礼服をトランクルームに収納・保管していざというときに備えよう!
サムネイル

年に何回も着用するといった機会が少ない礼服ですが、着用後いざ収納しようと思うとクローゼットや収納ケースのスペースを取ってしまい困る経験をしたという方も多いのではないでしょうか。不用意に収納してしまうと、次回着用する際に虫食いやほこり汚れなどで着用できない状態になってしまうこともあります。

そこで今回は、礼服におすすめのトランクルームを活用した収納・保管方法をご紹介します。

礼服を整理しておく理由

突然の不幸により急遽礼服が必要となった場合や、結婚式などのお祝い事で自宅にあると思っていたのに直近になってから何かしら足りず、慌てて探したり結局見つからず買い足したりということも少なくありません。

スーツでの代用がきかない礼服は、市場価格についても一般的なリクルートスーツなどと比較すると高めとなっています。そのため、気軽に買い替えできる金額でないことも多く、オーダーメイドであった場合には量産品と違い生地質や縫製の違いによりちぐはぐな見た目になりかねません。

以上のような理由からも、礼服を着用しクリーニングに出した後には、面倒であってもボタンが無くなっていないか、糸のほつれがないか、アイテムに不足はないかなどチェックしておきましょう。

礼服の収納・保管のポイント

普段使いのスーツと異なり、日常的に出し入れしないため収納・保管方法に注意が必要なのが礼服です。

収納ポイント(1) 着用後のお手入れは入念に

  • 1.まず、着用後はハンガーにかけて型崩れを防ぎます。ハンガーは太めのものを選び、ズボンは折り目に沿って二つ折りにしてからハンガーにかけます。スカートは専用のピンチ付きハンガーに挟めて、いずれも風通しの良い日陰に干しておきます。
  • 2.ハンガーに礼服をかけたら、礼服の上から下にかけてブラシをかけます。ブラシは柔らかい毛先のものを選び、ゆっくりとかけるのがコツです。
  • 3.礼服に付着した汚れは、歯ブラシを使って食器用洗剤を使いこすり洗いして落とします。他の箇所に汚れが広がる可能性があるため、汚れている部分をピンポイントで濡らして汚れを落とすようにしましょう。

収納ポイント(2) クリーニング後の収納方法

礼服着用後、長期間着用機会がない場合についてはカビや汚れの発生を防ぐためにクリーニングに出すことをおすすめします。ただしウォッシャブルタイプの礼服については、食べこぼし汚れが酷いといった状態でないかぎり自宅で洗濯表示に沿った方法で洗濯可能です。

クリーニングから戻ってきた礼服は、ビニールや不織布は全て外して1日風通しの良い場所で陰干しして、クローゼットに収納します。長期間収納・保管する予定の礼服については、湿気を逃がすため収納する際にビニールカバーや不織布カバーをかけず、隣り合う他の服と密着させないようになるべく余裕のある状態でハンガーパイプにかけます。

収納ケースに収納する際には、除湿剤を入れるとともに2~3か月に一度のペースで天気の良い日に、クローゼットから収納ケースを取り出して蓋を開け(ハンガーパイプにかけてある場合も取り出して)、日陰の風通しの良い場所に置き、『虫干し』を行います。

手間のかかるお手入れではありますが、テカリや虫食い・カビの発生を防ぐためと、定期的なアイテムのチェックで、いざという時に”何かが足りない”という事態を未然に防止することにも繋がります。

礼服をトランクルームに収納するメリット・デメリット

では、収納・保管ともに気を遣う必要のある礼服を、トランクルームに収納しようとする場合メリット・デメリットはあるのでしょうか。自宅で管理できるスペースがないという方はぜひご確認ください。

メリット

トランクルームに礼服を収納・保管するメリットとしてまず考えられるのは、空調設備が整っている施設を保有する会社に預けた場合には、紫外線・湿気・ほこりといった礼服を傷める原因となるものを排除することが出来る点でしょう。

また、一旦トランクルームに預けてしまえばアイテムの紛失といったこともなく、契約者が出入り可能な場合トランクルームであれば即日で取りに行くことも可能です。宅配型のトランクルームであれば、必要になった際に自宅まで届けてくれるため手間いらずです。

さらに、宅配型トランクルームの中には、無料撮影で保管アイテムの確認を専用アプリから出来るといった便利なサービスも存在します。これにより、「アイテムを預けはしたけれど何を預けたのか忘れてしまった」という悩みも解決できるでしょう。

デメリット

トランクルームに預けるデメリット面として、いずれのトランクルームサービスも突然の不幸があった場合については、出入り可能なトランクルームであっても契約しているトランクルームまでの移動時間が必要な上、宅配型トランクルームの場合には即日で取り出し・受け取りが出来ない可能性があることです。

また、いくら空調完備されている環境とはいえ、長期間に及ぶ礼服の保管に段ボール箱を使用する場合については定期的に取り出し、日陰干しして再度収納という手間も発生してしまいます。トランクルームに預ける際、段ボールに入れ込んでいた防虫剤の使用期限もチェックしておきましょう。

礼服を預けられる主要トランクルーム会社とサービスの特徴

トランクルームに預け入れ不可のものとして、各トランクルーム会社とも規定を設けてはいますが、基本的に現金や貴重品・重要書類や証書といったものでない限りは収納・保管は可能です。

ただし、トランクルーム会社にはそれぞれ特徴があり、屋外型のコンテナを中心にレンタルしている会社、個室型の屋内トランクルームを完備している会社といったように保管環境についてもかなりの差が出てきます。

下記は衣類収納を可能としている主要なトランクルーム会社のサービスを早見表にしたものです。

《サービス早見表》

会社名 サービス内容
Quraz(キュラーズ) ■屋内型トランクルーム
■契約者は365日・24時間出入り可能
■カビの発生を防ぐ独自の空調システム完備
■モニタリングシステムによる遠隔操作での温度・湿度のチェックあり
U-SPACE(ユースペース) ■屋内型トランクルームを設置する全店舗空調設備完備
(ただし衣類収納に使用する場合には市販の除湿剤を入れるように注意書きあり)
■専用カードキーあり
■24時間いつでも出入り可能
trunk(トランク) ■屋内倉庫にて保管
■無料の専用ボックスあり
■24時間・365日常に温度・湿度を管理しカビを発生させない環境保持
■契約者であっても出入りできない強固な防犯システム
■専用アプリから取り出し・配送申し込み可能
■専用アプリからアイテムをいつでも確認可能

こうした会社ごとに異なるサービス内容を展開しているため、礼服を預け入れする際はサービス内容の内なにを特に重視するかを考えた上で契約するようにしましょう。

今回のように礼服などの衣類を中心とした収納・保管を考えている場合のトランクルーム会社選びのポイントは、「収納するアイテムの使用頻度」です。ほとんど出番のない衣類や衣替えまで活躍の機会がない衣類については、長期間の保管が必要であることがわかるため「屋内型トランクルーム」・「空調完備」・「セキュリティの強固さ」の順に消去法で選択すると絞り込みも安易ですよ。

まとめ

いかがでしょうか?
活躍の場が少ない礼服の収納・保管方法について考えてきましたがいかがでしたか?一着の値段も高額で、生地もデリケートな礼服の収納・保管は非常に神経を使うと思いますが、トランクルームを賢く利用し最善の環境で保管することで、収納環境の心配も少なくメンテナンスの手間のみになるというのは大きなメリット部分ともいえます。礼服の収納に困っているという方は、ぜひトランクルームの活用を検討してみてください。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる