温度変化に影響されない物、精密な機器以外の物など限定的に利用するのが望ましいでしょう。

屋内型トランクルームとは

屋内型のトランクルームでは、空調などの管理がされているため、物が劣化しにくいというメリットがあります。また、セキュリティの面でも強化されていることが多く安心感があります。

ただし、利用料金は屋外型に比べて高く設定されており、荷物の出し入れの際には現地まで出向き、場合によっては管理人に立ち合ってもらうなど、少々面倒でもあります。時々出して眺めたい趣味のコレクションや、思い出の品などの保管よりも、自宅スペースをとっている少し大型な荷物などを預けるのに適しているでしょう。

宅配型トランクルームとは

宅配型トランクルームとは、利用者が宅配便で預けたい荷物を送り、屋内の施設で管理する形式のトランクルームです。何よりもトランクルームまで出向く手間がありません。

荷物は保管に適した環境で管理され、セキュリティも強化されているため非常に安心です。荷物も自宅まで集荷に来てくれて、取り出したい荷物はWEBなどで申し込めば業者が自宅まで届けてくれるため、気軽さも大きな特長となります。

一方で、宅配サービスを展開している会社が少ないうえに、月額使用料や荷物の出し入れにかかるお金など料金形態はさまざまです。各社とも独自のサービス内容を打ち出しているため、自分に合った宅配型トランクルームを比較検討する必要があります。

預ける荷物は大型の段ボールに入る大きさが前提となるため、捨てられない思い出や本、季節の衣類などといった家で収納しきれない大切なものを、自宅のクローゼットにしまう感覚で預けるのに最適です。

どんな荷物を預けたいのか、量は大きさはどのくらいかなどによって、適したトランクルームは異なります。各ポイントをしっかりと踏まえて比較したうえで、使い勝手の良いトランクルームを選びましょう。

主要なトランクルーム会社5社をランキング形式で紹介!

ここからは、数あるトランクルーム会社の中でおすすめできる会社をランキング形式で紹介していきます。ぜひトランクルーム選びの参考にしてみてください。

5位 収納ピット

関西、特に大阪に住んでいる方にはおすすめです。収納ピットは大阪を中心に展開している屋外、屋内型のトランクルームで、大阪に住んでいる方なら家の近くでトランクルームを見つけられる可能性が高いです。料金も月額3,080円からと比較的安く、利用しやすいトランクルームの1つです。

第4位 ハローストレージ

ハローストレージは、首都圏を中心に圧倒的な店舗数を誇る大型トランクルーム会社です。料金は店舗によって違いますが、月額1,600円からと安く設定されており、ALSOK・セコムで24時間管理されています。ただし、初期費用が月額料金の3.5か月分かかるため、短期の利用には向いていません。自宅から近い場所にあり、長期間利用するなら選択肢に加えても良いトランクルームでしょう。

第3位 宅トラ

宅トラは、クロネコヤマトが運営している宅配型トランクルームで、荷物管理においては信頼できるサービスです。月額料金は1,480円で初回の引き取り料金が4,500円、さらに指定の段ボールが別料金となりますが、管理体制を重視したい場合にはおすすめできるトランクルーム会社です。

第2位 Quraz(キュラーズ)

キュラーズは総合的に高いクオリティを持っている屋内型トランクルーム会社です。月額は店舗の立地などにより大きな差がありますが、4,000円~6,800円で利用でき全国の主要都市に店舗を拡大中です。セキュリティも万全で、東京、横浜、川崎では利用者と荷物を自宅まで迎えに来てくれる「お迎えサービス」も実施(迎えのみ)。多くの方が利用している、人気のあるトランクルーム会社です。

第1位 CARAETO(カラエト)

第1位は、株式会社トランクが運営する「宅配型トランクルームCARAETO(カラエト)」です。TVや新聞、雑誌など、多くのメディアに取り上げられているためご存知の方も多いのではないでしょうか。

CARAETOは、月額500円から利用できる、宅配型のトランクルームです。宅配型トランクルームには、送料を負担しなければいけないものや、専用キットを有料で取り寄せなければいけないものがありますが、CARAETO(カラエト)は送料も専用キットの取り寄せも無料です。

一つ一つの品物をスタッフが丁寧に梱包し、写真に収めたうえで、利用する人の大切な品物や想いも最適な状態で保管してくれます。荷物の出し入れもアプリからの操作で手軽にでき、あとは宅配便にお任せすれば自宅ですべて完結します。

また、何を預けているかをスマホで簡単に確認できるのも現代のニーズに合ったサービスです。

保管倉庫においても、高いセキュリティシステムを導入しており、空調などの保管環境も優れています。これだけのサービスを月額500円という低価格で利用できるという点から、CARAETO(カラエト)が手軽に利用しやすい宅配型トランクルームといえるでしょう。

CARAETO(カラエト)公式サイトはこちら

まとめ

今回は主要なトランクルーム会社を比較し、トランクルーム会社を選ぶポイントについて解説してきました。

トランクルームに預ける荷物は、ただの「物」ではありません。そこには人それぞれの想いや願いが込められ、利用者の荷物を預かる会社にもその想いを共有する気持ちが必要です。

物に込められた一人一人の想いを大切に、最良の環境で荷物を預かるCARAETOなら大切な荷物を安心して保管できるのではないでしょうか。

宅配型トランクルーム CARAETO公式サイト

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize