来年もふんわり着たい!フリースの正しいケア・保管方法とは?
サムネイル

軽くて暖かい、洗濯機で丸洗いもOKというフリースは、冬の定番アイテムとして子どもからシニアまで幅広い層に普及しています。そんなメリットの多いフリースですが、着用しているうちにふんわり感が失われてごわごわになったり、毛玉ができてしまうなどのデメリットがあるのも事実です。

ここでは、フリースの素材の特徴と毛玉ができる理由を説明し、毛玉対策や上手な管理方法を紹介しています。お気に入りのフリースを長く着続けるためにぜひ参考にしてください。

フリースの保管に悩む理由

フリースは、もともとはスキーや登山などのアウトドアウエアとして販売された製品です。1994年にユニクロが一般の人向けのカジュアルウエアとして発売して以来、アウターやルームウエアとして気軽に着用されるようになりました。

フリースの特長は、「保温性」「軽量性」「通気性」「速乾性」に優れている点です。最近はこれらの機能性に「デザイン性」が加わり、おしゃれな街着として男女を問わず愛用する人が増えています。

ユニクロのフリースだけでなく、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)やパタゴニア(Patagonia)、エル・エル・ビーン(L.L.Bean)など、海外のアウトドアブランドのフリースも人気があります。価格は12,000~50,000円前後と高額ですが、それだけ機能性・デザイン性ともに優れているので、ワイルドにもファッショナブルにもコーディネートすることができます。

フリースの素材は、石油由来のポリエチレンテレフタラート(PET)という化学繊維で、ポリエステルの1種です。ペットボトルもこれを原料として作られています。フリース生地は、PETを起毛加工したもので、繊維の間に空気をため込む構造になっています。これによって冷たい外気を遮断し、体温を保持することができるというわけです。しかも、通気性・速乾性があるので、動き回って汗をかいてもさらっとしていて汗冷えすることがありません。

このようにメリットの多いフリースですが、弱点もあります。起毛した素材はこすれたり押さえつけられたりすると毛倒れして、ふんわりとした風合いが損なわれてしまいます。

それだけでなく、起毛のポリエチレン素材は繊維が長いため、バッグなどとの摩擦で静電気が起きると、繊維同士が絡み合って毛玉になってしまいます。ウールやカシミアなどの天然素材は繊維が短くて弱いので、毛玉はできてもひとりでに落ちるので気づきませんが、ポリエステルは丈夫なためなかなか落ちません。

また、洗濯中に繊維同士が絡み合って毛玉ができることもあります。フリースを愛用する上での最大の悩みがこの毛玉です。高価なブランドフリースは、ピリング加工(毛玉防止)が施されていて毛玉はできにくいとされていますが、それでも完璧ではないようです。

毛玉がついたフリースは見栄えがよくないだけでなく、保温性や通気性なども低下してしまいます。フリースは扱い方次第で長く着用できるものです。来年の冬も新品同様のふんわり感を楽しめるように、ケアの仕方と保管方法を知っておきましょう。

フリースの正しいケアと保管方法とは

フリースの問題点である毛玉は、電動毛玉取り器を使えば簡単に解決できます。しかし、毛玉取り器の多くは生地を引っ張って切り取る仕組みなので、何回も使っているうちに生地が傷ついたり、薄くなってしまうことがあります。

お気に入りのフリースを長持ちさせるためには日ごろのケアが肝心で、それにはブラッシングと洗濯がカギになります。次にそれぞれの手順とポイントを見ていきましょう。

毛玉対策1:ブラッシングで毛先を整える


帰宅したらフリースをハンガーに掛け、湿気を取るために1時間ほどおいてからブラッシングをします。

  • 1.肩から胸、背中、腕、裾へと上から下に向けて、こすらず丁寧にホコリを落とします。
  • 2.ホコリを落としたら、上下左右いろいろな方向からブラッシングして毛を起き上がらせます。
  • 3.最後に上から下へなでるようにブラッシングして毛先を整えます。
  • 4.風通しのよいところで保管します。

ポイントは「ホコリを落とす」「毛先を整える」の2点です。こうした手入れを着用するたびに行うことで毛玉ができるのを防ぐことができます。もし、毛玉ができてしまったときは、毛玉取り専用のブラシを使うといいでしょう。ブラシは生地を傷めることがありません。豚毛や猪毛ブラシは1,000~3,000円で購入できます。

毛が固くなってゴワゴワになってしまった場合は、下記の方法で回復させることが可能です。

  • 1.歯ブラシなどで毛倒れした部分をていねいにこすって、毛並みを整えます。
  • 2.スチームアイロンをセットし、フリースから1㎝ほど浮かせて蒸気を十分に当てます。

温かい蒸気を当てることで繊維が柔らかくなり、ふんわりと仕上がります。ただし、あまり長く当て続けるのはよくありません。

毛玉対策2:洗濯はおしゃれ着を洗うようにやさしく


フリースが広く普及した理由の1つに「洗濯機で丸洗いできること」があげられますが、ほかの衣類と一緒に「標準コース」で洗うと毛玉の原因になります。「手洗いコース(機種によってはドライコース)」で洗うようにしましょう。

  • 1.フリースのホコリを落としてからファスナーやボタンを閉じ、裏返えしにして洗濯ネットに入れます。
  • 2.おしゃれ着用洗剤を使って洗い、最後に柔軟剤で仕上げます。
  • 3.脱水がすんだら、両端をもってしわを伸ばすように大きく振り、形を整えて陰干しにします。大きく振ることで空気が取り込まれ、ふんわりと干し上がります。

柔軟剤を使うと摩擦が起きにくくなり、静電気の発生を抑えることができます。ちなみに、髪の毛用のリンスにも静電気を抑える作用がありますから、柔軟剤代わりに使うことができます。

フリースの保管にトランクルームがおすすめな理由

次のシーズンまで着用することがなくなったら、洗濯したあとにハンガーに掛けるか、ふんわりとたたんで保管します。もし、クローゼットもタンスも満杯状態でゆったり保管できるスペースがないという場合は、無理やり押し込むようなことをしないで、トランクルームの活用を検討してみましょう。

トランクルームのメリット


トランクルームというと、古い家具やレジャー用品などを保管するカビくさい倉庫をイメージしがちですが、最近のトランクルームは空調設備が整い、1年中一定の温度と湿度が保たれているところが多いので、湿気に弱い衣類や書籍なども安心して預けることができます。セキュリティ態勢も徹底しており、盗難などの心配もまずありません。

特にフリースなどの着る季節が限られ、収納場所を圧迫してしまうアイテムはトランクルームと相性抜群。季節ごとの衣類ごと預けておけば、箱を入れ替えるだけで衣替えが完了してしまいます。

フリースの保管なら宅配型トランクルームがおすすめ


フリースを預けるなら宅配型トランクル―ムがおすすめです。宅配型というのは、トランクルームを借りて自分で荷物を運び入れるのではなく、スマホやパソコンから利用の申し込みをして、荷物の預け入れも取り出しもすべて宅配便で行う収納サービスです。

ユーザーは、荷物を段ボールに詰めるだけでいいので、車を持たない家庭や忙しい人も手軽に利用することができます。段ボールの大きさや重さの制限は、トランクルームの運営会社によって異なりますが、宅配業者のスタッフが1人で持てる大きさ・重さが基準と考えるといいでしょう。

料金は、段ボール1個当たり500円前後と、とてもリーズナブルです。従来の店舗型トランクルームは、契約時に保証金や管理費、事務手数料、鍵代などの初期費用がかかりますが、宅配型は初期費用ゼロ円というところがほとんどです。

もう1つ、従来の店舗型トランクルームとの違いは、宅配型にはマーケット機能が導入されているサービスがあるのもおすすめの理由です。預けているアイテムの中で不要になったものはそのまま出品することができ、ほかの利用者が出品しているアイテムを購入することもできます。一般のフリマに出店するときは、自分で写真を撮らなければなりませんが、トランクルーム内ではその必要がありません。また、売買したアイテムは、自動的に購入者のアプリに保管されるので、発送したりする手間もかかりません。

このようにトランクルームは保管環境がフリースなどの衣類に適しているほか、特に宅配型のトランクルームはさまざまな点でメリットがあるのです。

フリースの保管に宅配型トランクルーム比較

下記は、段ボール単位で利用できる宅配型トランクルームです。月額保管料だけ比較するのではなく、ボックスの大きさや、取り出し料金の有無などもチェックしましょう。

trunk サマリーポケット AZUKEL
月額保管料(1箱) 500円 300円 400円
ボックスサイズ※ 140㎝ 118㎝ 105㎝
ボックス料金 無料 無料 200円
預け入れ料 無料 無料 無料
取り出し料 全国一律(沖縄除く)800円 全国一律800円 距離によって1,100~2,600円

※ボックスサイズは、各社から支給されるボックスで、縦、横、高さの3辺の合計値です。

ボックスサイズは会社によって異なります。よくありがちなのが、小さいボックスを選んだら入りきらなくて、2個使うことになって結局高くついてしまったという失敗例です。とくにフリースはふんわりたたんで保管するのがコツですから、大きめのボックスを選ぶことです。もし、ボックス内に余裕ができるときは、クローゼットや押入れで場所ふさぎをしている衣類を一緒に詰めて預けてもいいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
フリースを来年もしっかり着るためには、しっかりとケアを行わないといけません。特に毛玉には要注意。対策を行い、きれいな状態で保管できるようにしましょう。

また、フリースなどの季節アイテムの保管場所に困ったら、トランクルームの利用を検討してみるのがおすすめ。自分が預けたいサイズ、環境、付属のサービスなどをしっかり確認し、最適なトランクルームを見つけましょう!

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる