使わない楽器はどう保管すればいいの?楽器に優しい保管方法とは?
サムネイル

楽器が奏でる音色は非常に繊細ですので、少しでも保管方法を間違ってしまうと、保管している間に音がずれてしまいます。そのため、楽器をどう保管するのかについて悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

今回は保管が難しい楽器に最適なサービスを紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽器の保管に気をつける理由

楽器は、湿度や温度の影響を受けがちです。楽器を演奏している人ならばわかると思いますが、楽器は日によって音の出方が変わってきます。それは、湿度や温度によって出す音が変わるからです。また、楽器は弦や金属といったスチールや金属でできている箇所があります。これらの箇所は湿気が多いと錆びてしまい、きれいな音を出すことができなくなってしまいます。

頻繁に取り出してメンテナンスができるのであれば、それほど保管環境に敏感になることはないのですが、長い間保管しておく場合には楽器にとって適切な場所に保管しておく必要があります。楽器は決して安いものではないため、簡単に買い換えることはできませんよね。大切な楽器を長く使うためにも、楽器の保管には細心の注意を払うようにしましょう。

楽器の保管方法

ここからは、楽器の保管方法について解説していきます。先ほども書いたように、楽器をどのような場所で保管するかはとても重要です。ここでは、楽器の種類別に正しい保管方法について解説していきますので、是非参考にしてみてください。

ギターの正しい保管方法

ギターを1ヶ月以上にわたって長期保管する場合は、弦が錆びてしまわないように弦を外し、ギターケースの中に乾燥剤を入れて、ギターをそのケースに入れて保管します。またギターケース内の温度が上がらないように、定期的にギターケースを開け閉めする、直射日光が当たらない場所にギターケースを置くなどの作業が必要になります。ギターを暑すぎる環境に置いておくのはいけませんが、寒すぎても乾燥してしまうためいけません。ギターの保管において最適な湿度は50%ほどだと言われていますが、冷房の風が直接当たってしまうと乾燥してしまうため、冷房の風は直接当てないようにしてください。ギターの保管に関しては、こまめな温度調節ができる環境が望ましいと言えます。

管楽器の保管方法

管楽器には、木管楽器と金管楽器がありますが、保管方法はこの2つで少し異なります。

木管楽器の場合、最も注意しなければいけないのは湿度と温度です。温度の変化が激しい環境で保管しておくと、楽器が割れてしまう可能性があります。そのため、温度や湿度が一定に保たれる環境で保管するのが望ましいです。また使用後は、楽器内の水分をしっかり拭き、クロスで全体を拭いてから保管するようにしましょう。木管楽器はその名の通り木でできている楽器ですので、水分によって腐ってしまう可能性があります。使った後は水分をしっかり拭き取ってからケースに入れて保管するようにしましょう。

金管楽器の場合、錆を防止することが最も注意すべきポイントです。こちらも使用後は楽器内に溜まった水分をしっかり拭き取ることが大切です。またオイルを使ってできるだけ錆びないようにすることも忘れてはいけません。オイルは最低でも1ヶ月に1回はさすようにしましょう。

木管楽器と金管楽器では、意識するポイントが多少違いましたが、以下の2点は共通して意識しておかなければいけないポイントになります。

  • 正しい音程が出なくなるのを防ぐために、使用後はメンテナンスを行う
  • ケースに入れた上で直射日光が当たらない場所に保管する

管楽器を保管する場合は、これらのポイントを忘れずに保管するようにしましょう。

ドラムセットの保管方法

ドラムセットを保管する場合は、シェルの歪みを防ぐ目的でヘッドを緩めないようにしましょう。シェルの中でも木製のものは特に注意が必要です。木製のシェルは温度や直射日光の影響を受けやすく、直射日光が当たる場所に保管してしまうと割れやすくなったり、音が変化してしまう可能性が出てきてしまいます。よって、ドラムセットの保管は直射日光が当たらない場所というのがとても大切です。

ドラムセットの金属部分は錆びないように指紋や汗がついた部分はクロスでしっかり拭き取ってから保管してください。ドラムセットの保管はこの点に注意して保管するようにしましょう。

このように、楽器は種類によって保管する際のポイントが変わってきます。そのため、持っている楽器に最適な保管方法をしっかり確認してから保管するようにしましょう。

楽器の保管にトランクルームがおすすめな理由

楽器の正しい保管方法については理解してもらえたと思います。ここからは、楽器の保管場所としておすすめできるサービスを紹介します。そのサービスとは、トランクルームです。トランクルームは自分の荷物を預けることができる便利なサービスですが、楽器の保管に関しても向いていると言えます。ここでは、なぜトランクルームが楽器の保管に向いているのか説明していきます。

楽器の保管で大切なポイントしては、温度や湿度の調整ができる場所です。物置では当然温度の管理はできませんし、家の中でも24時間同じ温度・湿度に保つことは不可能であると言えます。しかしトランクルームでは、24時間365日同じ温度と湿度で保管をすることができます。これは、楽器の保管という点ではとても大切なポイントです。

全てのトランクルームが徹底した温度管理を行なっているわけではないため、しっかり温度管理をしてくれるトランクルームを選ばなければいけませんが、温度管理ができるという点でトランクルームはとてもおすすめです。
また家の収納スペースを確保するという意味でもトランクルームを利用するメリットはあります。楽器を置いておくのはかなりのスペースを要します。しかし、多くの家では収納スペースが足りていない状況です。よって楽器を置くことで他のものを収納できていない可能性もあります。楽器をトランクルームに預けることができれば、そのぶんの収納を他の物に使うことができますし、トランクルームに空きがあれば楽器と一緒に預けてもいいでしょう。生活空間を広くすることで、生活の質はかなり変わってきます。家をスッキリさせるためにも、トランクルームを活用することをおすすめします。

楽器の保管に最適なトランクルームとは?

全てのトランクルームが楽器の保管に向いているとは言えません。楽器の保管に向いているのは、以下の条件を満たすトランクルームです。

  • 徹底した温度管理、湿度管理がなされている
  • 直射日光が当たらない場所で保管している
  • 保管倉庫が清潔である
  • セキュリティ対策がしっかりしている

楽器を保管するトランクルームは、これらの条件を満たして置く必要があります。タテ・ヨコ・高さ3辺が160センチ以内のダンボールに収まるサイズの楽器なら、「CARAETO」がおすすめです。CARAETOは宅配タイプのトランクルームですが、上記の条件を全て満たしたサービスです。そのため、楽器の保管に向いているトランクルームをお探しの方はぜひ活用してみてください。

まとめ

いかがでしょうか?
トランクルームは繊細な楽器を保管するのに向いています。楽器にとって大切なのは、適切な温度と湿度を保つことができる環境で保管することです。トランクルームでは、24時間365日同じ環境で保管することができるサービスなので、楽器の保管場所に困っているという方はぜひ活用してみてくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる