大事な思い出!賞状を長くとっておくのにおすすめの保管方法とは
サムネイル

親が捨てずにとってくれていた賞状、みなさんはどうしていますか?また、お子さんのいる家庭で、次々と増えていく賞状や思い出の保管に困っていませんか?

賞状の保管については、なかなか活用する場面がないだけに保管し続けるべきか悩んだり、きれいに保管する方法が分かりにくかったりと、頭を悩ませる家庭も多いです。

ここでは、賞状を長く良い状態で保管するための方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

賞状の保管に悩む理由

賞状は、幼い頃からもらったものをすべて集めるとかなりの量になりますね。幼稚園や保育園で先生からもらった手書きの賞状、習い事の成績をおさめた賞状、部活動の成果、卒園・卒業証書、資格などの合格証書など、これまでの人生で評価を受けたり、学んできたことの証はとても多いことがわかります。

子どもの成長を楽しみにしている親の立場としては、子どもが大きくなるまで大事に保管して、独立する時に渡してあげたいと考える人も多いでしょう。しかし、その気持ちとは裏腹に、大量の賞状をすべてとっておくべきか悩んでしまう人も多いです。なぜなら、賞状はなかなか手に取る機会がないのが分かっているにも関わらず、とてもかさばってしまうから……。自宅の収納に苦労している人は、かさばる賞状をすべて保管することはそれだけで貴重な収納スペースをとってしまいますね。

さらに、賞状の保管方法も、人によってまちまちで、何が正しい方法なのか分かりにくいと感じる人が多いでしょう。賞状はしっかりとした厚紙ではありますが、やはり紙なので湿気や日焼けから守る必要があります。そして、一度折り目がついてしまうと、見た目を損なってしまいます。

賞状を美しく保管するには、カビや焼け、形の維持に注意が必要です。そのためには、保管に適した場所を選ぶことが重要です。

賞状の正しい保管方法とは

賞状の保管方法は、人により個性が出やすいですね。例えば、卒業証書をもらう際に一緒についてくる筒に、その時代にもらった賞状をまとめて入れて保管する人や、筒ごとに卒業証書、資格の合格書、部活の賞状などのカテゴリ分類して入れる人もいますね。

できる限り額縁に入れて保管する人や、バラバラの大きさの賞状を折っておおよそ同じ大きさに揃える人など様々です。

それぞれの賞状の保管方法の問題点

これらの方法も、その人に合っていると感じているのなら、悪くはありませんが、美しく保つといった意味では不十分ですね。

まず、卒業証書を入れるための筒は、ホコリや焼けから賞状を守ることはできますが、くるくるにした賞状は時間が経つごとに丸く型がついてしまい、反対方向に丸めて平らな状態を保とうとしてもなかなか元には戻らなくなります。筒の数が増えるとそれだけかさばってしまいますから、大量の賞状を美しく保管する方法としては不十分です。

また、額縁に入れる方法は、平らな状態で美しく保つことやホコリから守ることができます。しかし、大量の賞状それぞれに額縁をつけるとなると、お金もそれなりにかかりますし、かさばり重くなるでしょう。飾るスペースにも限りがあるでしょうから、あまり現実的とは言えませんね。

クリアファイルなどの大きさに合わせて賞状を折り、ひとまとめにする方法はコンパクトに収めるには便利な方法です。収納場所があまりない家では、このような方法をとっている人も少なくありません。しかし、一度折り目をつけた賞状は、美しさを損ないます。

賞状を撮影して、デジタルデータに保管し、賞状自体は処分する人もいます。一番コンパクトに収納するという点では、これ以上のことはありませんが、卒業証書や合格証書など提出を求められる機会が生じた時には困ってしまうかもしれません。また、思い出の賞状の実物を手に取れないという、デメリットもあります。

賞状の保管に適した方法


賞状は、折り目などをつけずに、美しさを維持したままコンパクトに保管したいですよね。そして、カビが発生しないような、湿度が高くなりすぎず、日焼けしない場所を選ぶことが大事です。

近年では、賞状ファイルを活用する人が増加しています。賞状ファイルは、A3サイズのアルバムタイプや、クリアケースタイプがあります。

様々な形の賞状があっても、A3以上の賞状はなかなかありませんから、賞状ファイルはA3に対応しているものが便利です。賞状ファイルを使うと、ホコリや焼けから守ることができます。さらに丸めたり折り畳む必要もないため、大量の賞状をコンパクトに収めることが可能です。

賞状の保管場所はどこがおすすめ?

賞状は、直射日光のあたらない、湿度が高くなりすぎない場所での保管がおすすめです。せっかく折り目をつけずに美しく保管できたとしても、日光による焼けや多湿によるカビが発生した場合、美しさからはかけ離れた状態になってしまいますね。

賞状ファイルにコンパクトにまとめて収納場所に困らなくなったとしても、自宅の収納スペースには限りがありますから、普段あまり手に取ることのない賞状は押入れの奥深い場所や、すぐに取り出すことができない場所に保管しておいても構わないと考える人は多いでしょう。

賞状とセットのようについてくる思い出の品は、それこそ保管場所に困るものの定番でもあります。たとえば、幼い頃に作った作品、大量の写真、賞状と一緒にもらったトロフィー、資格の取得までに使った教科書など、ふだんの生活では必要がないけれど、捨てることのできない思い出の品は、賞状と一緒にトランクルームに預ける方法がおすすめです。

賞状の保管に最適なトランクルームとは

賞状の保管は、紙類の保管に適したトランクルームがおすすめです。紙類は、湿気によって形が変わったりカビが生える恐れがあるため、湿度の管理はマストとなります。

トランクルームには屋外コンテナ型と屋内で保管するタイプがありますが、屋外コンテナ型の多くは湿気対策や空調設備が不十分な場合が多いため注意が必要です。屋外コンテナ型は、比較的広いスペースで車での搬入出が便利な場所が多いため、温度や湿度管理の必要がないものの保管には適していると言えるでしょう。

屋内で保管するトランクルームは、空調設備完備、湿度が一定に保たれるように管理が行き届いているところが多い点が特徴です。預けたものの取りだしには、予約が必要となるケースが多いですが、セキュリティ面でも安心できるところが多いです。

屋内倉庫で保管するトランクルームには、宅配型も存在します。宅配型トランクルームは、荷物を預ける際に自分で荷物を運ぶ必要がなく、自宅にいながらものを預けることができるのが特徴です。宅配型トランクルームはサービスの提携倉庫で保管されることが多く、基本的には空調設備が完備された屋内倉庫となります。賞状やトロフィーといったアイテムはサイズが小さいため、宅配型トランクルームに適しています。

注意点としては、屋内で保管するトランクルームでも空調設備や湿気対策が不十分なところもあるため、契約する前には必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、賞状の保管方法や、保管に適した場所についてご紹介しました。

宅配型トランクルームの「trunk」は、空調完備、湿気対策もしっかり行われているため、賞状などの思い出の品を美しく保管したい人におすすめです。さらに、アプリから利用を申し込んだり、集荷依頼や取りだし依頼ができるため、かんたんに利用を始めることができるのもメリットです。

めったに取り出す必要のないものの保管には、トランクルームが便利です。空いた自宅の収納スペースを画期的に活用することにもつながるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる