収納整理整頓
収納しづらいハット帽子のおすすめ収納方法とは
サムネイル

帽子はなかなか収納しづらくて困ることが多いですよね。

特にその中でもハットの帽子は、形を気にしてしまうからこそ場所を取る傾向にあり、小さないスペースに収納するのは難しいもの。ある程度場所を気にせず収納できるニット帽などと比べると、収納を悩ませるアイテムの一つです。収納しづらいハット帽子はどのように収納するのが良いのでしょうか?

今回は、ハット帽子を収納するコツをご紹介していきたいと思います。

ハットの収納に悩む理由

ハット帽が収納を困らせる理由はまさに、「型崩れ」でしょう。

ハット帽子はしっかりと形が綺麗に保たれていてこそかっこよく、かわいいものですよね。逆を言えば、形が崩れてヨレっとしているハット帽や、ベコっと凹んでいるハット帽ほど不格好なものはありません。

しかし型崩れをしないために収納するのには、それなりに場所を取るのが実情。しかも「帽子一つのためにそこまで場所をとられたくない……」と思う人も多いのではないでしょうか。

そのためハット帽子は、収納場所を悩ませるアイテムの一つとされているのです。ついハット帽を、部屋の隅に適当に置きっぱなしにしている人も多いかもしれません。

ハットを収納するときのポイント・注意点

ハット帽を収納する際に注意しなければいけない点は、やはり型崩れしないように帽子の形を保つ点です。

折りたたんだり、タンス内に詰め込むようなことは基本的にしないようにしましょう。無理矢理詰め込んで圧迫すると、それこそ型崩れの原因になります。

また、ハット帽子は布素材なので温度変化や直射日光にも注意したいところです。湿気の多い場所では、湿気の影響を受けてカビたり、虫食いに遭ったりする可能性があります。

直射日光もNG。素材が色褪せて劣化する場合があるため、収納場所は直射日光が当たらないところ、湿気を帯びにくい場所にするのが一番でしょう。もしクローゼット内に収納するなら、防湿剤・防虫剤を入れたり、たまに換気するなどの対策が重要です。

ハット収納のおすすめアイテムとは

ではここで、ハット帽の収納に役立つアイテムを見ておきましょう。

S字フック


ハット帽などの帽子を収納しておくのにもはや必要不可欠となってくるのが、このS字フック。S字フックはどこかかけられる場所があれば、ある程度どこでも活用できるのがポイントになります。

ハンガーラックにS字フックをかけてハット帽を収納しても良いですし、もしくは突っ張り棒を用意して、そこにS字フックをひっかけておくのもありです。

S字フックは使い勝手が良いので、ハット帽収納のためにはぜひ用意しておきましょう。100円ショップなどでもたくさん手に入れることができます。

画鋲


壁にハット帽をかけておくタイプの収納方法もよく見られますよね。そんなときに活用しておきたいのが、シンプルに画鋲です。

そこまで重さのないハットであれば、画鋲でも十分にひっかけておくことができます。壁にシンプルにハットをかけておきたい人は、画鋲を活用すると、壁というデッドスペースを活かした収納ができるでしょう。

ワイヤーネット


ワイヤーネットは、S字フックと相性の良い収納アイテムとして、さまざまなところで紹介されています。もちろんハットにも使えるアイテムなので、ぜひ注目しておきたいところ。

壁にワイヤーネットをかけておけば、S字フックを活用して多くの場所にハット帽をかけておくところを用意できます。ハット帽子をたくさんコレクションしている人には特におすすめです。

吊り収納ボックス


複数段のついた、吊るせるタイプの収納ボックスです。中にハットを入れておけば、型崩れを気にすることなく収納することができます。一段一段は、ハットを収納するのには十分な広さ・高さがあります。

その他、バッグやストールなどのアイテムを入れておくのにも便利です。ハット以外にも収納に困っているアイテムがある人には特におすすめです。

ベルトハンガー

フックが複数ついているベルトハンガーは、その名の通り本来はベルトをひっかけておくと便利に収納できるハンガーになります。

ですがこのベルトハンガーをハット帽収納に役立てるという手もあります。フックの部分がハットをかけておくのにはちょうど良いため、複数のハットを型崩れせずに収納することができます。

洗濯ハンガー

洗濯バサミのついたハンガーをハット帽収納に使うという方法もありかもしれません。インテリアショップなどではおしゃれな洗濯ハンガーもたくさん販売されています。

おしゃれな洗濯ハンガーにハット帽を吊るしておけば、インテリア的にもとても魅力的でしょう。ハットも含めた帽子類はまとめて洗濯ハンガーへ、というのも面白いですね。

ただ、洗濯バサミで挟んで吊るしておくため、素材的に跡がつきそうなものは避けた方が良いでしょう。

ハットスタンド


絶対に型崩れは防ぎたいという人には、ハットスタンドがおすすめです。ハットスタンドは一つ一つのハットをしっかりとかけておくことができるため、型崩れの心配は間違いなくありません。

しかもショップのディスプレイのようにおしゃれに収納できるため、お気に入りのハットはスタンドを使って飾っておくのもありでしょう。

ハットの収納実例を紹介!

では最後に、ハット帽の収納実例を見ていきましょう。ハット帽の収納方法を工夫する際は、ぜひ以下のような実例をチェックしてみてくださいね。

ペグボードを使った収納


おしゃれなハット収納方法でぜひ試しておきたいのは、ペグボードを使った収納です。ペグボードとは、穴の開いたボードのことで、フックをつけることでさまざまなものを収納しておくことができます。

壁にかけてハットを収納したいけれど、画鋲や釘など、壁に直接穴を開けるのはちょっと……という時にはぴったり。

ペグボード自体がおしゃれなので、部屋に立てかけておくだけでもインテリアとしてとても映えるでしょう。

ガーランド風に吊るし収納


ただ壁にかけるのもつまらない……という時は、ガーランド風にハット帽を吊るして収納するのもありでしょう。ガーランドとは、フラッグや葉っぱなどをあしらったインテリアのこと。パーティーシーンなどでもよく用いられます。

麻ひもで吊るす場所を作り、ウッドピンチで複数のハットを吊るせば、たちまちおしゃれな収納になります。

アコーディオンフックを使ったおしゃれ収納


伸縮するのが特徴的なアコーディオンフックも、ハット帽の収納には非常に便利です。アコーディオンフックはある程度大きさを調整できるのが利点。狭い隙間の壁にも設置できるため、デッドスペースの壁を活かしたハット収納にも活用できるでしょう。

しかもデザイン性も高いので、インテリア的にも見栄えが良いのもポイントになります。飾る収納にこだわりたい人にはおすすめの収納アイテムになります。

まとめ

いかがでしょうか?
ハットの帽子は収納を困らせるアイテムの一つ。ハット帽のようにもともとの形が命な帽子は、型崩れしないように丁寧に収納する必要があります。間違っても無理矢理クローゼットに押し込んだり、服などのアイテムをハット帽の上に置くようなことは避けたいところです。

そのため、ハット帽を収納する際は「飾る」「見せる」収納を心がけると良いでしょう。

ハット帽子の収納に困った際は、以上のような収納アイテム・実例を参考にしてみると良いでしょう。おしゃれなハット帽にぴったりの、おしゃれな収納方法がきっと見つかるはずです。ぜひお気に入りのハット帽を傷めない、おしゃれで安心できる収納方法を模索してくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる