更新日: 寝具

毛布の収納、保管方法まとめて解説、4つのオススメアイテム、収納場所の紹介

毛布の収納、保管方法まとめて解説、4つのオススメアイテム、収納場所の紹介
寒い時期には重宝をした毛布も、温かくなってくると必要なくなります。シーズンオフになった毛布は、次のシーズンもきれいに使うためにもきれいに保管しておきたいものです。では、どうやって収納しておくのがベストなのでしょうか? 本記事では、毛布のおすすめの収納方法や、オススメアイテムや、収納に最適な場所についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

毛布を収納する際の大事なポイント

毛布 毛布収納のポイントは「洗ってから収納すること」です。 毛布を収納する場合、まずは毛布をきれいにしてから収納をすることが大切です。一冬の間使った毛布は、ホコリや汗や皮脂などで大変汚れています。汚れたまま収納したら、ほこりやダニなどが付いたまま保管することになってしまいます。 まずは洗濯をしてきれいにしましょう。毛布に洗濯機や手洗いのマークがついている場合、洗濯機で水洗いできます。洗濯機に毛布が入りきらない場合には、浴槽に水をはって毛布を手洗いすることも可能です。洗剤を使った後は柔軟剤を使えばふんわりと仕上げることができます。 しっかりとすすいで水を絞った後は屋外でしっかりと乾かしましょう。直射日光の下で干してもよいですが、日陰マークの表示がある場合には、陰干しをするようにしてください。 しっかりと陰干しをして完全に乾かした後は、大きめのブラシでブラッシングをするとほこりがとれる上に、毛布の毛が整うのでさらに手触りがよくなります。

毛布の収納・保管に最適な場所

収納場所 毛布の収納におすすめの場所は押し入れだと思っている方が多いでしょうが、毛布の収納におすすめの場所は他も含め4つあります。
  • 押し入れ
  • ウォークインクローゼットの空きスペース
  • クッション代わりで見せる収納
  • 自宅以外の場所
毛布を長方形の大きさに折りたためば、押し入れにきれいに収まります。必要ない布団と一緒に収納することができます。 押入れがいっぱいの場合には、ウォークインクローゼットの空きスペースに毛布を収納することも可能です。毛布は畳めば小さくなるので、それほど大きなスペースを必要としません。すき間を上手に利用して収納をすることもおすすめです。 毛布をクッション代わりにして見せる収納をすることもできます。毛布をそのまま部屋の片隅に置いてもいいですし、毛布の上に布をかぶせて簡単なクッションにすることも可能です。斬新なアイディアですが、収納場所に悩む必要がなくなりますね。 自宅に収納スペースがない場合、自宅以外の場所に収納をする方法もあります。例えば、自分の実家に毛布を送って収納をしてもらう方法があります。実家が近いと自分で毛布を運んでいくことができますが、実家が遠いと宅配便を使って送ることになるので、多少手間がかかります。 また、最近多くの人が利用している宅配型トランクルームを使う方法もあります。例えば、カラエトなど月額500円〜利用できるトランクルームを利用すれば自宅に保管、収納できないものを一時的に預けておくことができ大変便利です。

毛布の収納におすすめの4つのアイテム

毛布収納 毛布の収納におすすめのアイテムは4つあります。
  • 布団用のクリーナー
  • すのこ
  • 収納カバー
  • 圧縮袋
以上がおすすめアイテムです。ではそれぞれ説明していきます。

布団用のクリーナー

布団用のクリーナーがあれば便利です。きれいに洗って干した後はダニやほこりが亡くなっている可能性が高いですが、屋外に毛布を干すとほこりがついてくることがあります。念入りにきれいにするために、レイコップのような布団用のクリーナーを使うと徹底的にきれいにすることができます。

すのこ

押し入れに毛布を収納する時には、すのこを利用することがおすすめです。湿気が多い押し入れは、せっかく洗濯をしてきれいにした毛布が湿気でカビてしまう可能性があるのです。押入れには風が通り抜けるスペースがないため、湿気が溜まりやすいです。 すのこの上に毛布を収納することで、通気性がよくなるので湿気を防ぐことができます。すのこは100円ショップなどで売られており、押入れにぴったりはまる大きさのものもあります。手に入れやすいものなので、押し入れに収納する際はぜひすのこを利用しましょう。

収納カバー

収納カバーの中に毛布を収納すると、ホコリから守ることができます。また、収納カバーに入れると押入れだけではなくクローゼットなどの空きスペースに収納することもできます。 最近はクッションとして使うことができる収納カバーもあります。毛布を入れてクッションとして使うことができれば、収納場所がなくても困ることがありません。

圧縮袋

圧縮袋に毛布を入れて収納をすると、通常の収納袋よりも小さくすることができるので、狭いスペースにも収納をすることができます。圧縮袋に入れると、ベッド下の狭い引き出しにも収納することができ便利です。圧縮袋には2種類のタイプがあり、掃除機を使って圧縮するものと手を使って圧縮するものがあります。 圧縮する時には最大までカチカチにならないように気を付けましょう。空気を抜きすぎてしまうと、圧縮袋が破けてしまう恐れがあります。 また、毛布が平らにならず反ってしまうので、毛布を重ねると無駄なスペースができてしまいます。毛布のふんわりとした風合いが損なわれることもあります。毛布が1/3程度の大きさになるように圧縮をすると、毛布が平らになるので重ねて収納しやすいでしょう。

毛布のおすすめ収納・保管方法

クッション 毛布の収納でおすすめする収納方法を4つご紹介します。

筒型の収納袋を利用する

通常の収納袋の場合には、毛布を長方形に畳んで収納しますが、筒型の場合には、毛布を立てて収納することができます。立てて収納すると寝かして収納をするよりもスペースを取られません。

クローゼットの空きスペースを利用する

クローゼットに洋服を掛けていると下に空いているスペースができます。その下にラックを置くと、ラックの下と上に毛布を収納することができます。クローゼットは普段から開閉を何度もするので、ほこりがつかないように毛布を収納袋に入れてから収納をしましょう。

ベッドの下のデッドスペースを利用する

ベッドの下に引きだしがついている場合には、布団圧縮袋に毛布を入れて厚みを小さくしてから収納をしましょう。そうすれば、毛布がかさばることもなく収納できます。引き出しがないけれど、ベッドの下に空きスペースがある場合には、ベッド下に収納ボックスをおきましょう。その中に圧縮袋に入れた毛布を入れると、デッドスペースが収納スペースに早変わりです。

おしゃれなインテリアとして利用する

一見するとクッションやぬいぐるみのように見えますが、実は中には毛布が入っているものがあります。毛布の収納袋がそのままクッションとして使えるようになっているものを選んでみましょう。シンプルなタイプから可愛い動物のイラストが描いてあるようなものまでいろいろあるので、インテリアとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛布、寝室 シーズンオフになった使わない毛布を収納する時には、まずはきれいに洗濯をしてから収納すると次のシーズンもきれいなまま使うことができます。押入れに収納する時には湿気を取り除いてから収納しましょう。どうしても収納場所がない場合には、クッションになる収納袋に入れて見せる収納をすることもできます。 見せる収納はしたくないが、家の中に収納できるスペースもないという場合には、宅配型トランクルームを利用することも検討してみてはいかがでしょうか。自宅から、宅配便でアイテムを送るだけで保管してくれるサービスです。 参考:【月額500円】短期契約するなら、トランクルームよりも宅配型収納サービスがお得な3つの理由
箱に詰めて送るだけ!1箱240円〜で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について箱に詰めて送るだけ!1箱240円で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について
無料会員登録はこちら無料会員登録はこちら