置き場所に困るカー用品のおすすめ保管場所はトランクルーム!?
サムネイル

カー用品は、車内の環境をよりよくしてくれるアイテムです。一時的に使うことがなくなったカー用品の保管に困っている方はたくさんいると思います。カー用品はどのような方法でどこに保管したらいいのか、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

カー用品にはどんなものがある?

カー用品と呼ばれるアイテムはたくさん販売されています。まずはカー用品にはどのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

タイヤ

タイヤには夏用タイヤ、スタットレスタイヤなどがあります。同じタイヤを1年中履き続けることはできますが、タイヤの性能を保つためにも、安全なドライブを行うためにも、季節に応じてタイヤを履き替えることは大きなメリットがあります。

ドライブレコーダー

近年社会問題化している「あおり運転」に備え、ドライブレコーダーの導入を検討している方も非常に多いと思います。ドライブレコーダーは、あおり運転をはじめ、事故や当て逃げなどの際にも証拠映像として活用することができます。万が一に備え、ドライブレコーダーは設置しておきたいカー用品だと言えます。

ドリンクホルダー

最近では保温や保冷効果のあるドリンクホルダーが発売されています。温かさ、冷たさを保ったままにしたいという方にはとってもおすすめのアイテムです。

スマホホルダー

スマホをカーナビやスピーカーの代わりに使用している方も多いと思います。スマホホルダーがあれば車内でのスマホ操作も安全に簡単に行うことができます。

充電器

現代だと、スマホやタブレットの充電はとても重要な問題ですよね。車内に充電器を置いておけば、いつでもどこでも充電することができ、精神的に安心できることでしょう。

タイヤチェーン、タイヤ滑り止め

冬になると雪によるスリップ事故が増えてきます。出発時は雪が全く降ってなくても、帰宅時に雪が降り地面が凍ってしまう可能性もありますので、タイヤチェーンや滑り止めなどのアイテムを備えておくことは重要です。

サンシェード

夏場など日差しが強い日には、車内の環境を維持するサンシェードが重要な役割を果たします。以前であれば吸盤タイプのサンシェードしかありませんでしたが、現在では静電気で固定するタイプのサンシェードが発売されており、吸盤の跡が窓についてしまうこともなくなりました。

このほかにもたくさんのカー用品があります。たくさん種類のあるカー用品ですので、その保管に困っている方も非常に多いでしょう。

カー用品の保管に悩む理由

カー用品の中でも特にタイヤは保管に悩むことが多いと思います。1年中同じタイヤを使用している場合にはタイヤの保管に悩むことはないと思いますが、季節に応じてタイヤを履き替えている場合には、使用していないタイヤの保管には気をつけなければいけません。数あるカー用品の中でも、車のタイヤは使用しなくても劣化してしまうアイテムであり、その性能をできるだけ維持するためには正しい方法で保管しなければいけません。

タイヤを正しく保管するためには、タイヤについた汚れをこまめに落としてあげること、タイヤを洗った後はしっかり乾燥させること、保管前にはタイヤの空気圧を下げておくことなど、気をつけなければいけないポイントがたくさんあります。カー用品の保管に悩む1つ目の理由としては、タイヤのように保管する際に気をつけなければいけないポイントがあるからだと言えるでしょう。

また、なんらかの理由で一時的に車を手放すことがあったり、長期間利用しないといいうこともあるでしょう。カー用品は非常にたくさんの種類があります。アイテムによって保管方法も最適な保管場所の環境も変わってきますので、それぞれ正しい方法で保管するのはなかなか難しいですよね。さらにそれらすべてを収納しようと思うと、それなりのスペースが必要となります。

カー用品は種類がたくさんある上サイズもバラバラで、保管にも気を使わなければいけないため、多くの人は保管に悩んでしまうのだと言えます。

カー用品の保管をトランクルームで行うメリット

カー用品の保管はトランクルームで行うのがベストです。ここからはカー用品の保管をトランクルームで行うメリットについて解説していきたいと思います。

湿度や温度の管理が簡単に行うことができる

カー用品の保管では、湿度や温度が重要なポイントになります。条件を満たしていれば物置などでも保管できますが、気温が高くなる猛暑日や熱帯夜が続く真夏などには保管環境として適さないことがあります。

トランクルームの中でも空調設備が設置されているトランクルームであれば、カー用品の保管に最適な湿度と温度を維持することができます。湿度や温度の管理が簡単に行える点は、トランクルームの大きなメリットだと言えるでしょう。

盗難のリスクを減らすことができる

屋外などでカー用品を保管してしまうと、どうしても盗難のリスクが高くなってしまいます。トランクルームの中には、警備員が常駐しているトランクルームやセキュリティに優れたトランクルームが多くあるため、盗難のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

まとめて同じ場所に保管することができる

カー用品をどこにしまったかわからなくなってしまうことがありませんか?自宅ではまとめて置くスペースがないことも多く、どうしてもバラバラに保管してしまうものです。その結果、使いたい時になかなか見つけ出すことができないケースがあります。トランクルームにはカー用品をまとめて保管できるだけの十分なスペースがあるため、使いたい時に見つからないことはありません。

カー用品の保管は、最適なサービスであるトランクルームをぜひ利用してくださいね。

カー用品の保管に最適なトランクルーム3選

現在トランクルームのサービスはたくさんあります。ここではカー用品の保管に最適なトランクルームを3つ紹介したいと思います。

CARAETO

CARAETOは株式会社トランクが運営する宅配型トランクルームです。カー用品の保管に必須の、空調設備が設置されている保管倉庫で荷物の管理をしているため、どのカー用品を預けても安心です。また部外者が立ち入ることができないため、万全のセキュリティ対策だと言えるでしょう。

なにより嬉しいのがこのクオリティで月額500円(1箱あたり)というリーズナブルさ!例えば4箱利用しても月々2,000円で済んでしまいます。

宅トラ

宅トラはクロネコヤマトが荷物の管理・運搬を行なっているトランクルームです。保管倉庫が郊外に設置されているため、比較的安価で利用できるサービスです。もちろん、カー用品の保管に必要な機能を備えた保管倉庫で荷物の管理を行なっていますので、安心して大切なカー用品を預けることができます。

キュラーズ

キュラーズは建物丸々をトランクルームにしてサービスを展開しています。温度や湿度の管理が行き届いた豊富な収納サイズのトランクルームを用意しており、大量のカー用品を最適な環境で預けることができます。ただし、トランクルームの場所や広さによって金額が変わりますので、利用の際はよく検討することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、カー用品の保管方法、保管場所について紹介しました。カー用品を正しく保管するためには、湿度や温度などの外的要因に気をつけて保管しなければいけません。今回紹介したトランクルームでは、誰でも簡単にカー用品の保管を行うことができるので、カー用品の保管に困っている方はぜひ活用してみてください!

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる