収納整理整頓
クローゼットの収納のコツは上段を活用することにあった!
サムネイル

お部屋が片づかない……服が散乱している……という人の多くは、クローゼットの収納がうまくいってないケースが多いです。クローゼットの上段をうまく活用できていないのですね。もし、心当たりがある人は、一度クローゼットを開けてみましょう。

クローゼットの中が散乱していると、もはやしまい込む気すら起きませんね。また、一見整っているようにみえても、実は機能的でない、出し入れしにくい、空間をきちんと活用できていないなど、改善ポイントが見えてくる場合があります。

今回は、クローゼットの収納の中でも、上段を上手く活用するアイデアをご紹介します。クローゼットの上段を上手に使うことができれば、今よりももっとクローゼットの使い勝手がよくなったり、お部屋に散乱する服の整理ができるかもしれませんよ!

クローゼット上段に収納したいものとは?

クローゼットには、たいていハンガーをかけるためのパイプがあって、その上に棚がありますよね。この棚は、枕棚と呼ばれていますが、案外このスペースを上手に使っていない人が多いのです。

確かに、クローゼットの上段となると、高さは2mくらいになりますから、自分の身長よりも高い場合が多いでしょう。そのため、使いにくくて活用していないという人も。

しかし、使わないのはとてももったいない!上手にこのスペースを活用すると、今よりもっとクローゼットがすっきりします。

クローゼットの上段には、デイリーで使用するものはあまり置かないほうがよいです。なぜなら、取り出しづらいから。そのうち、部屋の片隅にぽいっと投げてしまうようになりかねません。

そういった理由から、クローゼットの上段には取り出しやすいもの、軽いもの、普段あまり使うことがないものを収納するのがおすすめです。例えば、カバン、帽子、オフシーズンの衣類、特別な日にしか着ない服や小物などです。

特に、オフシーズンの服を収納すると、デイリーで利用する服としっかり分けることができ、衣替えも入れ替えるだけなので楽ちんですよ。

特別な日にしか使わないものといえば、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭関連が思い浮かびますよね。ドレスや礼服はハンガーにかけておいた方がよい場合もありますが、バッグやコサージュなどの飾り、ストールなどはまとめておいた方がいざという時にもスムーズです。

その他には、会社の忘年会で着た衣装や、将来のためにとっておきたい子ども服なんかもあるでしょう。

これらの服は、すべてデイリーで使うものではありませんね。他にも、年に何回しか着ることのない服や小物類は、クローゼットの上段に収納しておきたいものとなります。

クローゼット上段の収納のコツ

クローゼット上段は、高さがあり取り出しにくい位置にあるため、機能性を重視すべきです。クローゼットの奥行きや高さ、幅を考慮し、基本的にはアイテムを直に置くのではなく、箱や袋に入れて収納します。

アイテムを直に置くと、無駄なスペースができてしまう他、ごちゃごちゃした見た目にもなりがち。見た目を重視したい人は、せめてカバンを並べる程度にとどめておいた方が無難です。もちろん、ウォークインクローゼットなど、比較的スペースに余裕がある場合は、靴や帽子などを並べてディスプレイ的な配置もよいですね。

クローゼット上段は高い位置にあるため、奥に何かが置いてあっても見えづらいため、手前から奥まで一つの塊として整理すると便利です。サイズに合う箱などを用いて、まとめてしまえば取り出す時も簡単ですね。

横幅が広いクローゼットの場合は、いくつかの箱が置けるでしょう。色や柄、デザインなどを統一するとすっきりしておしゃれです。

クローゼット上段の収納におすすめのアイテム

クローゼット上段は、できるだけカテゴリ分けし、ある程度まとめておくと取り出しに便利で整理しやすいです。そのため、奥行きや高さ、幅に合ったサイズのストレージボックスがおすすめ。

ストレージボックスは、収納用の箱のことで、素材やサイズ、デザインは様々です。複数のストレージボックスを置く場合、同じ種類のものや色、素材を揃えると見た目にもすっきり。特におすすめなのは、麻などの布や段ボール材でできた軽いタイプのものです。

麻のストレージボックス

麻などの布製のストレージボックスは、軽くて扱いやすく、底の部分と開口部にはワイヤーで形が崩れないようにしてあるものが多くあります。側面が固定されていないため、使わない時には畳めるのも魅力。

以外と強度があり、しっかりした印象です。布なので、多少いびつな形のものを収納しても収まりやすい点が嬉しいですね。ロゴなどのデザインが施されたものも多く、カジュアルな雰囲気のお部屋にぴったりです。

女の子の部屋にはかわいい布製のストレージボックス

布製のストレージボックスは、デニム生地やキャラクターなどのプリントが施されたもの、ガーリーな柄のものなど、自分の好みにあったものが見つけられる可能性が高いです。

ダンボール材のストレージボックス

軽いため、何かと重宝する段ボール。茶色の一般的なダンボールを収納に活用するよりも、ストレージボックスとして販売されているものの方が、デザインや使い勝手はよいですよ。

布製のストレージボックスやダンボール材のストレージボックスは、100円ショップでも販売されています。とても安価で入手できる点も魅力ですね。その他には、プラスチック製やバスケット風のものもあります。

プラスチック製のものはサイズの種類が豊富なため、小物の収納や隙間収納に便利です。バスケット風のストレージボックスは、ナチュラルテイストな部屋に合いそうですね。

クローゼット上段の収納実例

それでは、実際にどんな風に収納していったらよいのでしょうか?片づけが苦手という人は、いくつかの実例を見て一番自分の好みに合うものを真似してみてはいかがでしょうか。

取手付きのストレージボックスで取り出し楽ちん♪


取手がついているストレージボックスは取り出しがとっても楽ちんになります。クローゼット上段の高さに合ったサイズを選ぶことがポイント。隙間を作らないことで収納スペースが最大限に活用できます。

空間に合わせて複数のサイズを組み合わせる


ダンボール材のストレージボックスを大小違うサイズで組み合わせます。靴下などの小物類は小さな箱、衣服は大きい箱と分類して入れることができます。複数のサイズを組み合わせることで、デッドスペースが生まれずスペースが無駄なく使えます。

敢えて段を増やして積み重ねない方法もアリ!


ストレージボックスは、積み重ねできるようなデザインのものも多いですが、積み重ねてしまうと取り出すときに面倒ですよね。敢えて段を増やすことで、積み重ねなくてもよいような空間を作ることが可能です。

特に、クローゼット上段の高さが十分にある場合は、段を足すことで収納が便利になることも。賃貸などで工事ができなくても大丈夫です。突っ張り棒で固定する棚を設置すれば、簡単に段を設けることができますよ。複数の段を設けると、重ねる必要がなくなるため、複数のストレージボックスを置きたい時にも便利です。

縦長のストレージボックスで本や資料も収納できる!

縦長のストレージボックスには、本や資料などを入れると便利です。保存しておきたいアルバムや、プリントなどは縦長のストレージボックスが便利ですね。ただし、クローゼットは湿気がこもりやすいため、除湿材を入れるなどして対策をしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
ワンルームで暮らしている場合や、家族が多い場合、手持ちの衣類やファッション小物と収納スペースの大きさがマッチしない場合があります。できるだけスペースを有効活用するために、クローゼット上段もデッドスペース化しない工夫が必要です。こうすることで、収納の狭さに悩んでいる人も、少し使いやすい空間に変わる可能性があります。

クローゼット上段には、ストレージボックスを上手に活用して、すっきりと取り出しやすい収納を心がけましょう!

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる