公開日: 収納術

一人暮らしにおすすめ!クローゼットの収納方法6選

一人暮らしにおすすめ!クローゼットの収納方法6選

一人暮らし用の家は、部屋も狭い上、収納スペースもかなり狭い場合がほとんどです。

中でも服やバッグなどをしまう「クローゼット」の収納には、特に困っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな一人暮らしの方向けに、空いたスペースを上手く有効活用できるクローゼットの収納方法6選をご紹介します。

狭いスペースだとしても、収納グッツをうまく活用すれば綺麗に収納することが可能になります!クローゼットの収納に困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

一人暮らしにおすすめ!クローゼットの収納方法6選

1. よく使う上着などは吊り下げ収納で

型崩れしやすいアウターやコートなどは、クローゼットに吊り下げて収納しましょう。

よく使うものは真ん中に、オフシーズンのものは両サイドに吊り下げておくことで使い勝手が良くなりますよ。

またハンガーの種類は、いろいろな衣類に対応できる、丈夫でマルチに使えるものを選ぶようにしましょう。そしてハンガーの形は、すべて揃えた方が、見た目はもちろん、服もかさばらずに収納することができます。

2.吊り下げの下には引き出しを置く

ハンガーで吊り下げ収納をしたら、その下は必ずスペースが空くはずです。その空いたスペースには、引き出しタイプのボックスを置き、服を畳んで入れられる収納スペースを作りましょう。

もちろん木製のたんすなどを置くもありですが、最近ではプラスチック製の引き出しボックスがどこでも安価で買えるのでおすすめです。デザインもシンプルなので使いやすいですよ!

そして引き出しの中は、開けたときに中の服が見やすいよう、畳んだ衣類を縦に収納するようにしましょう。服を立ててしまうことでシワもつきにくく、一目で自分の持っている服を確認することができます。

参考アイテム:アイリスオーヤマ チェスト ワイド 3段

また、靴下や下着類などの小物類は、引き出しの中に仕切りや小さいボックスなどを入れて、ジャンル別に収納しましょう。仕切りやボックスはセリアやダイソーなどの100均で手軽に購入できます!また、小物をジッパーなどの袋に入れてしまう方法もおすすめですよ。

参考アイテム:東洋ケース チェスト 仕切りボックス

3.使う頻度が低いものはボックスに入れて積み重ねる

シーズンオフの衣類など、使う頻度が低いものは、蓋の付いたボックスに入れて積み重ねて収納しておきましょう。

ボックスを使えば、クローゼット上部にある枕棚のところに収納ができたり、積み重ねてクローゼット内に置いておくこともできます。

またボックスは、いろいろなところで買うのではなく1つのメーカーで揃えて買うのがおすすめです。メーカーを揃えることで重ねやすく、かつ色やデザインが統一されスッキリ見せることができます!

しかし、あまり蓋付きボックスに頼りすぎると、かえっていろいろなものが取り出しにくくなることもあるので、使いすぎには注意が必要です。

参考アイテム:[山善] どこでも収納ボックス

4. S字フックを使い、バックを収納

クローゼット内にあるポールにS字フックを掛けて、バッグなどを収納する場所を作りましょう。

お出かけ用のバッグや大きめのトートバックなど、様々なサイズのものでも引っかけることができます。

またS字フックは100均で手軽に購入できる点できるのも魅力です!

中には、S字の向きが調節できるフックや、複数のフックが重なった少し変わったフックなどがあるので、各クローゼットのスペースにあったものを選んでみてください。

参考アイテム:S字フック 15個セット

5. クローゼットのドア裏まで活用

クローゼットのドアの裏面に収納できる場所を作るのも1つの手です。

クローゼットの裏に、テープで貼り付けるタイプの粘着フックを取り付けて、収納スペースを作ることができます。フックを取り付ければ、メガネやネックレス、時計といった小物から、バッグやハンガーなどを引っ掛けることもできますよ!

参考アイテム:3Mコマンドフック 綺麗にはがせる 両面テープ

さらに、壁にウォールポケットをつけるのもおすすめです。小物を入れておけるスペースができることで使い勝手も良くなります。

参考アイテム:アストロ 吊り下げ収納 グレーポケット 15個

以外と思いつかない、クローゼットのドア裏を収納スペースとして使うというアイデアです。ぜひ活用してみてください。

6.つっぱり棒を設置する

クローゼットの壁を利用してつっぱり棒を取り付ければ、ハンガーやS字フックを引っ掛けるなどして収納できる場所を増やすことができます。

また、つっぱり棒を複数取り付ければ、そこに棚を作ることも可能です。棚を作れば、その上にボックスを置いたり、重ねて置きたくない帽子などを置くこともできるので、とても便利になります。

つっぱり棒や棚は100均でも購入することができるので、ぜひ試してみてください。

参考アイテム:TITIROBA つっぱり棚

クローゼットの収納に困ったら、トランクルームの利用もおすすめ

ここまで一人暮らしにおすすめの収納方法を紹介してきましたが、どうやってもやっぱり上手く収納できない…という場合もあると思います。

「部屋が狭くて、どうしてもすべて収納するのは難しい!」

「クローゼットの収納を工夫しても、やっぱり収納スペースが足りない!」

そんな方は、宅配型トランクルームの利用がおすすめです。

宅配収納サービスの「カラエト」は月額たった240円から利用することができます。自分の部屋に収納できない服やバッグなどを代わりに収納してもらうことで、自分の部屋にゆとりをもたせることができます。

クローゼットの収納スペースが足らない!すべて収納できない!といった方には特におすすめのサービスです。

また、預けたものを1つ1つ梱包して保管しておいてくれるのも、カラエトの魅力です。服から布団、バッグまで自宅にある様々なものを、空調完備された場所で丁寧に扱ってくれます。

また、預けた荷物はアプリ上で写真とともに確認することができます。預けていたものが必要になったときには、すぐに取り出して届けてくれるので安心です。さらに、預けた荷物でいらなくなったものをマーケットに売ることまでやってくれます!

もちろん、衣類だけでなく、本屋雑貨、食器や家電まで、いろいろなものを安心して預けることができます。

自分のクローゼットには入りきらない衣類や、自分では使うことのないオフシーズンの衣類をカラエト預けて、自分のクローゼットを広々と使えるようにしてみるのいかかですか?

空きスペースを活用!工夫してクローゼット収納をしよう

今回は、一人暮らしの方向けのクローゼットの収納方法6選をご紹介しました。

一人暮らしの部屋のクローゼットは狭く、収納にはかなり苦労する場合がほとんどです。だからこそ、空いたスペースを上手く有効活用して、収納する場所を確保することが大切です。

ですが、もしクローゼットの収納に困ったら、手軽に自分の衣類を預けられるカラエトを利用するのもおすすめです!

自分で衣類を管理する手間も省くことができ、そして自分の部屋のクローゼットにゆとりを持たせることができます。ぜひ、カラエトに預けるという手段も検討してみてください。

今回紹介した収納方法・アイデアを活用して、クローゼットの収納を見直してみてください!

箱に詰めて送るだけ!1箱240円〜で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について箱に詰めて送るだけ!1箱240円で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について
無料会員登録はこちら無料会員登録はこちら