収納整理整頓
老前整理とは?40~50代で動くべき理由やそのメリットを解説
サムネイル

40代50代になってくると、少しずつ60代以降の「老後」を意識し始めますよね。老後は具体的にどのような生活を送るのでしょうか?老後に向けて具体的な想像をしていくことはとても重要です。

最近は「気力・体力のあるうちに、老後の生活に向けて身軽になろう」という「老前整理」という考え方が浸透してきており、身体が動くうちに何が起こるかわからない老後に向けて、物を処分して生活を変えていくという人も多いようです。

この記事では今話題の「老前整理」とは具体的にどういった考え方なのか、実際に行う場合のポイント、そしてどういったメリットがあるのかを総合的にまとめてご紹介します。

老前整理とは

自分の死後、遺族が相続でもめる、残された家や故人の持ち物に困るといったことがないように、自分の持ち物や財産を自主的に片付けることを「生前整理」と言います。

それに対して「老前整理」とは、坂岡洋子さんという方が提唱している考え方で、老いる前にそれまでの人生を整理して身軽になり、その後の人生をよりよくする自分のための片付けのことを言います。気力や体力のあるうちに身軽になることで、後々の生活をより豊かに過ごそう!という未来志向の考え方ともいえます。

老前整理のメリットとは

少々面倒くさそうな老前準備ですが、メリットはあるでしょうか?40代〜50代で老前整理するメリットは、大きく3つ挙げることができます。

  • セカンドライフに備えて心の準備ができる
  • 部屋がすっきりし、老後も安全に暮らせる
  • 老後にゆとりが持てるので、ゆったりと過ごせる

40代〜50代である程度の整理をしておけば、定年後生活習慣が変わった後に慣れない状況下で「生前整理しなければ」「暮らしにくいから家を片付けなければ」という強迫観念に苛まれずにすみます。

また部屋がすっきりと片付くことで、体力がなくなって動きづらくなってからも安全に行動することができます。バリアフリーのリフォームも荷物が少なければやりやすくなりますよね。老後も老人ホームにはいるとなれば、家の管理は子供や親族に頼むことになり、気力・体力の追い付かない中で荷物の多い家を管理するのはとても大変です。

自分にいつ何が起きるかは誰にもわかりません。リスクが上がる老後にむけて、例えば読んでいない本、聞いていないCDなどから整理をし始めてみてはどうでしょうか。身近なところから手を付ければ、少しずつ身の回りが片付いていくはずです。

老前整理はどうやってやればいいの?

メリットが多い老前整理ですが、どういったことをしていけばよいのでしょうか?

「使うもの」と「使わないもの」に分ける

まずは断捨離からはじめてみましょう。老後に向けて、荷物が多くてよいことはありません。「使うもの」と「使わないもの」に分けて、使わないものは「使わないもの」として分類しておきます。使うものも、具体的にいつまでに使うものなのかハッキリしない場合は、使わないものとして分類することも視野に入れます。

「使わないもの」を「処分するもの」と「残すもの」に分ける

次に「使わないもの」を処分していきます。「使わないもの」の中であえて残すものはどういったものでしょうか?具体的には、その「使わないもの」が「数年以内に出番があるか」どうかを指針として、とくに予定がなければ処分しましょう。

「残すもの」を保留ボックスに入れて再考時期の期限を切る

処分するかそれでも迷うものは「保留ボックス」を作成し、それに入れます。この保留ボックスには期日を記入しておき、期日になったら再度「数年以内に出番があるか」を検討していきます。

処分方法

処分の方法ですが大きい物から処分することをおすすめします。大きいものがなくなると達成感を感じやすく、その後の老前整理のやる気につながります。ぜひ達成感を感じてやる気を出していきましょう。本や服は古本屋や古着屋、オークションサイトで処分すればお金にもなります。バザーに出して地域貢献するのもよいでしょう。動くのが億劫な場合は出張買取などを利用して、処分の負担を軽くしましょう。

そのほか処分しておくと後々楽になるもの

とくに今後面倒になりそうなものは、自分の為だけではなく何かあった時のために先に手を付けておくと心が楽になります。例えば以下のような物が考えられますよね。

  • いらないクレジットカードの解約
  • 自分の所有財産(通帳、カード、保険、家の権利書など)の詳細をまとめておく
  • 思い出の写真、アクセサリー、文集など
  • 必要な場合は墓じまい、永代供養の準備

上記のような残された子供や親族にとってどうしてよいのかわからないものや、残されても困る物は、元気な今のうちに整理整頓してしまいましょう。

老前整理を行う際のポイント

老前整理は慌ててやる必要があるものではありません。しかしだらだらやればいつまでも終わらず、意味のない行動になってしまいます。では具体的に、老前整理をするにあたって気を付けるべきポイントは以下おおきく4点です。

  • 1度に行わず、大まかなスケジュールを決めてゆるやかに行う
  • 物を捨てても思い出は消えない!要らないものはどんどん処分
  • 今後物を買う時は増やすに値するものなのかよく検討する
  • 家族の物には手を付けない

まずは先にも述べたように、だらだらいつまでも終わらない事態を防ぐため余裕のあるスケジュールを決めましょう。締め切りのある案件ではないので、無理のないスケジュールで問題ありません。辛くならない程度のざっくりとしたスケジュールで十分でしょう。

次に断捨離についてです。断捨離するにあたって思い出を重視して何も捨てられないのでは意味がありません。意識改革を行い「ものを捨てても思い出は消えない」を合言葉になるべく物を少なくしていきましょう。本当に必要なものは捨てるかどうか迷いません!意識改革をしないとまた物を増やしてしまいますし、「保留ボックス」の中がいっぱいになってしまいます。本当に使うものなのかよく考えましょう。思い出の子供の工作や、母親に作ってもらったバッグなどは写真を撮っておけば思い出は消えません。本当に使うものか考えて処分するか検討していきましょう。

そしてリバウンドさせないことも大変重要です。せっかく断捨離をして物を処分しても5年後にまた同じ部屋になっては意味がありません。ものをため込まないよう、収納にいれるものは8分目と思って詰め込まないようにしましょう。持っている物を定期的に見直して整理していくことも大切です。元の部屋に戻らないよう日々少しずつ部屋の中を見渡して、物がまた増えていないかよく考えて行動すれば大丈夫です。

最後に重要なのが「家族の物には手を付けない」ことです。勝手に捨てられては未練が残りますので、確認してから処分するか、手を付けずにそのままにしておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
老前整理について、主に処分していくものについて見ていきましたが、「エンディングノート」を作ってどういった老後を送りたいのかイメージを作ることも、老前整理をするにあたって重要な事です。どういった老後を送りたいのかを具体的にイメージすることで、本当に必要なものが見えてきますし、やる気にもつながります。

老前整理は老後自分の生活が楽になるようにするための行動です。決して無理をしてまでやる事はありませんので、あまり思いつめずにゆっくりとできる範囲で進めていきましょう。老前整理をすることで、60歳以降どんな生活や生き方をしていきたいのか考える機会にもなります。ぜひこの機会を利用して素敵な老後生活に向けて準備を始めてみてください。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる