公開日: その他

狭い家を最高の空間に!ストレス解消法と楽しく暮らすヒント

狭い家を最高の空間に!ストレス解消法と楽しく暮らすヒント

「狭い家に住んでいるのがストレス!」

「狭くてくつろげないから、毎日家に帰るのが憂うつ…。」

誰でも広々とした家に住みたいという願望はあるはず。

しかし、家賃やローンの事を考えると、その願望を実現させるのはなかなか難しいもの。

大切なのは、広い家に住めるよう努力することよりも、まずは狭い家でも楽しく快適に暮らせるよう工夫してみることではないでしょうか。

本記事では、家が狭いというストレスを解消する方法や、狭い家でも楽しく暮らすヒントを紹介します。

狭い家のメリット

家は広ければ広いほど良いと考える人がいるかもしれませんが、狭い家ならではのメリットというものも実は存在します。

家が狭いことで得られるメリットを知れば、「今のままでいいのかも?」と思えるかもしれません。

掃除が楽

あなたは、1日の掃除にどのくらいの時間をかけるでしょうか。

家の広さが倍になる代わりに、掃除にかかる時間も倍になるとしたら、広い家に住むのも考えものです。

ここで一度、広い家を掃除する場面をイメージしてみましょう。

  • 掃除機のコンセントが届かず何度も差す場所を変えたり、コードレスの掃除機でも途中で充電が切れてしまう
  • 滅多に使うことのない客間なども、ホコリが溜まらないよう定期的に掃除しなければいけない
  • 年末の大掃除は休みをフル活用しても終わらない

こんな光景が頭に浮かんでくると、ちょっと面倒になってきますよね。

その点、部屋数が少なく面積が狭い家の場合、1時間もあれば家全体をザッと掃除出来てしまいます。

さらに、頻繁に掃除をするのが億劫でなくなるため、清潔な部屋を保ちやすいのです。

なるべく楽にキレイな部屋をキープしたいという方は、もしかしたら狭い家の方が相性がいいかもしれません。

経済的

狭い家最大のメリットともいえるのは、お金がかからないことです。

家賃や月々のローンはもちろん、暖房や冷房が部屋に行き渡りやすいため、光熱費が安く抑えられます。

「収入的にはギリギリでも、理想の広い家に住みたい!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、いつどんなことが起こるかわからない不安定な時代だからこそ、固定費は下げておくと安心です。

お金の心配がなく暮らし続けられるというのは、精神的な安定にも繋がります。

毎月のカードの引き落としに憂うつになるくらいなら、多少狭くても経済的な家に住んだ方が幸せなのではないでしょうか。

ミニマルな暮らしができる

物を置く場所があればあるほど、物を買ってしまいたくなるのが人の性。

収納スペースがたっぷりある広い家に住んでいても、「物がしまいきれない!」と嘆く人はたくさんいます。

狭い家に住んでいると、家に置ける物の量が必然的に限られてきます。

生活に必要なスペースを確保しようと思うと、不要な物を何となく買ってしまうこともなくなるはず。

自分にとって本当に必要な物は何なのか、考えながら生活できるというのは、狭い家の大きなメリット。

ミニマリストを目指したい、自分にとって大切な物にだけ囲まれて暮らしたいと考えている人は、狭い家に住むのに向いていると言えるでしょう。

狭い家のデメリット

これまで狭い家のメリットについて解説してきましたが、当然ながら、デメリットも存在します。

狭い家で快適に暮らすためには、良い面と悪い面の両方を知り、そのうえでどう暮らしていくか考えることが重要です。

閉塞感がある

狭い場所の方が落ち着くという人も一定数いますが、解放感と言う点では、広い家の方が優れていると言えるでしょう。

ちょっと動いただけで壁や家具にぶつかったり、片付けを数日サボっただけであっという間に散らかってしまったり…。

こういった小さなことが積み重なって、部屋の居心地が悪いと感じる人も多いのではないでしょうか。

狭い家にずっとこもりきりだと、ストレスが溜まってイライラしたり、仕事や勉強に集中できないこともあります。

本来一番リラックスできる空間のはずの我が家が、息苦しい空間になってしまうのは悲しいですよね。

家に人を呼びづらい

人から「今度家に遊びに行っていい?」と聞かれたとき、とっさにOKできなかったという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

複数人で集まろうと思っても呼べる人の人数が限られてしまったり、ワンルームのマンションだと、お客さんを1人呼んだだけで満員状態、なんて場合もあります。

遊びに来た相手に対しても、窮屈な思いをさせていないかと、気を使ってしまいますよね。

おもてなしをしたり、大勢で集まってワイワイするのが好きな人にとっては、家の狭さを物足りなく感じることが多いかもしれません。

狭い家に住むのは恥ずかしいこと?

狭い家に住んでいることを恥ずかしいと感じたり、広い家に住む知り合いと比べて劣等感を抱いてしまうと言う人は、一定数います。

ですが、狭い家に住むことは、決して恥ずかしいことではありません。

家の広さは他人と比べて競い合うものではありませんし、見栄やステータスのために、生活費が苦しくても広い家に住むよりは経済的で、賢い選択とも言えるでしょう。

重要なのは、いかに「納得感」を持って今の家に住み続けることができるかです。

狭い家でも工夫次第ではストレスなく快適に、さらには今よりも楽しく暮らすことだってできるのです。

広い家に住む知り合いをうらやましく思うのではなく、「今の家で幸せに生活するにはどうしたらいいか」といった方向に、考え方をシフトしていきましょう!

狭い家に住むストレスを軽減させる3つの方法

まずは、狭い家に住んでいるとついつい感じてしまうストレスを軽減させることが重要です。

今日からでも実践できる3つの方法を紹介するので、上から順に少しずつ取り組んでみてくださいね。

1.物を減らす

まずは、家の中にある物のうち、何が必要で何が不要かを仕分ける作業から始めましょう。

明らかに不要な物は処分すればOKですが、頭を悩ませるのが、「今使わない物」や「捨てられない物」。

  • 季節ものの洋服
  • 捨てられない思い出の品
  • 価値はあるので取っておきたいが、今は使わない物

こういった物は、家に置いておかず、いったん「預ける」という方法が効果的です。

宅配収納サービスの「カラエト」なら、大きな段ボール箱1つ分の荷物が月額たったの500円で預けられます。

預けた荷物の取り出しや確認がアプリで簡単にできるため、収納サービスを利用したことがない人でも安心です。

「収納にお金をかけるのはちょっと…」と思うかもしれませんが、家賃を上げて広い家に引っ越すことを考えれば、月500円の固定費は安いものなのではないでしょうか。

>>「カラエト」の公式サイトはこちら

2.家の中に「余白」を増やす

不要な物を家から出したら、続いては「目に入る物の数」を減らします。

玄関に何足も出ている靴や、床の大部分を覆っているラグマット、脱ぎっぱなしの服などなど…。

頻繁に使わない物は押し入れやタンスといった目に付かない所にいったんしまって、毎日使う物だけ出ている状態にしましょう。

床が露出している面積をできるだけ増やすようイメージすると、スッキリ片付きます。

こうすることで、家の中に余白ができ、多少狭くても居心地の良い空間を作れるのです。

3.なるべく家にこもりきりにならない

どんなに物を減らしたりスペースを有効に活用しても、当然ながら部屋の広さ自体が増えるわけではありません。

狭い家に住んでいる人は室内での移動が少なくなる分、どうしても運動不足によってストレスがたまりやすくなる傾向があります。

家にいてなんだかイライラすると思ったら、30分だけでも外に出て散歩やランニングをするなど、体を動かしてみるのがおすすめです。

筋トレやヨガといった室内でできる運動もありますが、狭くて上手く動けず、余計にストレスが溜まってしまうことも。

リフレッシュ目的なら、運動は屋外で行った方が良いでしょう。

家は「活動の場」ではなく、「落ち着いてリラックスできる場所」と割り切ってしまうのも、ひとつの方法です。

狭い家でも楽しく暮らす!2つのヒント

狭い家に住むストレスを最小限にしたところで、続いては楽しく暮らすヒントを2つお伝えします。

どちらも簡単に取り組めるものなので、ワクワクするものから手を付けてみてはいかがでしょうか。

レイアウトを工夫してみる

同じ家具やインテリアでも、配置を変えるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わるもの。

なるべく「スッキリ見えること」を意識して、家にある家具をレイアウトしてみましょう。

  • テレビ台やソファは壁付けする
  • 玄関から部屋の奥まで見通せるような、「直線的なレイアウト」を意識する
  • キッチンのカウンターとダイニングテーブルをくっ付ける 

こんな風に、動きやすさや余白を意識したレイアウトにすると、今までとは違った雰囲気の快適な我が家を楽しめます。

レイアウトを変えたら思いがけず部屋が広く見えるようになって、毎日帰宅する際、玄関を開ける瞬間が楽しみになるかもしれません。

おしゃれなインテリアで気分を上げる

シンプルで、趣味の良いインテリアは、部屋に置いているだけで気持ちを豊かにしてくれます。

「レトロモダン」「ナチュラル」など、自分好みのコンセプトを決めて、それに合ったインテリアを選んでみましょう。

シンプルなインテリアが好みの場合は、殺風景にならないように、絵や植物といった小物を飾るのもおすすめです。

SNSでおしゃれな部屋の画像を探したり、好きなテイストの家具屋さんに足を運んだり、あなたのワクワクするやり方で選んでくださいね。

ちょっとした工夫で、「ホッと落ち着く我が家」を手に入れよう

どんなに狭くても、本当はもっと広い家に住みたいと内心では思っていても、今あなが住んでいる家は自分だけのお城。

家が狭いことにストレスを感じたり、住んでいる家を好きだと思えないのであれば、まずは今の自分の暮らし方を見直してみるのが有効です。

無駄な物を処分したり、心から好きだと思える家具に囲まれたら、今よりもっと素敵な空間になるはず。

今回ご紹介したストレス発散方法や暮らしを楽しむヒントを参考に、今住んでいる家を居心地の良い空間にしてみてくださいね。

箱に詰めて送るだけ!1箱240円〜で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について箱に詰めて送るだけ!1箱240円で預けてお部屋もスッキリ。箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!CARAETO(カラエト)について
無料会員登録はこちら無料会員登録はこちら