なんて便利!物を預かってくれるサービスについて調べてみた
あなたにオススメの記事
記事UPDATEサムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

最近は必要以上に物を持たない「シンプルライフ」や「ミニマリスト」に注目が集まっている反面、「物の置き場所がない!」「物が多すぎて部屋が片付かない」というお悩みもよく耳にします。そもそも近年の住宅事情を鑑みると、収納スペースが少なすぎる物件が非常に多いのです。特に賃貸マンションはその傾向が顕著で、シングル世帯もファミリー世帯も収納場所の確保は死活問題と言えるでしょう。

そんな中じわじわ人気を集めているのが、家に入りきらなくなった物を代わりに保管しておいてくれる『預かりサービス』です。では、預かりサービスには実際にどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの特徴や、あなたにぴったりの預かりサービスを選ぶ方法を詳しく解説していきます!

物を預かってくれるサービスにはどんなものがある?

預かりサービスの種類は、大きく以下の2つに分けることができます。

一時預かりサービス

その名の通り、数日~数週間単位で一時的に物を預かってくれるサービスです。この手のサービスで預かるのは手荷物が主流ですが、家具や家電などの大物を一時的に預かってくれるサービスもあります。旅先で手荷物を軽くしたい、部屋が片付くまで家具家電を預かって欲しいといった時に役立ちます。
(例)

  • 荷物預かりサービス
  • 一時預かりサービス

長期保管サービス

長期保管サービスとは、使用頻度の少なかったり収納スペースを圧迫してしまうアイテムを、長期に渡って保管しておいてくれるサービスのこと。長期保管サービスは月極契約のところが多いので、1ヶ月から預けられるケースが大半です。とにかく物が多い方、自宅の収納スペースが少ない方には、自宅以外に保管場所を設けられるこちらのサービスがおすすめです。
(例)

  • 物置シェアサービス
  • トランクルーム

預かりサービスそれぞれの特徴

つづいては、具体的にどのようなサービスがあるのか、それぞれの特徴を説明していきます。

手荷物を減らしたい時は「荷物預かりサービス」

荷物預かりサービスは、長期間の保管というよりも、「一時的に手荷物を減らしたい」「引っ越し先に少しずつ物を運びたい」といった時にぴったりのサービス。1日単位で物を預けられるところから、コインロッカーのようにいつでも物を引き出せるところまで実に様々な形態があります。どちらかというと少ない数を預けるのに向いているので指定されるケースやボックスのサイズは小さ目のところが多く、中には物を1つから預けられるところも。

多くの預かりサービスが月極契約なのに対し、短期間の荷物預かりサービスは料金もリーズナブルに済むのがメリットです。たとえば「Day倉庫」というサービスでは、1日あたり11円からという低料金で物を預けることができます。

個人間の交渉が可能な「物置シェアサービス」

物置シェアサービスは、使っていない物置や蔵がある人と、収納スペースが足りない人を結びつけるサービスです。日本でもカーシェアリングが普及しつつありますが、その物置バージョンと表現すると分かりやすいかと思います。

物置シェアサービスのメリットは、個人間で保管期間の交渉が可能なことと、運が良ければ自宅のすぐ近くでシェア物置を見つけることができることです。物置を提供したいオーナーと直接やり取りが可能なので、保管期間の延長や、搬入の手伝いをお願いできるケースもあります。また、オーナーは全国にいるので、自宅や引っ越し先のすぐ近くで物置をシェアできる場合も。

ただ、物の管理はオーナー個人が行うので個人情報が含まれる物や貴重品を預けるのに抵抗を感じる方も少なくありません。

大量に預けたいなら「トランクルーム」が便利

トランクルームは、自宅以外に自分だけの倉庫を持てるサービスです。物が溢れかえって困っている方や、大物を預けたい方に向いています。

一昔前は屋外コンテナ型のトランクルームが主流でしたが、最近は清潔さが売りの屋内型トランクルームも増えつつあり、衣類や食品など、衛生環境が気になるアイテムを預ける方もいます。また、最近はコンパクトなボックスを1単位としているトランクルームもあるため、ちょっとした物を預ける時にも大変便利です。前述のシェア物置よりもセキュリティー面での安全性が高く、貴重品を預けたい時にもぴったりです。

使い勝手の良い「宅配型トランクルーム」

保管に関わるサービス内容は上記のトランクルームと変わりませんが、宅配型トランクルームのメリットはなんといっても預けたい荷物を自宅まで集荷に来てくれる点です。従来のトランクルームは預けたい荷物を自分で運ばなければいけなかったため、ある程度まとまった量を運ぶには車が不可欠でした。また、近所に倉庫がない場合は出し入れの度に遠出しなければならないので、なにかと不便な点もあったのです。

一方、宅配型トランクルームの場合、利用者は預ける物を専用ボックスに詰めておけば、あとは自宅まで集荷にきてくれるのでとても楽チン!自力で運ぶ必要がないので、車をお持ちでない方や、近所にトランクルームがない方も安心です。また、引き出す時も宅急便で届けてくれるので手間いらず。

さらに「CARAETO(カラエト)」という宅配型トランクルームでは、預かった荷物を1点1点撮影し、写真を見ながらアプリ上で管理できるサービスも行っています。何を預けたのか忘れてしまう心配もないので、細々した物を預ける時にも便利ですね!

引っ越し時に便利な「一時預かりサービス」

引っ越しの際に手間がかかるのが、運んだ荷物の荷解きです。仕事がある平日などはなかなか荷解きが進みませんし、部屋がダンボール箱で溢れたまま数日が経過してしまうなんてことにもなりかねません。

そこでおすすめなのが、引っ越しの際に持っていく荷物を預かってくれる一時預かりサービスです。引っ越し業者が行っていることが多く、一度に運び入れる荷物を軽減できるため、1人暮らしの方はとても助かるサービスになっています。

預かりサービスの選び方

最後に、自分にぴったりな預かりサービスの選び方を、いくつかのステップに分けてお伝えしたいと思います。

STEP1.まずは預けたい物を具体的にリストアップする

まずしなければならないのが、預ける物のリストアップです。大きさや個数、材質などできるだけ詳しく書き記してみましょう。こうすることで、最も大きいものや重いものが明確になり、各サービスの上限と照らし合わせる時に役立ちます。さらに、傷みやすい素材のものがないかどうかもチェックしましょう。

STEP2.一時預かりか長期保管か?

一時的に預けたい場合は、数時間~数日単位で預けられるサービスを選びます。逆に長期間保管したい場合は、月極契約のサービスにしましょう。

STEP3.対応範囲をチェック

自宅から運べる範囲に店舗があるかどうか確認しましょう。宅配型トランクルームの場合は自宅に取りにきてくれるのでこの限りではありませんが、サービスによって集荷エリアが決まっていることもあるので注意が必要です。

STEP4.サービス内容を比較

個人情報が含まれるものや、貴重品を預ける場合はセキュリティー面。傷みやすい材質のものを預ける場合は温度・湿度管理システムを比較してみましょう。

STEP5.料金を比較

最後に料金を比較します。特に長期保管を希望する場合は毎月料金が発生しますので、サービス内容と照らし合わせて無理のないプランを選びましょう。また、初期費用や解約金などもチェックすることも忘れずに。

まとめ

いかがでしょうか?
収納スペースの少ない物件が増えている昨今、預かりサービスは自宅以外にマイ倉庫を持てる非常に便利なサービスです。また、一時預かりや手荷物預かりなどシチュエーションによってサービスを使い分ければ、物が多すぎることによるあらゆる苦痛から解放されることができます。

特に宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』なら、140サイズの箱に入る荷物であれば気軽に預ける事ができます。

自宅から出る必要がなく、宅配業者に玄関先まで取りに来て貰えるので、自分で荷物を運ぶ手間もありません。預けた荷物は1点1点撮影され、写真で管理ができるので何を預けたのか忘れる事もありません。

ぜひ自分にぴったりな預かりサービスを利用し、物の多さに悩まされない快適な生活を送りましょう!

1箱たった500円で預けることが出来てお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけのカンタン宅配型収納サービス!
CARAETOについて