収納整理整頓
たまにしか着ない礼服や小物のおすすめ収納アイデアを紹介!
サムネイル

1年の内にそう何度も使うことのない礼服。頻度はその人によりますが、人によっては年に1度も使わないという人もいるのではないでしょうか。そんな礼服をいつまでもクローゼットの中にしまっていては場所を取るだけでなく、いざという時に虫食いなんかの被害に合ってしまうことも。

今回は、礼服や礼服小物の上手な収納アイデアやおすすめ収納アイテムをご紹介いたします。

礼服や礼服小物の収納に悩む理由

そもそも何故、礼服の収納に悩む必要があるのでしょうか。

着る頻度が極端に少ないから


人によっては年に1度着るか着ないか、礼服を着る頻度というのはそれだけレアなケースになります。たった1度しか着ていないものをわざわざ洗濯、またはクリーニングしなければいけないのかと、そう考えてしまう人もいるようです。

汚れていない(ように見える)


1度しか着ていないものはなかなか簡単には目立った汚れはつきません。しかし礼服は汚れが目立ちにくいというだけで、見えない汚れや汗はしっかりと染みついてしまっています。目に見える汚れがないという理由は少々危険であるのが現実です。

いつ必要になるか分からない


必要なタイミング以外ではほとんど陽の目を見ない礼服や礼服小物ですが、突然必要になった時のためにも収納しておく必要がありますよね。普段は必要ないけれどとっておかなければならず、収納スペースを圧迫してしまうのです。

礼服や礼服小物を収納するときのポイント・注意点

使用頻度が少ないとはいえ、使用した礼服は次のことも考えて早めにきちんと収納しておくことをおすすめします。普段着のように洗濯機で洗濯することはほとんどないはずなので、基本的には使用後はクリーニングへと持って行くこととなるでしょう。

その上でクリーニングから返ってきた礼服をどのように収納するのか、そのポイントと注意点を紹介します。

ポリ袋をかけっぱなしにしない


クリーニングから返ってきた礼服はほとんどの場合が透明のポリ袋に入れられています。多くの人がこのポリ袋に入れられた状態でクローゼット等に収納してしまっていますが、ポリ袋への入れっぱなしは注意が必要です。

ポリ袋へと入れる前にスチームアイロンをかけていることもあり、場合によっては袋の中に湿気が溜まってしまいます。湿気はカビの原因ともなってしまい、クリーニングに持って行ったはずなのにカビが発生していたということにもなりかねません。

防虫剤は効果的、ただし期限には注意

市販のクローゼット用防虫剤を使用して保管することが多いでしょう。ただし多くの防虫剤にはあらかじめ期限が設けられているので、期限切れには注意が必要。期限が切れているのにほったらかしにしていては、知らず知らずの内に虫の被害に遭ってしまうかもしれません。

湿気対策に除湿剤を置く


家庭用の簡易的な除湿剤を置いておくことも礼服を守るのに効果的です。置いておくだけで湿気を吸ってくれるので大きな手間にもなりません。防虫剤同様にある程度の期間で交換が必要となるので、時折様子を見るようにしましょう。

季節ごとに陰干しする


使用頻度が少ない礼服は、年に数回はクローゼットから出して陰干しすることをおすすめします。室内にある限り多少の湿気は発生してしまうので、季節ごとに他の衣服と一緒に干し、あらためて乾燥させるのがいいでしょう。

礼服や礼服小物の収納におすすめのアイテムとは

礼服を自宅で上手に収納する場合、ただハンガーにかけてクローゼットにしまうのでは上手な方法とは言えず、害虫や湿気といった天敵から守るためには工夫が必要になります。その一番簡単な方法として、既に登場している便利なアイテムを使ってみましょう。

不織布カバー(礼服用・小物用)


害虫、湿気という2つの大きな天敵から礼服を守るのに最適な物が不織布カバー。不織布とは繊維を織って作った生地ではない布のことで、一般的にマスクに使われている素材です。

通気性抜群の素材なので湿気がこもることなく、なおかつ礼服をすっぽりと覆うことで害虫の被害も食い止めます。専用の大きなカバーに加え、小物用の小さなカバーも登場しているので合わせて使用したいアイテムです。

太めのハンガー


礼服を購入した時に一緒に付いてくる太目のハンガーは、礼服をかける際に便利なアイテム。普段着よりも重みのある物なだけに細いハンガーでは型崩れの危険もあるのです。太めのハンガーで形を保ちながら、不織布カバーと合わせて使うとさらに効果的になりますよ。

防虫剤、除湿剤


市販の防虫剤、除湿剤も上手に収納するために役立つアイテムです。手に入れるのも簡単で、ほとんどがいくつかセットになっておりストックしておくことが可能となります。この2つで大きな出費となることもないはずなので、一番簡単にできる方法としてまず使用しておきたい方法です。

礼服や礼服小物の収納アイデアを紹介!

アイテムを駆使した方法に加えて、さらに上手に礼服や小物を収納するアイデアをご紹介。何も自宅だけで済む話ではなく、時には「外へと持ち出す」という方法も考えてみるといいかもしれません。

スラックスは挟んで吊るす


ハンガーに引っ掛けるように吊るしてしまいがちなスラックスですが、それではスラックスに折り目がついてしまいます。それを防ぐには挟んで吊るすタイプのハンガーを使用することをおすすめします。

少し特殊な形となるハンガーなので、ジャケットとは別に置いておくことになりますがシワや折り目をつけないようにするには便利です。

小物は用途別にまとめて収納


礼服はお葬式や法事といった弔事用や、結婚式用といったように種類があります。その用途ごとに必要となる小物が違ってきます。礼服を着るときに必要な小物は、その用途ごとにまとめておくようにしましょう。そしてクローゼットや収納場所のちょっと収納しづらい場所を活用するのがおすすめ。滅多に出し入れしないものは、多少取り出しづらくても問題ないという発想です。

ただし、何が入っているか忘れないためにもラベリングをしておきましょう!

ブラッシングでほこりを払う


衣服用のブラシを使い簡単にブラッシングするのも害虫予防の方法の1つです。肉眼では白く積もって見えてはいませんが、知らず知らずのうちにひっそりとほこりは溜まってしまっています。

最初に軽く叩き、その後上からブラシをかけていけばある程度のほこりを払うことができるでしょう。

アイロンがけは自宅でも可能!


小さなシワ程度なら自宅のアイロンでも対応できます。その際にはあて布をしてアイロンをかけることをおすすめ。またハンガーにかけた状態でのアイロンもシワを伸ばしながらかけられるのでおすすめです。

ただしスラックスのプレス(中央の線)がアイロンによって消えてしまうこともあるので注意。どうしてもアイロンが難しい、不慣れな場合はクリーニング店へと持っていきましょう。

自宅から持ち出すトランクルームを活用する


礼服をはじめとした衣類などを、自宅の外で保管・管理ができるトランクルームを使うというのも1つの手。たくさんのトランクルームが登場しており、使用する業者によって使い方や料金システムも異なります。礼服や小物の保管なら、リーズナブルに保管・収納してくれる宅配型のトランクルームがおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
年に1回程度、人によっては数年に1回の使用頻度となる礼服。使わないからとほったらかしにしていては、必要な時にはしわくちゃになっていたなんてことにもなりかねません。

普段使わないけれど、必要な時はある日突然やってくるもの。その時にすぐに使えるよう、長く使えるように収納する時に十分に気を付けておくことが必要なのです。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる