収納整理整頓
たたみづらいジャージの収納方法とは?収納スペースの環境も整えよう!
記事UPDATE サムネイル

健康維持の大切さが見直される現代では、日常的にスポーツをする人が増えています。

競技としてのスポーツだけでなく、気軽に行えるストレッチやウォーキングなど、多くの人が実践しているため、日常的にジャージを着用するのではないでしょうか。

楽な着用感で体の動きを妨げないジャージは、スポーツに欠かせない衣服ですが、たたみ方や収納の仕方に少々コツが必要な衣服でもあります。

本記事では、ジャージやトレーニングウエアのたたみ方や収納方法など、スポーツウエアの扱い方について解説します。

意外と頭を悩ませるジャージの収納

ジャージやトレーニングウエアのどんなところが収納を難しくさせているのでしょうか。ここからは、ジャージの収納についての主な悩みと、解決するアドバイスをQ&A式で解説します。

Q.テロテロしていて、どうたたむのかわからない

ジャージやスポーツTシャツなどのスポーツウエアは、メリヤス生地やポリエステル生地などでできているものがほとんどです。

だからこそ、良く伸び、汗をかいてもすぐ乾くなどの機能性を備えているのですが、半面、生地にコシがなく、たたみづらい物が多くあります。

また、たたんで見やすく収納しようとしても、ヘタってしまうため、立てるように収納することができず、重ね収納になりがちです。

たくさんのジャージやスポーツウエアを所持している場合、重ねて収納することによって、アイテムが取り出しにくくなってしまいます。

A.薄いものはコンパクトに丸めて牛乳パックなどを使って収納を

薄くつるつるした生地が多いジャージやトレーニングウエアは、たたみづらいものです。

上下セットの一般的なジャージは、たたむとかさばるため、トップスをハンガーにかけ、同じハンガーにトレーニングパンツを掛けると、省スペースに収納できます。

柔らかい生地のトレーニングウエアは、広げてから袖と身ごろ両脇の部分を内側に折りたたみ、長方形を作って裾からクルクル丸めます。そして、牛乳パックを引き出しの高さに合わせてカットしたものに収納すると上手く収まります。

牛乳パックのほか、書類ケースにロール状にたたんだスポーツウエア一式を収納する人もいます。

Q.季節や各アイテムによってどんどん増えるから収納しきれない

日常的にスポーツをする人は、スポーツウエアがどんどん増えていきます。

最近のスポーツウエアは、スタイリッシュなものが増え、デザインも豊富になりました。また、機能性の高い生地も次々と発表され、あれもこれもと購入しているうちに増えてしまうことがあります。

最初は、引き出し1つ分程度の収納スペースで済んでいても、いつの間にか、収納スペースを圧迫するほどの量になっているという人もいます。

素材、デザイン、機能などが進化したからこそ、ジャージやスポーツウエアはどんどん増えてしまいがちになります。

A.たくさんあるスポーツウエアは仕切り収納が便利

薄く、たたみづらいスポーツウエアが増えてしまった場合は、引き出しに仕切りを入れ、立てて収納すれば、見渡しやすくコンパクトに収納できます。

ジャージやスポーツウエアは、丸めたり圧縮したりしても型崩れしにくく、復元力があるのが特徴。そのため、季節外の衣類は圧縮しておくのも良いでしょう。

参考:COGITサイズが変わる引き出し収納仕切り

Q.普段にも着用できるジャージが増えて収納に困る

一昔前までは、ジャージやトレーニングウエアといえば、スポーツの時に着る衣服でしたが、最近は、普段にも着られるファッショナブルなウエアも増えてきました。

また、タウン使いの洋服とジャージやトレーニングウエアを組み合わせて着るスポーツミックスなど、ファッションの世界でも動きやすいスポーツウエアを積極的に取り入れるようになっています。

そのような理由から、スポーツをしない人でも着心地の良いウエアへの関心が高まりつつあり、ジャージやスポーツウエアをワードローブに加える人が増えています。

しかし、スポーツウエアの種類や数が増えてくると、普段の衣服と一緒に収納するのか、スポーツ用品として別に収納するのか迷ってしまうことがあります。

A.スポーツミックスファッションは一点投入を意識

ファッションとしてスポーツウエアを取り入れる場合、たくさんの種類を持つ必要はありません。

Tシャツ、キャップ、スニーカー、パンツ程度にとどめ、一点だけをポイント的に使い、うまくきれい目ファッションとミックスさせることがおしゃれへの近道です。

したがって、あれもこれもそろえる必要はなく、ジャージ等も通常のワードローブに収まる範囲内で楽しむのが一番です。

Q.臭いニオイ発生!他の衣服に移ってしまう

ジャージやトレーニングウエアは、スポーツの時に着るため、汗を吸い取りやすい素材でできています。

しかし、機能性の高い素材の中には、吸い込んだ汗や皮脂が繊維の奥に残ってしまい、収納しているうちに嫌なニオイを発することがあります。

そのため、他の衣服と一緒に収納することでニオイが移ってしまうことも、スポーツウエアの収納に頭を悩ませる原因です。

A.ニオイの原因は洗濯の工夫で取り去る

新品のスポーツウエアは汗がしみこんでも洗濯すれば匂いは取れますが、着こんでいるうちに落としきれない汗や皮脂の雑菌が繊維に繁殖し、ニオイを発するようになります。

このようなトラブルを防ぐには、洗濯のたびに汗や皮脂が残らないよう、汚れを落としきるのが一番です。

洗濯する前段階として、洗剤を溶かしたぬるま湯に1時間程度つけておきましょう。酸素系の漂白剤を使うのもおすすめです。

ひと手間かかりますが、一度匂いが染みつくと落とすのが大変なので、洗濯の際はつけ置き洗いを習慣にしましょう。

収納スペースには8割収納を心がける

たたみづらいジャージやスポーツウエアの収納では、ハンガー収納や仕切り収納をおすすめしましたが、このような収納を実現するには、収納スペースに余裕が必要です。

収納スペースには、衣類だけでなくさまざまなものが収納してありますが、衣類以外のものでも、狭い場所に詰め込んでいた場合、すべての物に劣化の恐れがあります。

特に、日本は高温多湿となり、盛夏になると収納スペースの気温は35℃を超えることも。

そんな中、物がぎゅうぎゅうに詰まって風通しが悪くなると、カビ、虫害などさまざまなトラブルが発生します。

収納スペースには、8割収納を目安とし、扉を開ければ風が通る状態にしておきましょう。

季節外の衣類は外部に預ける工夫も

自宅でジャージを含む衣類を収納するのに一番大切なことは、適切な環境を保つことです。

しかし、収納スペースが狭い、物が多いなどの理由から、なかなか理想の環境を実現するのが難しいです。

そんな時は、外部の収納サービスに、すぐには使わないものを預けるという選択肢もあります。

外部の収納サービスには、屋外型のトランクルームや、屋内型のトランクルーム、また、宅配便で荷物の出し入れができる宅配型トランクルームなどがあります。

参考:トランクルーム5社、徹底比較!宅配型トランクルームとは?

自宅以外で収納することを考えた時、自宅近くにトランクルームサービスがない場合もあります。そこで、全国で利用でき、月額が安価な宅配型トランクルームが利用しやすいといえます。

衣類だけでなく、季節外の家電や、アルバム、本など、大切なものを預けられるため、こうしたサービスを活用してみるのも良い方法です。

>>月額500円で大型ダンボールの荷物が預けられる「CARAETO」とは

まとめ

ジャージの収納の難しさは、薄くてたたみづらいことに起因するものがほとんどです。シワや型崩れしにくい所が、ジャージやトレーニングウエアの特徴ですが、しわくちゃに押し込んだり、ぎゅうぎゅう詰めにしたりするとカビ被害、虫害に合う恐れがあります。

収納スペースには、いつでも8割の荷物を心がけ、自宅以外に収納できるサービスを利用するなどしながら、自宅の収納スペースを快適な環境を保つように心掛けたいものですね。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize