スニーカーを保管方法とは?日常の手入れで長く履き続けよう
記事UPDATE サムネイル

あらゆる靴の中でもスニーカーは、毎年ニューモデルが発売され、ハイテクスニーカーからローテクスニーカーまで形もさまざまなため、数が増えがちなアイテムです。

革靴などに比べると、カジュアルなファッションに合わせる靴のため丁寧なお手入れを心がけている人が少なく、意外な原因によって劣化させてしまうことも。

本記事では、お気に入りのスニーカーを長く愛用するためのお手入れ方法と、スニーカーを劣化させない保管方法について解説します。

数が増えるスニーカーの悩み

男女や年齢問わず人気のアイテムであり、昨今の健康ブームではスニーカーを履いて徒歩や自転車で通勤するなど、生活の中により深く根付いたスニーカー。昨今のハイテクスニーカー人気もスニーカーファンの増加を後押ししています。

スニーカーはファッションの傾向に限らず、ほとんどの人が2足~3足は所持しているのではないでしょうか。

また、何十足も所持するディープなスニーカーファンも存在し、次々と違う雰囲気やデザインが欲しくなるコレクション性もあります。

このような理由から、シューズボックスの中にスニーカーが重なってしまわれている、収納に収まりきらず玄関に出しっぱなしになっているなど、さまざまな悩みが発生しがちです。、スニーカーは意外とデリケートな靴であり、日常のケアも必要であり、保管する際には保管環境もしっかり整える必要があります。

次から、デリケートなスニーカーの日常的なお手入れ方法を見ていきましょう。

スニーカーの日常のケアとは

スニーカーを履いたら手入れをして収納し、劣化を最小限にすることで長くきれいな状態を保てます。ここでは日常的なスニーカーのお手入れ方法について解説します。

日常的なスニーカーのお手入れ

スニーカーを履いたらシューズボックスに収納する人が多いと思いますが、その前にやるべきことがあります。

まずは、ブラシでその日の汚れを掻き出しておきましょう。その後、玄関に1日程度出しておき、水分を飛ばしてから収納してください。

雨の日などに履いた場合は、水分を飛ばしてソールの水分も拭いておきましょう。シューズボックスに湿気を持ち込まないことが大切です。

また、2週間に1度くらい靴用防水スプレーをかけておくと汚れが付きにくくなります。

キャンバス地などでできたローテクスニーカーは、汗じみなどが発生する前に専用洗剤などで水洗いするとさっぱりします。

ハイテクスニーカーに水洗いはNG

昨今人気のハイテクスニーカーは水分に弱いため、水洗いは避けましょう。普段から履いたらブラシをかける、などのお手入れを徹底して行うことできれいな状態を保てます。

どうしても目立つ汚れがついてしまった場合、水分より早く揮発するアルコールを含んだウェットティッシュなどで拭いてください。水分を残さずにかなり汚れを落とすことができます。

スニーカーの保管方法とは

スニーカーをコレクションしている人や、季節に合わなくなったなどの理由から、しばらく保管しておくこともあります。ここからは、スニーカーを保管する際の方法を解説します。

木製のシューキーパーを使用する

スニーカーにとって水分は大敵です。ハイテクスニーカー、ローテクスニーカーのどちらの場合も、保管時の水分を徹底的に取り除く必要があります。

シューキーパーは主に靴の型崩れを防ぐためのものですが、木製のシューキーパーを使うことによって水分を吸ってくれるという役割りがあります。

きれいに汚れを落とし、防水スプレーをかけた後はシューキーパーを使って保管しましょう。

木製のシューキーパーを使用する

スニーカーを保管する際は、スニーカーにとって大敵である湿気から守るためにファスナー付きビニール袋に入れて保管します。

シューキーパーを装着したままファスナー付きビニール袋に入れ、空気を抜くように閉じていきます。

こうすることで湿気からスニーカーを守るのと同時に、他の靴のにおいや生活臭から守ることができます。

乾燥剤はダブル使いで完璧

スニーカーを保管する場所には、靴箱用の乾燥剤などを設置して全体の湿気を減らすことが大切です。

しかし、これだけでは十分といえません。ファスナー付きビニール袋の中にもシリカゲルなどの乾燥剤を入れておきましょう。

その際、シリカゲルをスニーカーの上に乗せると黄ばみの原因になります。シリカゲルはソールの下に置くことで黄ばみを防止できます。

スニーカーを箱にしまう場合は、これらの処理をしてから箱にしまって収納しましょう。

スニーカーを劣化させる加水分解とは

長い間保管していたスニーカーを久しぶりに履こうと思ったらソールがボロボロだった、という話を聞いたことはありませんか?

これはスニーカーのソールが加水分解を起こしてしまったからです。

加水分解とは、素材に使われている化学物質と水分が結びついて起こす化学反応のこと。スニーカーのソールはポリウレタンやEVA(エチレン酢酸ビニル)などでできており、それらの素材が空気中の水分を吸収し続けることで化学分解が起こります。

特にハイテクスニーカーを保管する際は、この加水分解に十分気を付ける必要があります。

スニーカーの保管に最適な収納サービスとは

自宅のシューズボックスに湿気対策を施しても、雨が降れば湿気が発生し、他の靴の汗や汚れなどの影響も気になりますよね。

箱に入れて押し入れなどに保管しても、日本の夏は高温多湿。押し入れやクローゼットに湿気がこもり、カビが発生することも少なくありません。

そんな時、宅配型トランクルーム「CARAETO」が救世主になるかもしれません。

「CARAETO」は空調が管理された清潔な室内で荷物を保管してくれるサービスです。24時間365日適切な温度・湿度が保たれているので、保管したスニーカーが水分を含んで加水分解を起こす危険も最小限に抑えられます。

また、荷物の出し入れはアプリから宅配便で申し込むだけで完了し、楽なこともおすすめできるポイントです。

単位は段ボール1箱ごとに月額500円。スニーカーだけでなく、他の荷物も一緒に預けて玄関だけでなくお部屋もスッキリさせられます。

24時間、365日、収納場所にまで空調管理するととても500円では収まりません。「CARAETO」に保管することで非常にコスパよくスニーカーに最適な保管が実現できることになります。

>>スニーカーの保管に最適!宅配型トランクルーム「CARAETO」をチェック

まとめ

スニーカーは毎日のちょっとした手間できれいな状態を保ち、気持ちよく履き続けることができます。

また、せっかくのお気に入りのスニーカーですから、保管する際は面倒でもしっかり手順を踏んで、スニーカーに適した保管方法を実践し、保管場所の環境にも細心の注意を払って加水分解などのトラブルを防ぎましょう。

自宅の保管場所がスニーカーに最適な環境ではないと感じたら、迷わず「CARAETO」などの保管サービスの利用を考え、いつまでも良好な状態を保ったまま、スニーカーを大切に履き続けたいものですね。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる