冬の必需品!ヒートテック系インナーのおすすめ保管方法
サムネイル

寒い時期には、ヒートテック系のインナーが役にたちますよね。薄着で動きやすいのに、あたたかい便利なアイテムとして、毎年寒くなってくる頃から急激にヒートテックを求める人が増えます。

ヒートテック系インナーは毎年よりパワーアップして新製品が様々なメーカーから登場していますが、前年に着用していたものを繰り返し着る人も多いでしょう。

ここでは、ヒートテック系インナーのおすすめの保管方法や正しいケアの方法についてご紹介します。

ヒートテック系インナーの特徴

ヒートテック系インナーといえば、ユニクロやイオン、しまむら、GU、GUNZEなどの下着メーカーや作業着メーカー、アウトドアメーカーなど、たくさんのメーカーが取り扱っています。

ヒートテック系インナーのメーカーにこだわりを持つ人も少なくなく、どのメーカーの製品がより暖かいのか、また快適に着ることができるのかなど、冬になれば話題のひとつにもなるほどです。

ヒートテック系インナーの多くは、生地自体が身体から発する水蒸気を熱に変える性質を持っています。生地そのものが熱をもち留め、吸湿と放湿の両方を兼ね備えているためムレにくいのが特徴です。

しっかり暖かいのに着ぶくれしないため、冬でもスタイリッシュな着こなしがしやすいのも嬉しいポイント。ヒートテック系インナーの種類によっては、裏起毛のあるインナーなどもあり、厚みはメーカーや種類によって様々ですが、基本的には薄くて伸縮性があり、下着として心地よいものが多いです。

ヒートテック系インナーは、肌に密着することで効果が最大限発揮されやすくなります。しかし、着用し続けることで伸びてしまうことに多くの人が悩んでいます。

ヒートテック系インナーは、袖の長さ、襟ぐりの広さやタイプ、ブラトップ付き、キャミソールなど、種類が豊富で、コーディネートによって適切なものを選びやすい点が魅力。靴下やタイツ、レギンスなどを合わせると、かなりの量になることもしばしばあります。

ヒートテック系インナーの正しい保管・ケア方法とは

ヒートテック系インナーは、毎年新しいものに買い替える人、複数枚購入しておき何年も使い続ける人と様々です。しかし多くの人が、使い続けているうちに生地が伸び、着心地が悪くなってしまうと実感しています。

ヒートテック系インナーの寿命ははっきりとは明記されていませんが、できるだけ長い間良い状態で保つには、洗濯や保管方法を工夫する必要があります。

ヒートテック系インナーの洗濯方法


ヒートテック系インナーの最大の悩みである「伸び」に関してはよく気をつけなければいけません。洗濯機に入れる時にはネットに入れて、他の衣類にひっぱられないようにすると効果的と考えられています。さらに、肩幅にあったハンガーにかけることも大切です。

もちろん、手洗いでタオルドライするのが一番伸びを防ぐことができるのでしょうが、なかなか毎日行うとなると大変です。洗濯ネットに入れて最低限伸びを防ぎましょう。

また、乾燥機の使用はあまりおすすめできません。ヒートテック系インナーは特殊な化学繊維が使われているため、乾燥機の熱で劣化しやすいと言われています。

しばしば、ヒートテック系インナーに体臭がうつり、臭い対策に悩む人もいます。ヒートテック系インナーは、生地に化学繊維が使われているため、ワキなどの臭いがうつりやすいのだそう。ワキ汗の臭いが染み付いたヒートテック系インナーは、40度のぬるま湯で洗ったり、重曹を水に溶かして揉みこむと効果的ですよ。

ヒートテック系インナーの保管方法


春がきて、ヒートテック系インナーを着なくなる衣替えの時期。次の冬までしまっておく人は多いですよね。

ヒートテック系インナーをしまう時には、必ずきれいに洗ってしまうことが大切です。皮脂などの汚れが付着したまましまいこむと、カビが生えたり虫喰いが発生する可能性が高まります。せっかく次の冬までとっておいたのに、広げてみるとカビや虫喰いで着られない……なんてことにならないように、きちんと清潔にしておくことが大切です。

また、ヒートテック系インナーを保管する時には、冬用の衣類と一緒にしまうことになりますよね。冬用の衣類は、1枚でもかさばりがちなものばかりで、ついついぎゅうぎゅうと詰め込みたくなります。しかし、ぎゅうぎゅうにして詰め込むと、ブラカップなどの形が崩れたり、伸びてしまう原因に。

さらに、詰め込みすぎにより湿気がこもることで、カビの発生リスクも高まります。ヒートテック系インナーを良い状態で保管するには、余裕のあるスペースで時には風をとおし除湿するなど、湿気対策が必須です。

ヒートテック系インナーの保管をトランクルームで行うメリット

トランクルームは収納スペースを借りて荷物を預けることができるサービスです。ヒートテック系インナーなど使う時期が限られるものの保管に、トランクルームを使う人が増えてきています。それは以下のようなメリットがあるからなのです。

自宅の収納を確保できる


冬用の衣類は、夏場の衣類とは比べ物にならないほど、量が多くかさばりますよね。それらの衣類と一緒にヒートテック系インナーを収納するとなると、どうしても収納スペースに限りがあり保管に困る人も少なくありません。

トランクルームは、こうした自宅の収納場所に困るものを預けるサービスとして非常に便利です。収納スペースが空くことで、家の中がすっきりと片付きやすくなり、快適な空間につながることも期待できます。

衣替えがしやすい


ヒートテック系インナーなど使う時期が決まっている季節ものは、トランクルームに預けて必要な時に取り出すようにすると、面倒くさい衣替えも一度に済ませることができます。冬物の取り出しと同時に夏物を預けることを習慣化すれば、クローゼットやタンスの中はいつも快適な状態で使えますね。

ヒートテック系インナーの保管環境に適している

ヒートテック系インナーをはじめとする衣類は、カビや虫喰いに注意が必要ですが、その発生要因となる湿気はクローゼットやタンスの中がこもりやすいため、たまに除湿対策をするなど気を付けなければなりません。空調や湿気対策が行われているトランクルームなら、こうした湿気対策にかかる手間も省けるため便利です。

ヒートテック系インナーの保管に最適なトランクルームとは

ヒートテック系インナーを良い状態で保管するには、湿度管理が大事です。トランクルームに預ける際には、空調管理が行き届いていて、湿度が一定に保たれている設備のあるところがおすすめ。

屋外コンテナなど、気温の変化や湿気がたまりやすい場所では、ヒートテック系インナーを良い状態で保管することは難しいため、空調と湿気対策が行われているかどうかは必ずチェックすることをおすすめします。

そこでおすすめしたいのが、屋内倉庫で保管してくれる「CARAETO」というサービスです。CARAETOは宅配型のトランクルームで、荷物の集荷や取り出しは、アプリから依頼することができ、自分で持ち運ぶ必要がありません。

段ボール1箱で月額500円から預けられる手軽さと、空調・湿気対策の整った環境が魅力。次の冬まで、ヒートテック系インナーを適した保管環境で預けることができます。他の冬物衣類などと一緒に保管しておけば、衣替えも楽チンですね!

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、ヒートテック系インナーの特徴や、正しいケア方法、保管方法についてご紹介しました。

近年では、都市部を中心にトランクルームを利用する人が増えています。屋内型トランクルームは、比較的小さな荷物をまとめて保管しやすく、預けた量に応じて料金が発生するシステムが多いため、誰でも利用しやすくとっても便利。特に季節の衣類を預けておくと衣替えが格段に楽になりますので、ぜひ検討してみてくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる