公開日: 家具・インテリア

いつもの和室が理想の空間に変身!一人暮らしのインテリアコーディネート術

いつもの和室が理想の空間に変身!一人暮らしのインテリアコーディネート術

自分の好きなように家具や小物を配置できるのが、一人暮らしの醍醐味。「せっかくならオシャレなインテリアに仕上げたい」という人は少なくないのでは?しかしフローリングがメインの洋室と違い、畳や襖の存在感が強い和室はインテリアコーディネートに悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、一人暮らしの和室を自分らしくオシャレに仕上げる、インテリアコーディネートのコツをご紹介します。

一人暮らしの和室を理想の空間に仕上げるコーディネート術

和室の良さを活かしたインテリアコーディネート

畳や襖など、昔の日本らしさが魅力の和室。せっかくなら持ち味を活かして、落ち着いた雰囲気のインテリアコーディネートに仕上げてみてはいかがでしょうか?

この章では、和室の良さが引き立つアイテム選びのポイントやインテリアのコツをご紹介します。

家具は木製を選ぶ

和室に置くなら木製の家具がおすすめです。畳の材料である「い草」と木は同じ天然素材。お互いに主張しすぎることなく、部屋全体がしっくりまとまります。木目を感じるデザインを選ぶと、より温かみのある雰囲気に。天然素材ならではの素朴な質感により、いっそう和室がくつろげる場所になるでしょう。

天然素材の小物・雑貨が相性抜群

家具以外の小物・雑貨にも、天然素材を使ったものを取り入れましょう。木や竹、ラタンといったアイテムは和室との相性抜群。

天然素材のザルやカゴを、いくつか並べて壁に掛けると素敵です。繊細な編み目が和室インテリアのアクセントになります。

また収納に使うカゴも天然素材を選べば、出しっぱなしでも部屋の雰囲気を損ないません。チェストの上に置いたり、壁に吊るしたりして見せる収納を楽しんでみてはいかがでしょうか?

また和室は陶器との相性も抜群です。花瓶やオブジェなど、土を感じる小物を取り入れると、より温かみをプラスできます。

家具は低めを選ぶ

和室に置く家具はローテーブルやローチェアなど、背の低いものを選びましょう。空間にゆとりが生まれ、一人暮らしの限られたスペースでも広く見えます。

壁や襖の余白にドライフラワーを吊るしたり、ウォールシェルフにグリーンを飾ったりするとインテリアのアクセントになりますよ。

和室と相性の良いカラーでまとめる

和室は全体的に落ち着いたトーンでまとめましょう。深みのある緑や茶、ベージュといった自然を連想させるアースカラーが似合います。またポイントに、えんじやからし、藍といった日本の伝統色を加えるとセンス良く仕上がりますよ。

長押を活用する

「長押(なげし)」とは、和室の壁をぐるりと囲む木の板のこと。絵や写真を立て掛けたり、フックでドライフラワーを吊るしたりしてディスプレイが楽しめます。またハンガーを引っ掛けることもできるので、お気に入りの洋服やバッグ、帽子の見せる収納にしてもいいですね。

テイストをミックスさせるインテリアコーディネート術

「和室だから和テイストにしなくてはいけない」というルールはありません。異なるテイストをミックスさせると、古民家カフェのようなセンスあふれる空間に。

この章では、ナチュラルや北欧、アジアンなど和室と違った特徴をもつアイテムを取り入れた、コーディネートのポイントをご紹介します。

和室×ナチュラルインテリア

和室とナチュラルインテリアを組み合わせるなら、部屋全体を淡いトーンでまとめましょう。ホワイトやアイボリー、ベージュ、グレーといった、やわらかい色を使えば、ほっと安らぐ空間を演出できます。所々に観葉植物や花を飾ると部屋の印象がぼやけず、メリハリがつきますよ。

収納には和室との相性も良い、天然素材のバスケットやかごを取り入れましょう。出しっぱなしでもインテリアに馴染みます。

和室×北欧インテリア

北欧インテリアと和室は相性抜群。大胆なテキスタイルは畳にも似合います。インテリアのポイントとして、北欧のファブリックを取り入れてみてください。中でも植物をモチーフにした柄は、和室に最適です。畳や襖と合わせても違和感がありません。クッションカバーやパネルといった小物なら手軽に取り入れられますよ。

また北欧テイストのペンダントライトを低めに吊るすのもおすすめ。温かみのあるオレンジ色の光を選べば、より穏やかな空間に仕上がります。

和室×アジアンインテリア

アジアンテイストは、リラックス・リゾート感が魅力です。天然素材の家具や小物がメインなので、和室の雰囲気ともマッチします。竹やラタン、チークなどを使ったアジアン家具や、大型の観葉植物、タペストリーを取り入れ異国情緒を感じながらも、どこか懐かしい空間を演出しましょう。

DIYで変身させるインテリアコーディネート

家賃が安いことから和室のある物件を選んだ場合、洋室への憧れをもっている人もいるでしょう。ならば、ほんの少し手を加えて理想のお部屋を叶えてみては?

この章では、初心者さんでも挑戦しやすい手軽なDIYのアイデアをご紹介します。

畳をフローリングに変える

和室の中でも特に気になるのが畳の存在ではないでしょうか?部屋に対する面積が広いため、どうしても和の雰囲気が残りがち。洋風のインテリアに仕上げたい人にとって、畳はネックとなりやすい部分です。

そこで、おすすめなのが「クッションフロア」。フローリングやタイル調など、豊富なデザインから必要なサイズだけ買えるのが魅力です。クッションフロアを敷けば畳を傷から守れたり、食べこぼしも拭くだけで済んだりと、多くのメリットがあります。

床に貼るだけで和室を洋室にチェンジできるので畳が気になる方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

リメイクシートを活用する

リメイクシートは壁などに貼り付けて使うアイテムです。裏がシール状になっており、簡単に部屋のイメージを変えられるのが魅力的。ネットや100均などで手軽に購入でき、デザインや粘着力の種類が豊富です。

和室の場合、部屋の印象を大きく左右する襖に使うのがおすすめ。ナチュラルにしたいのならレンガや木目調、北欧風がお好みなら幾何学模様など、インテリアのテイストに合わせて選んでみてください。

「リメイクシートをはじめて使うので、キレイに貼れるか心配」という人は、いきなり全面に使用せず壁や押入れの一部にだけ使ってみても。ほんのひと手間で、和室が理想の空間に近づきますよ。

理想の空間づくりには持ち物の見直しも大切

家具や小物といったインテリアを考えるだけでなく、ベースとなる空間を整えることも理想の部屋づくりに欠かせません。不要なものは処分しスッキリさせれば、こだわりのインテリアが一層引き立ちます。

とはいえ仕事や家事など、毎日何かと忙しいのも事実。「なかなか持ち物を見直す時間をとれない」という場合は、宅配収納サービス「CARAETO(カラエト)」の利用がおすすめです。

カラエトならオフシーズンの衣類や小型家電など、使用頻度の低いものを簡単に預けられます。申し込みや集荷、管理、取り出しといった工程を全てアプリで完結できるので、忙しい人にも最適です。

また預けてみて「処分したいな」と思ったら、自宅にいながらマーケットに出品することもできます。一度引き取ってからフリマサイトに出したり、捨てたりする必要がないので効率的です。

持ち物を減らして部屋が片付けば、和室インテリアがより素敵に仕上がるでしょう。

一人暮らしの和室も工夫次第で生まれ変わる

ほんの少し手間と時間を掛ければ、いつもの和室が見違えります。まずは部屋のイメージを決めましょう。畳や襖といった和のアイテムを活かしたり、DIYでガラリと雰囲気を変えたりと方法は色々あります。

また理想の空間づくりを叶えるためには、持ち物の整理も大切です。必要に応じてカラエトを上手に活用しながら、効率的に進めましょう。

仕事で帰ってきて家でのんびり過ごす時間は、心と身体をリセットするために欠かせません。そんなシーンにぴったりなのが和室。自身が思いっきりリラックスできる空間を目指してインテリアコーディネートを楽しんでくださいね。

箱に詰めて送るだけ!1箱240円〜で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について箱に詰めて送るだけ!1箱240円で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について
無料会員登録はこちら無料会員登録はこちら