収納整理整頓
達人のワザ!今すぐできる服の収納方法10のテクニック
記事UPDATE サムネイル

「洋服をきれいに収納したい!」というあなた。実はちょっとした工夫次第で、洗練されたクローゼットに生まれ変わることをご存知でしょうか。

本記事では、洗練されたクローゼットに生まれ変わらせる達人の10のテクニックを紹介。

すぐにできるアイデアで、おしゃれに洋服を整頓してきましょう。

おしゃれに収納できる!服の収納方法10のテクニック

お気に入りの洋服も、脱ぎ捨ててぐちゃぐちゃのままだとおしゃれさは半減。海外ドラマの主人公たちのように、見ているだけでわくわくするようなクローゼットにするのはいかがでしょうか。

「家の収納スペースは少ないから、全然おしゃれに収納できない……」と悩んでいる方も、これから紹介する10のテクニックで、おしゃれなクローゼットに生まれ変わらせましょう。

ポイント1.収納ボックスは同じものを揃えて統一感を出す

洋服を収納する1つ目のポイントは、収納ボックスは同じ種類のものを揃えて統一感を出すことです。

あなたのクローゼットの収納ボックスは統一感がありますか?収納ボックスは、目に止まる面積が大きいからこそ、色合いや形を統一させることがポイントです。

形が揃っていることで重ねて収納しやすくなるため、無駄なスペースが生まれにくく、より多くの洋服を収納できることもポイント。

「収納ボックスに統一感がない」「これから揃えようと思っている」という方は、同じ種類・統一感のある色合いの収納グッズを揃えることがおすすめです。

ポイント2.服をおしゃれに収納するならハンガーラックがおすすめ

洋服を収納する2つ目のポイントは、ハンガーラックを活用することです。

クローゼットがあっても出番の多いコートやジャケットなどは、ついつい出しっぱなしにしてしまうこともありますよね。

洋服は出しっぱなしにしていると、部屋が乱雑に見えるだけでなく、洋服にしわや汚れがついてしまう原因になります。

「頻繁に着る洋服がある」「洋服をつい出しっぱなしにしてしまう」「クローゼットだけじゃ収納スペースが足りない!」という方は、部屋にハンガーラックを用意することがおすすめ。

ハンガーラックがあると服の置き場所ができるので、部屋が整頓されて見えますし、何より洋服にしわがつきません。帰宅してすぐに、コートやジャケットなどハンガーラックにかけられるので便利ですよ。

ぜひ、ハンガーラックを用意して、洋服も部屋もすっきりとおしゃれに変身させましょう。

ポイント3.洋服のたたみ方を揃える

洋服を収納する3つ目のポイントは、洋服のたたみ方を揃えることです。

洋服のたたみ方が揃っていることで、見た目を整えられるだけでなく、より多くの量を収納できるようになります。縫い目を揃えてたたむことで、しわになりにくくなりますよ。

ポイント4.収納ボックスには立てて収納する

洋服を収納する4つ目のポイントは、収納ボックスに立てて収納することです。

Tシャツをたたんだ後、収納ボックスに入れ、上に重ねるようにしていませんか?一般的な収納方法ですが、上に重ねてしまうと下にある洋服は次第に着る機会が少なくなってしまいます。

収納している洋服を探しやすくするためにも、立てるようにして収納することがポイント。

洋服が一目でたくさん目に入りますし、より多くの洋服を収納できます。

ポイント5.収納ケースの中にも箱を入れて仕切りを作る

洋服を収納する5つ目のポイントは、収納ケースに仕切りを作ることです。

大きな収納ケースの場合「靴下だけを入れるには大きいけど、タイツも入れたら混ざってしまってわかりにくい」なんてこともあるでしょう。

収納ケースの中に使っていない空き箱を入れることで、仕切りを作成可能。見た目がすっきりするだけでなく、収納するべき場所がわかりやすくなるので、整理整頓しやすくなります。

ポイント6.吊るすときには長さを揃える

洋服を収納する6つ目のポイントは、ハンガーに吊るすときには、長さを揃えることです。

しわになりやすい洋服や、大切な洋服はハンガーに吊るして収納している方も多いでしょう。吊るすときに、なんとなくハンガーにかけてクローゼットに戻していては、下にデッドスペースができてしまいます。

短いものから長いものになるように、長さを揃えて収納することで、見た目がスッキリするだけでなく、吊るしている下のスペースを有効活用できます。

ポイント7.小さなアイテムは袋に入れて収納する

洋服を収納する7つ目のポイントは、アクセサリーや小物などの小さなアイテムは袋に入れて収納することです。

小さなアイテムは、そのままにしておくと煩雑な印象になりますし、どこにあるのか見つけるのに苦労してしまいます。箱の中にしまいこんでおくと、目につきにくくなりますし、絡まったり色移りしてしまう可能性も。

こまごましたものは、ひとつずつ透明のジップロックに入れて管理するのがおすすめです。

ポイント8.細めのハンガーを利用する

洋服を収納する8つ目のポイントは、細めのハンガーを利用することです。

太いハンガーを使っていると、その分収納できるスペースが減ってしまいます。細めのハンガーを利用することで、より多くの洋服を収納できますよ。

コートや重い洋服の場合、細めのハンガーだと洋服を十分に支えられず、型崩れしてしまうことも。あくまでも洋服にあった細さのハンガーを利用するようにしましょう。

また、クリーニングをした後のワイヤーハンガーは、長期間洋服を保管するには不向きです。長期間保管する際には、洋服をしっかり支えられるハンガーや、ずれにくいハンガーを使用するようにしましょう。

ポイント9.押入れに収納するなら突っ張り棒が便利

洋服を収納する9つ目のポイントは、押入れ収納をする際には、突っ張り棒を活用することです。

「クローゼットなんてないから、押入れに収納ボックスを入れて収納している」という方も多いのではないでしょうか。しかし、押入れにも突っ張り棒を使ってハンガーをかけるスペースを作ることも可能です。

長めのコートなどをかけるには高さが足りないこともありますが、トップスをかける程度なら十分対応できますよ。

突っ張り棒は100円均一ショップや、ホームセンターでも購入可能です。

洋服をたくさんかける場合には、あまり細めのものだと重さに耐えきれないこともあるので、太めのものを選んでおくと安心です。耐荷重の重いものや、壁に面する部分が大きいものを選んでくださいね。

ポイント10.中に何が入っているのか把握できるようにする

洋服を収納する最後のポイントは、どこに何が入っているのか把握できるようにすることです。

特に、中身の見えない収納ボックスを使った場合、収納したてのときにはボックスの中身を把握できたとしても、しばらくすると「この箱には何が入っていたんだっけ……?」「そういえば冬のコートはどの箱に入れたっけ……?」とわからなくなりがちです。

どこに何が入っているのか把握できるように、テープで名前をつけたり、目印をつけておくと安心です。

収納しきれない洋服はレンタルクローゼットを活用しよう

これまでに紹介した洋服を収納するコツを、ひとつずつ確実に行うと見違えるほどおしゃれに収納できるはず。ぜひ、試してみてくださいね。

収納をしていくにあたって「自宅にスペースが足りない!」となった方は、レンタルクローゼットを活用してみるのはいかがでしょうか。

CARAETOなら、1箱月額500円で預け入れ可能です。冬用のコートや、シーズンの洋服など、手元においておかなくても大丈夫なかさばる洋服は、自宅外に預けてみるのもおすすめですよ。

実際に1箱でどれくらいの量が預けられるのか、ぜひ詳細を確認してみてくださいね。

>>レンタルクローゼットCARAETOの詳細を確認する

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize