たくさんあるTシャツの最適な保管場所や正しい保管方法教えます!
サムネイル

誰もが持っていると言えるほど、身近なファッションアイテムのTシャツ。部屋着にして気楽に着れるものから、おしゃれコーディネートに一役買うようなデザイン性の高いものまで、複数枚持っているという人は多いのではないでしょうか。

しかし、残念ながら何年も着続けられるようなタフなTシャツはなかなかないですよね。どんなにお気に入りでも、年月が経つとヨレヨレになってしまったり、何となくくたびれた感じになってしまうため、お気に入りの一着はあまり着ずに保管しておく、という人も多いでしょう。

ここでは、Tシャツの保管方法や正しいケアの方法、おすすめの保管場所についてご紹介します。

Tシャツの保管に気を付ける理由

Tシャツの保管でよくある失敗例を見てみましょう。

  • ハンガーに吊るしておいたら、肩のところに出っ張った跡がついた
  • いつのまにか色があせてしまった
  • 久々に取り出したらシワシワですぐに着れなかった
  • プリントがくっついてはがれてしまった
  • 衣替えで取り出したら虫食いが発覚した

これらの失敗、多くの人がいままでに経験したことがあるのではないでしょうか。Tシャツはとてもカジュアルな印象から、割りと気軽に扱ってしまいがち。しかし、保管方法を間違えるとこうした失敗が起こってしまうのです。

家でくつろぐ時に着るTシャツならまだしも、お気に入りや思い出深いTシャツはこんな失敗を避けたいですよね。特に、好きな歌手のライブTシャツや、サークルで作ったオリジナルTシャツ、好きなスポーツ団体の応援Tシャツなど、良い思い出がよみがえるようなTシャツは、いつまでも長く美しい状態で保管したいと考える人が多いでしょう。

Tシャツは、変形、プリントはがれ、日焼け、虫食い、シワなど、洗濯や保管方法によってはトラブルが起きやすいアイテムです。こうしたトラブルを回避するには、正しい方法でケア・保管することが重要となります。

Tシャツの正しいケア・保管方法とは


Tシャツは洗濯が非常に大事です。衣替えの時には、必ずきれいに洗ってからしまいましょう。普段の洗濯の方法を少し変えるだけでも、Tシャツの劣化を遅らせることができます。

Tシャツの洗濯方法


Tシャツは、洗濯の回数が増えれば増えるほど劣化してしまいます。だからといって、夏場に着たTシャツを洗わないなんてことはできませんよね。一番Tシャツに優しい洗濯方法は、手洗いです。

すべてのTシャツを手洗いするとなると、時間がかかって大変だと感じるかもしれませんが、お気に入りの1着に限り手洗いと決めれば、そこまでの負担にはならないのではないでしょうか。

Tシャツを手洗いする時は、ぬるま湯を使います。これは、皮脂を落としやすくするためです。洗剤は、プリント劣化につながるため漂白剤は避けましょう。優しく洗うことを心がけ、脱水は絞らずにタオルではさんで水気をきります。

ハンガーに干す際は、ふたつ折りにして首や肩のラインに負担をかけないようにすると跡がつきにくくなります。

手洗いが面倒、時間がないという人は洗濯機で洗濯しますよね。洗濯機での洗濯の際は、Tシャツを裏返しにして、表面が内側にくるようにします。そして、ネットに入れると他の衣類とのこすれを防ぐことができ、プリント面の劣化を遅らせることができます。

Tシャツの正しい保管方法


衣替えで大量のTシャツをしまうとき、どのようにして保管しますか?ハンガーにかけるケースと、畳んでしまうケースの両方があるかと思います。

ハンガーにかける場合、肩ラインや襟の型崩れを防ぐ必要があります。肩のラインが丸みを帯びたハンガーを使うと、ぽっこりとした跡がつきにくくなりますが、長期的な保管には適していません。特に、重たい生地のTシャツの場合、どうしても跡がつきやすくなってしまいます。

次のシーズンまで使わないTシャツは、きれいにアイロンをかけてたたんでしまう方法がおすすめです。アイロンは、プリント面を守るためにあて布を使いましょう。

保管場所は、日光が当たらない場所を選び、湿気にくい場所がおすすめです。透明な衣装ケースなどに入れている場合、日光が当たるとその部分だけが日焼けして色褪せてしまうため注意が必要です。

また、湿気はカビが発生する恐れがあるため、除湿剤を置いたり、定期的にクローゼットや押し入れなどTシャツを保管している場所の風通しをよくして湿気対策をしましょう。虫食いに対しては防虫剤を活用すると簡単で便利です。

Tシャツの保管場所はどこがおすすめ?

Tシャツは、案外枚数が多くかさばりがちですね。自宅のクローゼットや押し入れも良いですが、湿気対策や日焼け対策が必須です。

季節ものなど、しばらく取り出さないものの収納として便利なのがトランクルームです。自宅に収納場所が限られていて、窮屈な場合や、適した環境で大事なものを保管したい場合、近年はトランクルームを利用することを選択する人も増加してきました。

トランクルームと聞けば、貸倉庫をイメージする人も多いですが、個人で利用しやすいサービスもたくさんあります。特に、Tシャツなどある程度コンパクトなものを複数保管したい場合、小さなスペースに預けられる屋内型のトランクルームが便利です。

Tシャツの保管にトランクルームをおすすめする理由

Tシャツは、良い状態を維持するために日焼けや湿気から守る必要があります。また、型崩れを防止するためには、詰め込みすぎはよくありません。自宅の収納スペースが狭い場合、どうしてもぎゅうぎゅうにして詰め込んでしまいがちですが、こうするとせっかくの大事なTシャツの見た目が損なわれてしまいますね。

トランクルームを利用することで、自宅の収納場所が狭い場合の悩みは解決します。さらに、空調や湿気対策がしっかりしているトランクルームを選べば、保管に適した環境でTシャツを置いておくことができます。

宅配でものを預けられるトランクルーム「trunk」のサービスを利用すると、空調完備で湿気も一定に保たれた空間でTシャツの保管が可能です。さらに、アプリで集荷や取りだしの依頼を行うことができるため、自宅から距離がある場合や、自家用車を持っていない人が利用する際にもとっても便利。

預けたTシャツは1枚ずつ写真におさめて管理されるため、何を預けているのかをすぐにアプリで確認できます。

Tシャツと一緒に、夏物衣類をまとめて預ければ、衣替えの時期に取り寄せて交換、という形で自宅の収納スペースがとてもスッキリするでしょう。

トランクルームには、屋内型と屋外コンテナ型があります。Tシャツの保管に関しては、湿気から守る必要があるため、屋外型トランクルームや屋内型の湿気対策が不十分なトランクルームは避けた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、Tシャツの保管に気をつける理由や、おすすめの洗濯の方法、保管場所についてご紹介しました。トランクルームは、個人で利用しやすいサービスとなっています。趣味のものや思い出深いものなど、大事にしたいものの保管に適したトランクルームなら、Tシャツも安心して預けられますね!

これまでTシャツの保管に困っていた方や、長く美しい状態を保ちたいと願っている方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。自宅での保管場所に困ったら、トランクルームの利用も選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる