捨てたくないギターアンプやエフェクターのおすすめ保管場所
サムネイル

音楽活動をしている方、趣味でギターを弾いている方など、ギターを持っている方はたくさんいます。ギターを持っている方の大きな悩みの一つが、ギターアンプやエフェクターの保管をどのように行うかです。

そこで今回は、ギターアンプやエフェクターを上手に保管する方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ギターアンプやエフェクターの保管に悩む理由

ギターをやっている方であれば、ギターアンプやエフェクターの保管には悩みを感じていると思います。ここでは、ギターアンプやエフェクターの保管に悩んでしまう理由を3つほど紹介したいと思います。

増えやすいアイテムだから

ギターをやっている方ならわかると思いますが、エフェクターはついつい数が増えてしまうアイテムです。エフェクターは、数が増えたからといって雑にしまっていいアイテムではありませんし、保管に悩んでしまうのです。

ギターアンプのサイズが大きいから

ギターアンプは比較的大きなアイテムです。そのため、どこに保管場所の確保が難しく、悩んでしまうパターンが多いようです。

壊れやすいアイテムだから

ギターアンプやエフェクターは、ホコリなどが原因で壊れてしまうこともある繊細なアイテムです。そのため、適切な環境で保管しなければいけません。保管に気を使わなければいけないため、それだけ保管に悩んでしまうのです。

ギターアンプやエフェクターの正しい保管方法とは?

ここからは、ギターアンプやエフェクターの正しい保管方法について解説したいと思います。ギターアンプを保管する際には、以下のポイントに気をつけて保管するようにしましょう。

ポイント1:直射日光に当てないように保管する

ギターアンプやエフェクターは電気機器ですので、熱にあまり強くありません。直射日光が当たってしまうと、その箇所に熱がこもってしまい壊れてしまう可能性があります。直射日光は窓越しでもアウトなので、時間帯によらず直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

ポイント2:湿度に気をつけて保管する

湿度が常時70%以上あるような場所で長期間保管してしまうと、部品の酸化が進み、機能障害を起こしてしまう可能性があります。基盤はプラスチックですが、参加と合わさると漏電のリスクも高まりますので、湿度にはしっかり気をつけて保管してください。

湿度の管理ができる場所に保管するのがベストですが、難しい場合には除湿剤や乾燥剤を活用する、定期的に取り出して風通しの良い場所に置いて置くなどの工夫を行いましょう。天気が悪い日にやってもあまり意味がないので、取り出して風通しの良い場所に置くのは天気がいい日に行いましょう。

ギターアンプやエフェクターを保管する際には、上記2つのポイントをしっかり意識して保管するようにしましょう。

ギターアンプやエフェクターの保管をトランクルームで行うメリット

ギターアンプやエフェクターを保管する場所としては、さまざまな場所が考えられます。自宅で保管する場合には、先ほど挙げた2つのポイントをできるだけ意識して保管する必要があり、当然保管のための手間はかかってしまいます。ギターアンプやエフェクターを使用する機会がそれほど多くない場合には、自宅で保管するよりもトランクルームを活用した方が簡単に適切な環境で保管することができます。

トランクルームとは、個人や企業がトランクルームを運営している会社と契約することによって、一定期間荷物を保管して置くことができるサービスです。ここからはトランクルームがどのようなサービスかわからないという方向けに、トランクルームのサービス内容を紹介し、ギターアンプやエフェクターの保管をトランクルームで行うメリットについて解説していきます。

メリット1:湿度や温度の管理が徹底されている!

トランクルームの中でも空調設備が設置されているトランクルームでは、湿度や温度の管理が徹底されています。そのため、季節に関係なく同じ温度・湿度で荷物を保管することが可能になります。

ギターアンプやエフェクターは精密機器ですので、湿度が高い場所に長期間保管してしまうと故障してしまう可能性があります。保管している間に故障しないようにするためにも、湿度や温度の管理ができるトランクルームでの保管をおすすめします。

メリット2:直射日光に当てることなく保管できる

トランクルームの中でも、屋内倉庫で荷物を保管している場合には、直射日光を完全に防ぐことができます。家の中に保管していると、時間帯によっては直射日光が当たってしまう可能性があるため、直射日光を当てることなく保管できるトランクルームは最適な保管場所だと言えます。

メリット3:清潔な環境で保管できる

ギターアンプやエフェクターは精密機械ですので、ホコリが原因で故障してしまうことがあります。そのため、保管場所は清潔に保たれた場所でなければいけません。

トランクルームは荷物を預かるサービスであり、保管している間に荷物が劣化してしまうとトランクルーム運営会社の責任になってしまいます。そのため、トランクルーム内は非常に清潔な環境になっており、ホコリが原因でギターアンプやエフェクターが故障してしまうリスクは最大限に抑えることができます。

メリット4:外部に収納スペースを確保できる

トランクルームへ荷物を預けた分、自宅の収納スペースは広くなります。アンプなどの比較的大きく、収納場所に困るアイテムはトランクルームでの保管がぴったり。

使いたいときにすぐ取り出せるよう、出し入れに手間がかからないトランクルームを選ぶことがポイントです。

ギターアンプやエフェクターの保管に最適なトランクルーム3選

ここからは、ギターアンプやエフェクターの保管に最適な3つのトランクルームを紹介したいと思います。ぜひトランクルーム選びの参考にしてみてください。

trunk

宅配収納サービスのtrunkは、株式会社トランクが運営しているトランクルームです。月額500円というとってもリーズナブルな価格で、荷物を預けることができます。もちろん保管倉庫内は清掃が行き届いており、空調設備、セキュリティ対策も万全です。500円でこれだけのサービスを受けられるのはとてもお得ですよね。

trunkはボックス単位で預け入れを行うトランクルームです。預けられるボックスサイズは3辺が160cmまでなので、それ以上大きいアンプは預けることができないので注意しましょう。小さめなアンプならエフェクターと合わせて保管しておきましょう。

ハローストレージ

ハローストレージは日本で最も多くのトランクルームを展開しています。ハローストレージの屋内型トランクルームでは、エアコン設備もしっかり搭載されており、ギターアンプやエフェクターを安全に保管することができます。

スペースプラス

スペースプラスの屋内型トランクルームでは、さまざまなニーズに対応できるよう豊富な収納サイズのトランクルームを用意しています。ホコリ対策も徹底されており、清潔な環境で大切なアンプやエフェクターを保管することができるでしょう。

ギターアンプやエフェクターの保管には、ぜひ上記のトランクルームを利用してみてくださいね。

まとめ

ギターを持っている方ならば、ギターアンプやエフェクターの保管に悩んだ経験があるのではないでしょうか。ギターアンプやエフェクターは、保管スペースの面からも保管環境の面からもトランクルームで保管するのがおすすめです。今回の内容を参考に、ぜひトランクルームを利用してみてくださいね。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる