ずっと大事にしたい!セリーヌバッグのケア方法と適した保管場所について
記事UPDATE サムネイル

ファッションの本場、フランス・パリ生まれのセリーヌは、世界中のファッショニスタたちに支持され続けるファッションブランドです。

そんなセリーヌのバッグは、アクティブな現代の女性に広く支持されており、働く女性のステータスともいえます。

しかし、セリーヌのバッグが生まれたフランスと、日本の気候は大きく違うため、間違った保管方法やお手入れで、せっかくのセリーヌを劣化させてしまってはもったいないですよね。

本記事では、セリーヌのバッグのお手入れ方法と、正しい保管方法を解説していきます。

セリーヌバッグの特徴

セリーヌから発売されているバッグはすべて女性用です。スタンダードで端正、永遠に飽きのこないフォルムと、上品でさりげないトレンドが融合し、女性の憧れるブランドで常に上位に挙げられます。

特に人気のシリーズは、ラゲージやカバなど。オンにもオフにも使えるデザインながら、ラグジュアリーな雰囲気が漂う秀逸なバッグです。

セリーヌバッグの素材として、使われることが多いのが「カーフスキン」と呼ばれるもので、これは生後6か月以内の子牛の革を指し、一番上質な素材とされています。

他にも「スムースカーフ」「グレインドカーフ」「ドラムドカーフ」などの革素材があり、それぞれ革の処理や加工方法が違い、見た目の光沢やシワなどに特徴があります。

その他、クロコダイルやリザードなど、爬虫類の革を使ったもの、中にはキャンパス地のような、カジュアルな素材もあります。

セリーヌバッグのお手入れ方法とは

セリーヌのバッグは革素材のものが多いため、お手入れをせずに使い続けるとつやが無くなったり、ひび割れたりしてしまいます。

使い終わったら簡単なお手入れを、長期で保管する際は、しっかりお手入れをしてから収納するようにしましょう。ここからは、日々のお手入れ方法と、長期保管の際のお手入れ方法を紹介します。

普段のお手入れ方法

セリーヌのバッグを普段使いしている人は、帰宅後に毎回軽くお手入れをしておくと光沢が長持ちします。

綺麗に見えても、外の空気は排気ガスやホコリ、花粉などで汚れています。そのため、柔らかい布でバッグの表面を軽く拭いておきましょう。

金属部分の曇りが気になった場合、フェルトや眼鏡ふきなどを用いて拭けば、光沢が戻ります。

万が一雨などに濡れてしまった場合は、吸水性の良い乾いた布を押し当てるようにして、決してこすらず水分を取ります。

念のため、新聞紙や乾燥剤をバッグの中に入れ、2~3日は風通しの良い所で休ませましょう。ただし、乾燥剤を使う時は決してバッグに触れないよう、新聞紙の中に入れて使用してください。

念入りなお手入れ方法

よそ行き用にバッグを使い、その後しばらく使わない場合、しっかりお手入れしてから収納します。

カーフスキンのバッグは、特に革が柔らかく傷つきやすいため、よく見ると細かな傷がついているのが分かりますが、きちんとお手入れをすることで、目立たなくなる傷もあります。

  1. やわらかい布で表面の汚れを取る
  2. 保革クリームを柔らかい布、またはペネレイトブラシでまんべんなく塗る
  3. 固めの豚毛ブラシでブラッシングして全体になじませる
  4. 布で余分なクリームをやさしく拭き取る

目安としては1~2か月に一度(使用する頻度によって)を目安にお手入れをすると、長く光沢が持続します。

セリーヌバッグの保管方法

しばらくの間セリーヌのバッグを使わないときは、正しい手順で保管しておきましょう。

お手入れ後、型崩れを防ぐために、新聞紙などをふんわり丸めてバッグに入れておきます。その際、新聞紙のインクが色移りしてしまう可能性があるため、新聞紙をタオルでくるんでから入れると安心です。

特に、かっちりしたラゲージなどは、保管しているうちに型崩れを起こさないよう、新聞紙の量を調節しながら注意して入れましょう。

そして、こすれを防ぐために、不織布などの袋に入れて保管します。ビニール袋は通気性が悪く、革が変質する、癒着するなどトラブルを引き起こすので避けてください。

セリーヌバッグに最適な保管場所とは?

セリーヌバッグの保管場所として一般的なのは、クローゼットや押し入れなどの収納スペースです。

しかし、自宅の収納スペースに保管する場合、そのスペースの環境をきちんと整えることが何よりも大切になります。

日本の気候は寒暖の差が激しく、冬は非常に乾燥しますし、夏は高温多湿になります。特に近年は、梅雨の晴れ間や梅雨明け時など、収納スペースの中が35度を超えるようなこともたびたびあります。

このように、一般的な収納スペースの中は過酷な状況となっているため、セリーヌバッグの保管に適しているとはあまりいえません。

自宅でセリーヌバッグを保管する際の注意点

もし、自宅の収納スペースで保管する場合、どんなことに気を付けるべきか、以下でご紹介します。

  • 夏は除湿、冬は結露に注意する
  • できるだけ温度・湿度を一定に保つ
  • ホコリが溜まらないようにこまめに掃除する
  • 乾燥した天気の良い日はまめに風を入れる
  • 収納スペースには8割しかものを入れない
  • セリーヌバッグは腰から上の位置に収納する

まず、湿気を吸い込んだ革にはカビが生えることがあるため、除湿として押し入れ用乾燥剤などを使い、バッグの詰め物の間にもシリカゲルなどを使用して湿気を防ぎましょう。

デリケートなカーフスキンなどは、温度・湿度の変化にもあまり強くありません。エアコンを利かしている時、収納スペースの扉を開けておくといいでしょう。乾燥した天気のいい日は収納スペースに風を入れるのも有効です。

また、ホコリは湿気と結び付くと、カビ被害の誘因となり、虫が湧くことがあります。収納スペースの小まめな掃除で、大切なセリーヌバッグを守ってください。

収納スペースにぎゅうぎゅうに荷物が詰まっていると、風の通りが悪くなり、湿気がこもります。8割収納を心がけ、下方にたまる性質がある湿気から守るために、セリーヌバッグはできるだけ上段で保管してください。

理想的な環境が実現できないときは「CARAETO」がおすすめ

自宅の収納スペースで、セリーヌのバッグに適した環境を作るのはなかなか難しいものです。

そんな時に利用したいのが、宅配型トランクルーム「CARAETO」です。

「CARAETO」が大切なバッグの保管に適している理由は数多くありますが、その一部を挙げると、

  • 24時間・365日、快適な温度・湿度に保つように空調が管理されている
  • 清掃が行き届いた清潔な屋内環境での保管
  • 有人管理、赤外線カメラ、電子ロックなどの強固なセキュリティ
  • 荷物の出し入れは宅配便で行うため、自宅から出ずに行える
  • 月額500円とリーズナブル

「CARAETO]では、自宅では実現しにくい、24時間空調管理に加えて、高価なセリーヌバッグを強固なセキュリティで守ることができます。

また、貴重な休日をつぶして収納スペースの掃除をしたり、収納スペースを解放して換気や虫干しをしたりする手間がないのも大きなメリットといえます。

しかも、集荷・配送は、スマホアプリから申し込めば自宅まで来てくれるので、保管場所まで出向く必要がありません。このことが、忙しい人に特に支持されています。

自宅より安心できる保管環境で保管でき、出し入れも気軽に行えて、なおかつ、月額500円という値段で利用できる「CARAETO」は、大切なバッグの保管に最適なサービスです。

また、セリーヌのバッグを頻繁に使う人は、自宅の収納スペースのすぐには使わないもの、場所をとっているものを選んで「CARAETO」に預け、収納スペースに余裕を作るのもいい方法です。

>>宅配型トランクルーム「CARAETO」のサービスのすべてをチェック

まとめ

セリーヌのバッグは非常に高価なため、せっかく購入したなら長く大切に使いたいものです。

それには、日頃のケアや収納時のケアを欠かさず行い、収納のスペースの環境を見直し、適切な状態で保管しておくことが大切になります。

自宅での保管が難しいと思う時は、まるで第2のクローゼットのように気軽に使える「CARAETO」を利用して、大切なセリーヌのバッグを劣化や型崩れから守り、長く使っていきたいですね。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize