ヴィトンバッグはこうやって保管しよう!その特徴や正しい保管環境とは
サムネイル

女性の憧れのブランドといえば「ルイヴィトン」。高価なバッグなだけに扱い方も慎重になりますよね。そんなヴィトンのバッグを手に入れても、上手に保管できずに傷めてしまうことも……。では、どうしたらきれいな状態で保管できるのでしょうか。

今回はヴィトンバッグの特徴から正しい保管方法やおすすめの保管場所を紹介します。

ヴィトンバッグの特徴

ヴィトンバッグといえば「モノグラム」のバッグ。有名なのはその柄だけでなく、素材や機能にも特徴があります。

生地の丈夫さ


ヴィトンバッグは丈夫です。ブランド品のバッグは繊細で扱いにくいと思われがちですが、ヴィトンのバッグは丈夫で水に強いものが多くあります。

なぜ丈夫で水に強いのかというと、ポリ塩化ビニールという素材が使われているからです。バッグの一部や、高価格のバッグは革を使用していますが、定番のモノグラムはポリ塩化ビニールで作れられているものが多いです。綿の布にポリ塩化ビニールでコーティングしているため、水分を吸うことがなく弾力があるため衝撃に強く作られています。

縫製がしっかりしている


頑丈さの理由は生地だけではありません。縫製がしっかりしているのも頑丈な理由のひとつです。職人がこだわり抜いた縫製で、縫い目が均一でほつれが一切なく、程よい強さで縫われています。

水に強い


生地の丈夫さの項目で説明しましたが、ヴィトンバッグの多くは外側にポリ塩化ビニールを使用しています。ポリ塩化ビニールは吸水性がないので雨の日でも水に濡れても水を弾きます。そのため、一般的外側は劣化しやすいですが、水を弾くことで長持ちします。

内側がべたつきやすい


最近のヴィトンバックは内側の素材もベタつかないように工夫されていますが、古いヴィトンバッグは内側がベトベトしやすい傾向があります。お手入れしやすいようにと合皮やナイロンの素材が使われていましたが、長期間保存していると湿気が原因でベタついてしまうのです。リサイクルショップでは外側はきれいな状態でも内側がベタついてしまうという現象はよくあるそうです。

内側がひびわれやすい


さきほど湿度が原因で内側がベタつきやすいと紹介しましたが、ベタつきが進行すると素材が劣化して、内側がひび割れてきます。一方で、乾燥しすぎていてもひび割れが起きます。

ベタつきを予防したいと思い、乾燥剤を大量にバッグに入れて保管してしまうと乾燥剤が必要以上に水分を吸水してしまい、ひび割れの原因になります。ヴィトンバッグを長持ちさせるには程よい湿度調整が必要です。

金属部分のサビ


湿気が多い日本では金属部分がサビやすい傾向にあります。お手入れをせずに放置していると劣化が進んでしまい、金具が取れてしまうこともあります。金属部分をきれいに保つためにも、湿気対策が必要になります。

ヴィトンバッグの正しい保管・ケア方法とは

せっかくヴィトンバッグを手に入れたなら長く使いたいですよね。そのためには適切な保管やケアをする必要があります。ここではヴィトンバッグを長持ちさせるための保管方法とケア方法を紹介します。

汚れは拭く


汚れがついたら、すぐ拭くようにしましょう。時間が経つと取れにくくなってしまいます。外側にポリ塩化ビニールを使っているヴィトンバッグなら、吸水性がないので水を含ませた布で拭くことができ、お手入れがしやすいです。革の商品を水拭きしたら劣化の原因になるので、素材をチェックしてからお手入れしましょう。

程よい湿気


湿度が高い日本では湿気対策が必要です。湿度が高いとヴィトンバッグの内側がベタついて劣化する原因になります。しかし、乾燥しすぎてもひび割れの原因にもなるので、程よい湿度を保つことが大切です。

自宅で空調管理は難しいと思うので、バッグに乾燥剤を入れて湿度を取るようにしてください。入れすぎると乾燥しすぎてしまうので、乾燥剤を使う場合は1個〜2個入れるようにしましょう。そして、湿気が溜まりやすくない風通しのいい場所に保管するようにすると良いでしょう。

直射日光は避ける


直射日光が当たると変色をしたり、色あせが起こったりします。また日差しを浴びつづけると乾燥が進みひび割れの原因にもなるので、日陰に保管しましょう。

余裕のあるスペースで保管


狭い場所に重ねて保管すると型崩れの原因になります。重らないで保管できるように十分な収納スペースを確保するようにしましょう。また、ひとつの場所にたくさん収納すると湿気がたまる原因にもなるので、収納スペースには余裕を持たせてください。

ヴィトンバッグの保管場所はどこがおすすめ?

ヴィトンバッグをきれいな状態を維持するには、風通しのいい日陰で保管するのがおすすめです。きれいに保つには湿気対策が重要になってくるので、湿気の貯まるような閉鎖的な空間で保管するのは避けましょう。また狭いスペースに収納しようとすると、型崩れの原因にもなるので収納スペースは十分に確保してください。

自宅で湿気対策や収納スペースの確保をするのは難しいと感じる人も多いと思います。そういう人にはトランクルームを利用するのがおすすめです。トランクルームの中には空調設備が整っているところもあり、預けることで収納スペースにも余裕がでます。

ヴィトンバッグの保管に最適なトランクルームとは

トランクルームはさまざまな種類があり、ヴィトンバックに適したトランクルームを選ぶことが重要です。きれいな状態を保ちたいと思ってトランクルームへ預けたのに、トランクルーム選びで間違ってしまってはせっかくのヴィトンバッグがダメになってしまう可能性があります。ヴィトンバッグを保管するための最適なトランクルームを選ぶポイントを紹介します。

セキュリティがしっかりしている


ヴィトンバッグはセキュリティがしっかりしているトランクルームに保管するようにしましょう。セキュリティ対策があまい場所では、高級品のヴィトンバッグは盗難にあう可能性があるからです。セキュリティ対策が万全の信頼できるトランクルームに預けるようにしましょう。

空調調整が整っている


ヴィトンバッグの保管には湿度調整が重要です。程よい湿度の環境が必要なので、空調設備が整っているトランクルームに預けるようにしてください。屋外にコンテナが設置されていてそこに保管するようなトランクルームもありますが、空調設備がないところが多く、ヴィトンバッグの管理には向いていません。

室内や宅配型のトランクルームだと空調設備が整っている場合が多いので、トランクルームの設置場所に注視して選ぶようにしてください。空調が整っているトランクルームはホームページなどにその旨が掲載されているので、チェックしてみましょう。

いらなくなったら売ることができる


高級なヴィトンバッグですが、リサイクルショップなどに出したいときもあると思います。トランクルームの中には、預けた荷物を売ったり買ったりできるサービスを実施しているところもあり、自分の手元にバッグがなくても売ることができます。

例えば「trunk」という宅配型のトランクルームでは独自のアプリで預けたものが写真で確認でき、預けた荷物の中で必要なくなったり、売りたいと思った荷物をアプリ内で売ることができます。買い手が見つかってからの配達の手続きなどは「trunk」が全て行ってくれ、自分自身は何もしなくても売買ができます。

まとめ

ヴィトンバッグの正しい保管方法はわかりましたか?
高級品のヴィトンバッグなので、扱いが難しいと感じることもあると思います。そんなときは今回紹介した保管方法を参考にヴィトンバックの保管環境を整えてください。

紹介した保管のポイントは次の4つです。

  • 汚れは拭く
  • 程よい湿気
  • 直射日光は避ける
  • 余裕のあるスペースで保管

この4つのポイントを最低限おさえれば、ひどく劣化することはないでしょう。

でもこの4つのポイントを自宅ですべてクリアするのは難しいですので、トランクルームを利用することをおすすめします。

ヴィトンバッグを預けるのに最適なトランクルームの条件は次の3つです。

  • セキュリティがしっかりしている
  • 空調調整が整っている
  • いらなくなったら売ることができる

以上の3つの条件を満たしたトランクルームを探してみてください。ホームページに設備やサービスがきちんと記載されているトランクルームは信頼性があり、預けるのも安心です。
最適なトランクルームを見つけてヴィトンバッグをキレイな状態で保管するようにしましょう!

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる