セーターの保管方法を間違うと大変!?正しい保管方法を知ろう
サムネイル

冬が終わると衣替えの季節がやってきます。セーターなどの冬物を仕舞う際、収納場所に困ったことはありませんか?セーターは特に厚手だからこそかさばりやすく、数点タンスに入れただけでもタンスがパンパンになってしまうことはよくあることです。だからといって適当に空いている場所に無理やり仕舞って保管してしまうと、大事なセーターを傷つけてしまう原因にもなりかねません。

そこで今回は、セーターの保管方法について、正しい方法や保管のコツをご紹介していきたいと思います。

セーターをしっかり保管しなければならない理由とは

セーターなどのニット類は、保管方法を間違えるとセーターを傷める原因になることが多いです。実際にどんなリスクがあるのかは、以下のような点が挙げられます。

セーターには害虫が湧きやすい

セーターなどのニット類には害虫が湧きやすい傾向があります。冬が終わって暖かくなると害虫も活発になってきますし、セーターの繊維を食べる害虫はたくさんいます。しっかりと保管をしなければ、気が付いた頃には虫食いでセーターに穴が開いていることはよくあることです。

柔らかい素材だからこそ傷みやすい

セーターはとても柔らかい素材ですよね。だからこそ、伸ばしたり、圧迫したりする衝撃にとても弱いのです。柔らかい素材だからこそ繊細に扱うことが必要というわけです。

例えば畳んで収納するにしても、上からたくさんの衣類を重ねて無理やり押し込むようなことをしてしまうと、セーター特有のふわっとした感触が失われてしまう場合があります。ずっとハンガーにかけっぱなしでいると、素材によっては伸びて傷んでしまう可能性も考えられるものです。

セーターの正しい保管方法

では、セーターを正しく保管するためにはどうすればよいのでしょうか。重要なのは以下のポイントになりますので、前述した傷みやすい理由とともにしっかりチェックしておいてくださいね。

素材を傷めないように重ねすぎには注意

セーターを重ねて入れたり、無理やり押し込んで収納することは素材を傷めることに繋がります。次に出したときにはヨレヨレ……ということも少なくありません。衣装ケースなどに入れて収納する際は、重ねすぎず、なるべくセーターは一番下に置かない方がよいでしょう。重ねる際セーター類は一番上に持ってくるなどすると、素材を傷めずに済みます。

また、タンスや比較的底の浅い衣装ケースなどであれば、重ねるのではなく立てて収納するとよいかもしれません。立てることでセーターに必要以上の負担をかけずに済むはずです。

収納する際は汚れをしっかりチェック

収納する際は、セーターに汚れが残っていないかしっかりチェックするようにしましょう。汚れが残っていると、そこに害虫がつく原因にもなります。食べ物の汚れなどが一番代表的な例ですね。

その他、汗などの水分が残った状態でセーターを収納してしまうと、水分が乾かず、カビの原因にもなります。収納する際は、汚れや水分を取るために、しっかりと洗濯機やクリーニングで洗ってからにしたいところです。

湿気・防虫対策をしよう

なるべく湿気・防虫の対策はするようにしておきましょう。どんなに気を付けていても、収納場所自体が湿気を帯びていると、そのせいでカビが生えたり、虫が湧いたりなどの原因になり得ます。収納場所の環境をよいものに保つためにも、最低限、乾燥材・防虫剤を入れておくなどの対策は必須です。

セーターをトランクルームに預けるメリット

ところで、冬物を収納しようにも、「数が多すぎて収納場所に困る……」という経験はありませんか。特に女性はたくさんの数の服を持っているものですし、かさばりやすいセーター類を複数収納するのはやはり大変なものです。

そんな時、自宅の収納スペースだけではなく、別の場所にセーターを保管しておくことができれば非常に便利ですよね。自宅以外の収納場所として、「トランクルーム」の利用を考える人も多いでしょう。

しかしトランクルームも、使ったことのない人からすれば全く未知のものです。ここでは、トランクルームの特徴に触れつつ、セーターをトランクルームに預けるメリットについて解説してきたいと思います。

自宅以外に収納場所が増える!

まず1つ目のメリットとして、やはり自宅以外に収納スペースが増えることがあげられます。セーターは特にかさばりやすいものですし、収納に困っていたセーターをトランクルームに保管することができるとしたら、自宅の収納もかなりスペースに余裕が出ますよね。

また、利用するトランクルームによってはセーターを預けるのみではスペースが余ることもあります。そんな時、セーター以外のものも保管しておけると考えれば、とても便利に感じる人は多いのではないでしょうか。

安く利用できるサービスも多い

トランクルームは、基本的に月額の使用料を支払って利用していきます。トランクルームを利用したことのない人は、「料金が高そう」「個人では借りられないのでは」などのイメージを持ってしまいがちですが、実はそんなことはありません。

もちろん個人でもトランクルームを契約することは可能ですし、月額の料金は1,000円以下のところもあります。料金は預けられるものの量・トランクルームの広さによって異なってきますが、本当にセーターを預けるのみ、ということであればそこまで大きなトランクルームを利用する必要はないでしょう。小さなトランクルームであれば、月額数百円程度で済みます。

空調管理されているため、保管環境がよい

屋内で保管するトランクルームは、24時間空調管理されているところも多いです。つまりいつでも適温を保った状態で、保管環境としては良好なことが分かりますね。

高温多湿の環境を避けることができれば、前述した湿気・防虫の対策にもなります。自宅の収納スペースや倉庫などで保管するよりも、適した環境を保つことができるということです。預ける際、念のため防虫剤などを入れておくなどしておけば、対策としては万全です。

ただし、屋外のコンテナなどで保管するタイプのトランクルームでは空調設備がないことが多いので気をつけましょう。また、屋内タイプのトランクルームでもサービスによって空調設備が異なりますので、利用の際はよく確認をしてください。

セーターの保管に最適なトランクルームとは

トランクルームにはさまざまタイプがありますが、おすすめなのは空調管理された宅配収納タイプのトランクルームです。

宅配収納タイプとは、トランクルームに直接足を運ばず、宅配で収納のやり取りをする仕組みを取ったトランクルームのことです。つまり宅配で送るだけで預け入れの手続きができ、取り出す際もネットで申請をすることで送ってもらうということになります。

例えば、宅配収納サービス「CARAETO」は、ダンボール1箱500円の月額料金で使用することが可能です。出し入れもとてもスムーズですし、もちろん空調管理・セキュリティ管理もされているため、安心して預けておくことができます。

セーターのみを預けたいということであれば、ダンボール1箱あれば十分でしょう。お試しとしても利用しやすい価格ですし、セーターを使わないシーズンはCARAETOに保管しておくとよいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?
セーターは繊細な作りになっているため、圧迫されるとすぐ傷んでしまいます。また、そもそも衣料品なので虫が湧きやすいことも注意しなければいけません。そのためにも、湿気や防虫の対策をしたうえで適切な環境で保管することが重要になります。

セーターの保管場所に困った時は、トランクルームの利用をおすすめします。ご紹介したような宅配型のトランクルームであれば、料金も安価で出し入れも気軽なので、非常に使いやすいのがポイントです。大事なセーターを来年も安心して着られるように、ぜひ保管場所にはしっかりとこだわるようにしてくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる