大事なベレー帽のお手入れ・保管方法について
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

ベレー帽といえば、昔から「芸術家が被っている」といったイメージをよく持たれていたものでした。しかし近年は、女性を中心にファッションアイテムとして流行し、現在もベレー帽をおしゃれ帽子の一つとして楽しんでいる人はたくさんいるでしょう。

小柄でおしゃれ度の高いアイテムだからこそ、ケア方法は間違えずに正しく保管していきたいところですよね。特に帽子系のアイテムは、型崩れしやすい特徴が強いものです。

そこで今回は、そんなベレー帽のお手入れ・保管方法についてご紹介していきます。

ベレー帽の保管に気をつける理由

あまり意識したことがない人は多いかもしれませんが、実はベレー帽は素材的に劣化しやすく、そして型崩れもしやすいデリケートなアイテムです。

そのためベレー帽を汚れたまま放置したり、濡れたまま乾かさずにしまったりしてしまうと、「一度しか被ってないのにもう傷んでる……」なんてことにもなりかねないのです。

型崩れすると上部がへこんだままになってしまい、被ったときにも格好がつきません。大事なベレー帽を長持ちさせて使っていくためには、デリケートなベレー帽の特性を理解しつつ、お手入れと保管を正しく行っていく必要があります。

ベレー帽のお手入れ・保管方法とは

では実際に、ベレー帽をお手入れ・保管する際の注意点やポイントを見ていきましょう。日常的にケア方法に気をつけていれば、デリケートなベレー帽もすぐに傷んでしまうことはありません。

ほこりが溜まらないように日常的にブラッシング

まずベレー帽を長持ちさせるためには、生地にほこりが溜まらないように普段から注意を払う必要があります。ベレー帽に多いフェルト素材には、ほこりが付着しやすいといった特徴があり、放置していると繊維に絡まって取れなくなったり、最終的にはカビの原因になったりもします。

日常的にできるお手入れとしては、まず普段からベレー帽のブラッシングは欠かさないようにすることです。ただ、あまりに強くブラッシングしすぎると逆にブラシが繊維に引っかかったり、生地を傷めしてしまったりするため、優しくなでるようにブラッシングするのがコツになります。

付着した水分は早めにふき取る

フェルト素材は湿気によって劣化しやすいという特徴もあります。だからこそベレー帽は劣化しやすくデリケートなアイテムと言われるのです。ほこりと同じように、付着する水分にも日々気をつけるようにしてください。

水分が付着したまま放置しておくと、型崩れしたり生地がヨレたりする場合があります。水に濡れてしまった場合は、早めにタオルなどで水分を押さえるイメージでふき取るようにしましょう。そしてしまう前には、しっかりと風通しの良い日陰で陰干しし、乾燥させることを忘れないようにしてください。

水洗いは基本的にできないためクリーニングへ

帽子系のアイテムは型崩れしやすいのが特徴的なので、ベレー帽も含めて水洗いはできない場合が多いです。自宅の洗濯機や手洗いなどで洗うのは避け、汚れたときはクリーニングに出すようにしましょう。

長期的に保管するときは湿気と型崩れに気をつける

ベレー帽を保管する際、気をつけたいのはやはり湿気です。湿気に弱いのがベレー帽の特性なので、使わないときは湿気の強い場所に放置しないように注意しましょう。

また、間違っても折りたたんだり、上に物を重ねたりして保管するのは避けるようにすることです。型崩れを防ぐためにも、長く保管する際は専用の帽子スタンドなどに掛けておくのもおすすめです。

ベレー帽の保管にトランクルームがおすすめな理由

ベレー帽をたくさん持っていたり、その他にも帽子があふれかえっていたりすると、家の中にはなかなか保管場所を用意することができない……と困ることも増えてくるでしょう。

そんな時はトランクルームに預けるのがおすすめです。トランクルームを利用したことがない人は「選択肢にすらなかった」という人も多いかもしれません。

屋内に保管スペースがあるトランクルームは、基本的に常に空調が効いている状態です。室温は20℃前後で24時間低温管理されているため、高温・多湿になりにくいといったメリットがあります。

つまり、ベレー帽のようにデリケートなファッションアイテムを保管しておくのに環境は非常に適しているということです。

ベレー帽以外にも湿気や高温に弱い帽子系アイテムはたくさんあります。正直家に置いておけないほど帽子があって困っているという人も多いでしょう。そんな人たちにとって、トランクルームの保管環境の良さは朗報になるはずです。

ベレー帽の保管に最適なトランクルーム比較

今までトランクルームを利用したことがない人が、調べてみてまず感じるのは「どのトランクルームが良いのか」ということでしょう。トランクルームには種類がたくさんありますし、サービスを提供している会社も近年どんどん増えてきています。安心してベレー帽を預けるなら、やはりまず大事になってくるのは、ベレー帽の保管に最適なトランクルームの見極めです。

そこでここからは、ベレー帽の保管に最適な環境が用意されているトランクルームを比較しながらご紹介していきたいと思います。

CARAETO

CARAETOは月額500円から利用できる宅配型トランクルームです。宅配型トランクルームは、段ボールに預けたいものを入れ、宅配で荷物の出し入れをするシステムになっています。コンパクトな利用ができるため、月額使用料が非常にリーズナブルなのがメリットになります。

預けた段ボールはもちろん空調管理された倉庫に保管されるため、環境的にもリスクはありません。安く、さらに出し入れの手間を抑えてベレー帽を預けたい人にはおすすめです。費用が安いからこそ、初めてトランクルームサービスを利用する人にとっても安心です。

SOLA

SOLAも、CARAETOと同じく宅配型トランクルームとなっています。SOLAは荷物の量・大きさによって料金プランが選べるようになっており、一番コンパクトなプランだと月額300円という安さなのが注目です。ベレー帽のみを預けたい人にはまさにぴったりでしょう。

ですがSOLAの場合は、利用できる地域が一部に限定されています。非常にリーズナブルに利用できるのはメリットですが、利用の際は対応エリアを確認する必要があります。

加瀬のレンタルボックス

加瀬のレンタルボックスは全国的にさまざまなタイプのトランクルームを持っています。ベレー帽の保管に利用する際は、屋内型を選びましょう。屋内型はロッカーのようなかたちになっているタイプが多く、広さは0.1畳~、月額使用料は1,000円~です。

ベレー帽のみを預けたい、ベレー帽と小物を何点か預けたいといったときにはリーズナブルに利用できるため重宝するでしょう。

キュラーズ

屋内型トランクルーム大手のキュラーズ。保管環境のみならずセキュリティ管理もしっかりしていて、盗難の心配も要らないのがポイントです。保管環境の水準が高いため、月額使用料はおよそ5,000円~といったところ。

加瀬のレンタルボックスのようにロッカータイプもありますが、0.5畳~8畳ほどの広いトランクルームも多いため、ベレー帽と一緒にたくさんのものを預けたい人におすすめです。

まとめ

いかがでしょうか? ベレー帽は生地も傷みやすく、型崩れにも繋がりやすいデリケートなアイテムです。せっかく揃えたお気に入りのベレー帽は、やっぱり長持ちさせていきたいですよね。日常的なお手入れには注意を払いつつ、保管も正しく行っていきましょう。

保管場所に困ったときはトランクルームの利用も考えておきたいところです。今回ご紹介してきたような屋内で管理できるタイプのトランクルームなら、ベレー帽も劣化を招くことなく安心して預けることができるでしょう。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize