ジーンズの保管方法を知っていますか?簡単お手入れで長持ちさせよう
あなたにオススメの記事
記事UPDATEサムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

どんな服とも組み合わせしやすいジーンズ、たくさんの種類を持っている人は多いでしょう。特におしゃれ好きな人にとっては、丈の違うもの、色が違うものなど、さまざまなタイプのものを一つずつ持っておきたいというこだわりもあるはずです。

しかしジーンズは、意外と保管方法に気をつけなければいけないデリケートな衣類でもあります。お手入れの方法や保管の仕方をしっかりとマスターし、お気に入りのジーンズを傷ませることはぜひ避けたいところですね。

今回は、ジーンズの正しい保管方法やおすすめの保管場所についてご紹介していきたいと思います。

ジーンズの保管に気をつける理由

ジーンズは正しい方法で保管していないと、生地を傷ませる原因になります。ジーンズを汚れたまま放置しておくと生地の酸化を招き、ヨレや虫食いなどに繋がる可能性が出てきます。

特にジーンズは、保管の仕方として色落ちや縮みなどを気にするせいで、洗濯をあまりしないという方法を取る人がいます。結果から言えば洗濯はした方がよいのです。 洗濯をあまりしないのであればますます汚れが残りやすくなってしまうからです。生地を守ろうとして洗濯を避ける反面、汗や皮脂、垢などの汚れを残しやすくなるというリスクを高めているのは確かなのです。

また、ジーンズは生地が比較的厚いため、水分を帯びても乾きにくく湿気やすいという特徴があります。洗濯後や雨に濡れた状態のジーンズを乾ききっているかどうか確認せずしまってしまう可能性が、他の衣類よりも高いということです。ジーンズを保管する際は、保管場所、保管方法をしっかりと理解する必要があります。

ジーンズの手入れ、保管方法とは

では、実際にジーンズを大切に保管するための手入れ方法、保管の仕方を見ていきましょう。

ジーンズは定期的に洗う

ジーンズは洗濯しない方がよいという話をよく聞きますが、実際のところは洗濯した方が生地をしっかりと保つことができます。前述したように洗わない状態をずっと続けていると生地には汚れや湿気が溜まり、結果として生地の酸化を招きます。

洗濯方法を間違えなければ、ジーンズは洗った方が長持ちするものです。洗濯する際のコツとしては、洗濯槽の中で生地を傷めないためにも裏返しにして洗うこと、洗剤は中性洗剤を使うことがおすすめです。中性洗剤は色落ちのリスクが低いという利点があります。

ちなみにほとんどのジーンズは、1回目の洗濯である程度色落ちする可能性があるのは事実です。最初はジーンズのみで洗濯するようにし、他の洗濯物と一緒に洗ってしまわないように気をつけましょう。

風通しのよい日陰で乾かす

洗濯したジーンズを干す時は、風通しのよい日陰で干すようにしましょう。直射日光が当たる日なたは避けるようにしてください。

ジーンズは直射日光にも弱いという理由があるからです。直射日光を浴びるとジーンズは変色しやすく、せっかく色落ちを抑える工夫をしてジーンズを洗っても、干す場所を間違えると台無しになってしまいます。

湿気の少ないところで保管する

ジーンズを保管する際は、湿気の少ないところで保管することを心がけましょう。ジーンズは特に一度湿気を帯びてしまうと乾きにくく、カビが生えたり虫が湧いたりなどの原因になります。

温度変化の激しい場所、水場の近くなどは避けるべきです。また、クローゼットやタンスの中に保管する際は、防虫・防湿対策をしておくとさらによいでしょう。

ジーンズの保管場所はどこがおすすめ?

では、ジーンズの保管場所としてはどんな場所が適しているのでしょうか。おすすめの保管場所は以下の通りです。

タンス、クローゼットで保管する場合

自宅の洋服ダンスや、クローゼット内に保管する際は、まずは通気性のよさや湿気が少ないことに気を配りましょう。収納する際はまずしっかりと乾いているかどうかをチェックし、あまり詰め込みすぎないように収納することが大切です。

詰め込みすぎると通気性が悪くなり、カビの原因にもなり得ます。ジーンズをたくさん持っている人は、ジーンズ専用の引き出しやクローゼットを用意するのもありでしょう。

衣装ケースで保管する場合

衣替えでオフシーズンの服を収納しておく衣装ケースも、一つの保管場所としてはありです。こちらも詰め込みすぎないこと、湿気対策を徹底することを忘れないようにするべきです。

ただ、防虫剤などを入れているからといって外の物置などに放置しておくことは危険です。屋外のように温度変化しやすい場所は、ジーンズの保管環境としてはあまりに劣悪でしょう。温度が高まったことで生地が傷んでしまう可能性があります。衣装ケースを仕舞っておく収納場所自体の環境にも、しっかりと気を配るようにしましょう。

それでも保管場所に困った際は、自宅以外の保管場所として宅配型のトランクルームを利用するのもありです。次からは、そんな宅配型トランクルームの概要を解説しつつ、保管場所としておすすめな理由を見ていきたいと思います。

ジーンズの保管に宅配型トランクルームがおすすめな理由

まずは、トランクルームのサービスをご存知でしょうか。トランクルームは、自宅以外の場所に倉庫や収納スペースといった物の保管場所を持つことができるサービスを言います。

最近ではこのトランクルームのサービスを利用し、増えた服や書籍などを預ける人が急増しています。ただ、ジーンズの保管だけを考えるとトランクルームほどの広いスペースを持て余してしまいがちです。

そこで、おすすめしたいのが宅配型のトランクルーム『CARAETO(カラエト)』です。

高温多湿になりにくい保管場所

まず一番のおすすめポイントとして挙げられるのは、高温多湿になりにくい保管場所という点です。宅配型のトランクルームであるため、24時間365日、空調の完備した場所にジーンズを保管しておくことができます。

ジーンズを長持ちさせるため、湿気の少ない保管場所を選択することはとても重要です。家の中に保管しておくにしても、よい環境がなくて困っている……という場合にはCARAETO(カラエト)を活用しましょう。

いつでも好きなものを出し入れできる

宅配型トランクルームのCARAETO(カラエト)は、ダンボール単位で使用することができます。また、宅配型であるため自宅に居ながら、いつでも好きなものを簡単に出し入れすることができるというメリットがあります。ジーンズ以外の服やそのほかのアイテムを預けたいときにも便利です。

服をコレクションしている人は、ジーンズ以外にも保管場所に困っているものはたくさんあるでしょう。140サイズのダンボールに収まる範囲で保管することができるため、これを機にクローゼット内を整理したい人にもおすすめです。

ジーンズの保管なら断然CARAETO(カラエト)

宅配型トランクルームのCARAETO(カラエト)はダンボール1箱分から利用できるため、ジーンズなどのちょっとしたものを預けたい時に非常に便利です。利用料金も1箱月額500円という安さを誇ります。一般的なsトランクルームと比較すると、圧倒的なコストパフォーマンと言えるでしょう。ジーンズの保管ならカラエト!間違いありません!

まとめ

いかがでしょうか?
ジーンズはデリケートなアイテムの一つなので、保管方法や手入れには気を配る必要があります。おしゃれアイテムとして幅広く活躍するジーンズですから、できれば長持ちするように扱っていきたいですよね。

保管方法や手入れの仕方に迷ったときは、ぜひ以上のポイントを参考にしてみてください。保管場所に困ることがあれば、宅配型トランクルームCARAETO(カラエト)を活用しましょう。自宅以外にもよい環境の保管場所を持つことができるため、ジーンズ以外のものを預ける際にもきっと重宝するはずです。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて