管楽器を正しく保管しよう!劣化を防いで長く使用する方法とは
サムネイル

楽器を楽しむ人にとって、メンテナンスや保管はとても重要です。管楽器には、木管楽器と金管楽器がありますが、木製の楽器と金属の楽器とではやや注意点が異なります。

楽器を良い状態で保管すると、見た目はもちろん楽器としての性能を良い状態に保つことができますが、そうでない場合はあっという間に不具合が生じることも。

ここでは、管楽器の正しい保管方法や、お手入れのしかた、おすすめの保管場所についてご紹介します。

管楽器の保管に気をつける理由

管楽器には、クラリネットやオーボエなどの木製の楽器と、フルートやサックスなどの金属製の楽器の両方があります。

木製の楽器は、急激な温度変化や湿度変化にとても弱く、適した環境に置いておかないとすぐに割れてしまったり、キーバランスが崩れてしまう原因につながります。つまり、楽器として使えなく恐れや、正しい音程が出せなくなってしまうことも。

金属製の楽器は、乾燥には比較的強いとは言われていますが油断は禁物です。乾燥しすぎると、部品のコルクが縮んでしまうこともあります。さらに、お手入れを怠るとサビが発生しかねません。

管楽器には、タンポというフェルトや動物の皮でできた部品がありますが、長期間放っておくと乾燥して固くなり、キーを押さえた時に隙間ができて息漏れの原因につながります。湿度が高い場所に保管すると、タンポにカビが生えたり、虫食いが発生することもあります。こうなってしまうと、そのまま吹くのは健康にかかわるため、すぐに楽器屋で修理が必要です。タンポは、気温が低いところに置いておくと、接着剤がはがれやすくなることもあります。

金属製の楽器以外に、木製の楽器にも金属でできた部分があり、手の脂や汗が付着したまま保管すると、変色するだけでなく、メッキがはがれてサビが生じ、キーの操作に支障が生じます。

つまり、木製の楽器も金属製の楽器も、管楽器の場合は温度や湿度への注意が不可欠なのです。適した環境で保管しないと、カビが発生してしまい修理しないと吹けなくなってしまったり、サビで動作不良を起こしたりと、楽器として楽しめなくなってしまうことにつながります。

カビの生えた楽器を吹くことは、体にとって良くありません。長期間保管していた楽器を久々に吹くときには、楽器店に持ち込んでしっかりカビの有無を見てもらってからの方が安心です。

管楽器の正しいケア・保管方法とは

管楽器のお手入れ方法


管楽器は保管する前に必ず丁寧にお手入れしましょう。手の脂や汗、楽器内部の水分をしっかりと取り除き、金属製の管楽器はグリスやオイルをさすようにします。なお、オイルは長期間保管する場合も定期的にさしておかないと、オイルが揮発し固着してしまうことに。

固着は、オイルが不足して菅が抜けなくなってしまうことを言います。固着によって無理に楽器の一部をひっぱり、楽器そのものが歪んでしまう、というトラブルはよくあることです。適した温度管理や湿度管理だけでは、固着によるトラブルは防ぎきれないのですね。

管楽器の保管方法


保管する時にはケースにいれて、直射日光を避けましょう。長期間保管する場所としては、押入れは湿度が高くなりすぎる傾向にあるため、そのまましまいっぱなしはNG。とはいえ、急激な温度変化や多湿に注意が必要なため、できるだけ温度変化の少ない場所に置き、ケース内の湿度に気を配りましょう。

ひとつの方法としては、乾燥剤を入れる方法がありますが、乾燥のしすぎはタンポがカピカピになってしまうこともあるため、楽器店などで販売されている加湿と除湿の両方ができるアイテムの使用をおすすめします。

ケース内の湿度対策には、乾燥剤に頼らず定期的にケースを開けて空気の入れ換えをすることが大事なポイントです。楽器に風を通し、キーをパタパタと動かすだけでもタンポの虫食いを防ぐことにつながります。

管楽器をしばらく吹かない場合も、メンテナンスを兼ねて1週間に1度はケースを開けて、空気の入れ替えをすると良いですよ。

管楽器の保管場所はどこがおすすめ?

夏のとても暑い日に、車の中に置きっぱなしにしてしまったなどの失敗の声がありますが、車の中はとても高温になる代表的な場所です。木製の楽器は割れてしまう恐れが高まりますので、車で移動する人は置き忘れに注意しましょう。

長期間保管する場合は、できるだけ温度変化が少なく湿度も一定に保たれている場所が良いです。たとえ家の中だとしても、場所によっては日が射したり、空調の近くだったりすると、温度変化が激しくなります。窓のそばや、押入れ、水回りは湿気が高くなりやすいなど、家の中でも油断できません。

管楽器は、種類により大小さまざまですが、ケースに入れるとかさばりがちです。フルートなどは比較的コンパクトですが、サックスやファゴット、トロンボーンなどになると、ケースも大きくて場所をとってしまいますね。

そういった大きさの理由から、自宅での保管が困難な場合もあるでしょう。近年では、トランクルームを利用する人が増えてきていますが、トランクルームは企業だけでなく、個人で利用するケースも多いです。トランクルームの中には、管楽器の保管に適した環境のサービスもありますので、保管場所としてはおすすめです。

管楽器の保管に最適なトランクルームとは

トランクルームには、大きく分けると屋内型と屋外コンテナ型の2種類があります。どちらも、自宅の収納に困っている人にとっては便利なサービスですが、それぞれ特徴が異なるためあらかじめ預けたいものの保管場所として適しているか、確認しておくことが大切です。

屋外コンテナ型トランクルーム


屋外コンテナ型トランクルームは、トランクルームのすぐ目の前まで車で乗り入れできるケースが多く、大きな荷物を運搬する時には利便性が高いです。トランクルームへの出し入れは、空いた時間に気軽に行える自由さも特徴のひとつです。

しかし、屋外コンテナ型のトランクルームは、空調設備や湿度管理が不十分な場合が多いです。温度変化や湿気に影響されないものの保管には適していますが、服や本などのカビが発生しやすいものや、温度変化に敏感なものの保管にはあまりおすすめできません。

屋内型トランクルーム


屋内型トランクルームは、温度や湿度が一定に管理されているところが多いです。自由に好きな時間に出し入れすることは難しい場合もありますが、言い換えればセキュリティ面がしっかりしているところが多いということです。

もちろん、屋内型トランクルームでも空調や湿度管理の方法はそれぞれ異なるため、事前に確認することをおすすめします。

管楽器は、温度や湿度への対策が不可欠です。トランクルームで管楽器を保管するなら、温度管理と湿度管理が行き届いた屋内型トランクルームがおすすめ。利用料金だけで判断するのではなく、こうした設備面も確認し、管楽器の保管に適したものを選びましょう。

宅配型トランクルームもおすすめ!


屋内で保管するトランクルームの中には、宅配で荷物を預けることができる宅配型トランクルームというサービスもあります。屋内倉庫へ保管するサービスが多く、温度・湿度管理やセキュリティ対策がしっかりしているサービスも多くあります。

比較的小さいサイズしか預けられないことが多いですが、そこまで大きくない管楽器を保管する場合は最適と言えるでしょう。スペースが小さい分、価格も大変リーズナブル。月々数百円で利用できるトランクルームもあるため、試してみるのがおすすめです。

管楽器は、長期間保管する場合も定期的なメンテナンスが欠かせません。トランクルームに預ける場合も、出し入れしやすい環境にあるトランクルームだとメンテナンスの手間も負担になりませんね。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、管楽器のお手入れ方法や、長期保管する際の注意点、おすすめの保管場所についてご紹介しました。

管楽器はとても繊細です。正しい方法で保管しないと、壊れてしまう恐れもあります。また吹きたいと思った時のために、良い状態を維持することはとても大事です。屋内で保管できるトランクルームは管楽器の保管におすすめですが、定期的に取り出してケースを開け、風通しをよくすることをおすすめします。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる