公開日: 家具・インテリア

在宅ワークの人必見!仕事がはかどるインテリアのポイントをご紹介

在宅ワークの人必見!仕事がはかどるインテリアのポイントをご紹介

自宅で働いているとプライベートと仕事の切り替えが、なかなか難しいですよね。作業に集中するためには環境を整えることが大切です。そこで今回は、仕事の効率化アップにもつながる在宅ワークのインテリアのポイントをご紹介します。

在宅ワークに最適なインテリアのポイント

自宅で仕事をするときに、まず意識したいのがオンとオフの切り替えです。作業とプライベートが混ざり「休みの日も頭から仕事のことが離れない」という状況を防ぐためにも今一度、家具のレイアウトやデスク周りの収納について見直してみてはいかがでしょうか?この章では、在宅ワークに最適なインテリアのポイントを詳しくご紹介します。

限られた空間を有効活用する

在宅ワークに必要なモノといえば机と椅子。とはいえプライベートを過ごす空間が狭くなるのは、できるだけ避けたいものです。そこでポイントとなるのがテーブルの選び方。自身の中で「何を優先したいか」を明確にして、限られたスペースを有効活用しましょう。

折り畳み式のテーブル

折り畳み式のテーブルなら、仕事中以外は収納できるので空間を無駄なく使えます。選ぶときは、畳んだ状態のサイズの確認を忘れないようにしましょう。テーブルの面が広いタイプなどは思っていたよりもコンパクトにならない場合があります。実際に収納したい場所におさまるかどうか、スペースの大きさを測っておくことも大切です。

ローテーブル

ローテーブルなら高さが低いため、出しっぱなしでも圧迫感がありません。一人暮らしなど自宅のスペースが限られている人にもおすすめです。折り畳みできるタイプや引出し付き、伸長式など、バリエーション豊富。長時間作業しても脚が疲れないように、座布団やクッション、ローテーブル専用の椅子を使うなどして対策しましょう。

ダイニングテーブルを活用

今あるダイニングテーブルを活用するのも方法の一つ。新たに在宅ワーク用の机を用意すると、空間にゆとりがなくなってしまう場合におすすめです。ただしプライベートと仕事の時間を上手く切り替えられるような工夫が必要。

またダイニングテーブルは、家族の共有スペースでもあります。「個人の持ち物はテーブルの上に置かない」などルールを作って、散らからないよう心掛けましょう。

集中しやすい環境をつくる

色数を抑える

作業をする部屋のインテリアは、できるだけ色数を抑えましょう。白や黒、グレーなどの落ち着いたカラーでまとめれば、集中力アップが期待できます。反対にカラフルな色が多いと気が散りやすくなるので気を付けましょう。注意力が散漫になってしまいそうなアイテムは中身が見えない収納ケースに入れたり、布をかぶせて目隠ししたりなど作業中に気にならない工夫をしてみてくださいね。

机の上を整える

いざ仕事をしようと思っても机の上が書類などで散らかった状態では、なかなかスイッチが入りません。机の上は時計や書類、することリストなど使うものだけ置きます。仕事に使うもの以外はクローゼットや引き出しなど、視界に入らない場所に移動させてデスク周りをすっきりさせましょう。

きちんと定位置を決める

仕事で使う書類や筆記用具などに、きちんと定位置はありますか?その時の気分で置いてある場所が変わってしまうと、探し物に時間を使うことになります。そういった状況を防ぐために使用頻度の高いモノは手前、それ以外は奥に収納するなど各アイテムの住所を決めましょう。定位置が決まったらラベル付けをしておくと、より迷子になりにくいですよ。

椅子にこだわる

長時間座る椅子は在宅ワークにとって重要なアイテム。座り心地が仕事のパフォーマンスを左右するといっても過言ではありません。できるだけ身体に負担が掛かりにくいモノを選ぶことが大切。「テレワークは一時的なことかもしれないので、新しく買うつもりはない」という場合は、今使っている椅子の上に乗せるクッションタイプがおすすめです。リビングやダイニングを作業スペースにする場合は、インテリアに馴染むシンプルなデザインを選ぶこともポイントです。

オンオフの切り替えをしやすいよう工夫する

作業スペースを区切る

在宅ワークは自宅と職場が同じ場所にあるようなもの。プライベートな空間と作業スペースを、きっちり分けることで気持ちの切り替えがスムーズになります。たとえば仕事用のデスクを家具やパーテーションで区切るのも方法の一つ。また作業に関係ないものが視界に入らないよう、収納場所を見直したりデスクの位置を調整したりすることも大切です。休憩中はゆったりとくつろぐことで、仕事の効率がアップします。

照明を使う

オンオフを切り替えるために、照明を活用するのもおすすめです。最近では調光機能が付いたLEDの照明が主流になっています。作業中は青みがかった「昼光色」、くつろぐときは暖色系の「電球色」というように光の色を使い分けると、スムーズに気持ちを切り替えられますよ。

オンライン会議を意識した配置を考える

背景に気を配る

オンライン会議のときに、意外と気になるのが部屋の背景。配置を考えるときは、モニターにどう映るかを意識するのがポイントです。背中側に壁がくるように机をセッティングすれば、見た目がすっきりするだけでなく、不意に家族が横切る心配もありません。「背景が壁だけだと殺風景だな」と感じるのなら、お気に入りのフレームや観葉植物などを配置しても良いでしょう。

机の配置は顔映りを意識する

オンライン会議のとき、顔の印象は大切です。窓に背を向けてデスクを置くと逆光になり、暗く見えてしまいます。そんなときは机を窓際に配置しましょう。顔映りが良くなります。レイアウトの変更が難しい場合は一時的にパソコンの向きを変えたり、クリップ式ライトを使ったりしても顔が明るく見えるでしょう。

収納グッズは統一して美しく

部屋の背景と同様、目に入りやすいのが収納グッズ。色や素材がバラバラだと空間全体が雑多な印象に。ホワイトやグレー、ブラックなどモノトーンカラーのアイテムを選んだり、天然素材のカゴやプラスチックなど質感を統一したりするとすっきりします。整理整頓が行き届いていることが伝われば「きちんと仕事できる人」と職場での評価アップにつながるかもしれませんね。

空間を整えれば仕事に集中しやすくなる

仕事をする部屋の環境は、作業の効率に影響します。趣味のゲームや本などが目に入ってしまうと、気が散ってしまい集中しにくくなる場合も。仕事中は見えない場所にしまうなどの工夫が必要です。とはいえ、既にクローゼットや引出しの中がモノで溢れている状態だと、全ておさめるのは難しいですよね。

そんなときは「カラエト」を利用してみてはいかがでしょうか?自宅に保管する代わりに、管理の行き届いた場所で預かってくれるという宅配収納サービスです。普段あまり使わないアイテムのスペースが空けば収納に余裕が生まれ、仕事に使わないものを目に入らない場所におさめられます。月額240円~と手頃な価格で利用でき、配送業者が自宅まで引き取りに来てくれるので、手間と時間を掛けずに集中できる環境が手に入るでしょう。

インテリアを工夫して在宅ワークに集中できる環境を作ろう

ワークスペースのために新しく机を用意することはもちろん、今使っている家具の配置を変えるだけでも快適さがアップします。仕事の効率化やプライベートの充実のためには、まず自宅の環境を見直しましょう。作業中に気になってしまう趣味グッズなどは見えない場所に移動させても良いですし、普段使わないのであれば宅配収納サービスを利用してスペースにゆとりを作るのもおすすめです。いつでも作業に集中できる環境で、より快適に在宅ワークをしてみてはいかがでしょうか?

箱に詰めて送るだけ!1箱240円〜で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について箱に詰めて送るだけ!1箱240円で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について
無料会員登録はこちら無料会員登録はこちら