収納整理整頓
脚立の正しい保管方法とおすすめの保管場所とは
サムネイル

庭木の手入れや日曜大工などに欠かせない脚立ですが、家の中でも1台あると便利です。小さなサイズの脚立なら、高い位置のものを取り出したり、ちょっとした作業するときにも重宝します。

しかし、サイズによっては収納スペースの確保やその方法について困ることもあります。今回は、脚立の正しい保管方法について、見ていきましょう。

脚立の保管に悩む理由

自宅にある脚立はどのくらいの大きさでしょうか。脚立には、様々な大きさや種類があります。自宅内のみで使用しているなら、そんなに大きくない、コンパクトに収納できるものかもしれませんね。

ただ、やはり人が足を乗せて体重をかけるだけあり、段数が少ないものでも頑丈にできています。折り畳んでも、ある程度厚みがありますよね。

さらに、屋外で庭木の剪定などに使えるものであれば、長さも重さもあり、保管場所に悩むでしょう。

脚立の保管で多くの人が悩むポイントは、主に2つ。

  • どこにしまえばよいのか分からない
  • 収納スペースの確保が難しい

特に、屋外で活躍するほどの大きな脚立は、適した保管環境や収納場所が見つからないことも多いのではないでしょうか。

古い脚立を見ると、錆びてボロボロになっているものもありますよね。こうなってしまうと、もう安全に使うのは難しいでしょう。できるだけ錆びから守りながら、長く使えるような環境で保管することも大切です。

脚立の正しい保管方法とは

脚立は正しく保管しておかないと劣化してしまう可能性があります。気が付かない間に劣化し、使用中に破損したら大きな事故に繋がりかねません。また、保管場所を謝ると防犯上のトラブルも起きてしまうかもしれないのです。

ここでは、脚立の正しい保管方法や、保管のポイントについてしっかり確認していきましょう。

脚立はできる限り屋内に収納する

屋外で使用する脚立は、つい出しっぱなしにしがちですよね。玄関からあまり見えない位置の壁に立て掛けている家庭も多いでしょう。

しかし、これは防犯上よくないと言われています。もし、泥棒がきたときのことを考えましょう。もしかすると、放置された状態の脚立を使って2階から侵入するかもしれません。屋外にある脚立は、容易に泥棒の道具となり得えるのです。

そのため、自分の家を守るためにも、脚立はできる限り屋内に収納しておきたいところ。どうしても屋外しか置場所がない場合は、チェーンロックするなどして泥棒が使えないように工夫することをおすすめします。

脚立のお手入れ方法

脚立は、主にアルミかグラスファイバーでできています。インテリア性の高いものは、ポリカーボネートなどの素材も使われていますが、今回は一般的なものに絞ってご紹介します。

家庭用の脚立で、特によく選ばれるのは、アルミ製です。グラスファイバーは、電気を通しにくい性質があるため、工事をするときには便利ですがそのぶん高額です。どちらかといえばプロが使うことが多いです。

近年のアルミ製の脚立は、丈夫で軽く持ち運びやすいものが多く、使い勝手が良いですよね。もともとアルミは、耐食性に優れていると言われていますが、お手入れを怠ると劣化しやすくなります。

アルミ製の脚立は、白い粉や黒ずみが生じることがあります。これは、雨や日光にあたることで変質したり、湿気によって酸化することで起こります。少々の変化であれば、安全性に影響がないこともありますが、濡れたまま放置しているなどで腐食がすすむ可能性もあります。

いくら耐食性に優れているといっても、お手入れをせずに過酷な環境に置いておくと、劣化が早まり危険です。たとえば、腐食によってガタツキが生じたり、ゆるみが生じたりすると、体重を預けるのはとても危険。脚立を使用する前には、曲がっていないか、ねじれていないか、ガタガタしないかなど、十分な確認が必要です。

屋外で使用する脚立は、汚れがつきやすいですよね。泥や砂、雨、油などの汚れは、きちんと落として保管しましょう。保管場所は雨のあたらない、湿気のすくない場所を選ぶことも大切です。

脚立は折り畳んで壁に固定

脚立は、壁にたてかけて収納すると、取り出すときに便利です。横に寝かせると、取り出すときに少し手間がかかります。また、整理棚などがない限り、上にそれ以上のものを収納できないため、デッドスペースばかり増えてしまい効率が悪いですね。

しかし、ただ壁にたてかけるだけでは安定性に欠けるため、万が一倒れたときが心配。もし、壁に細工ができるのであれば、丈夫なフックのようなものを取り付けて壁にかけ、固定すると安心です。

脚立を処分する前に

錆びなどで見た目が悪くなった脚立は、安全性の面からすると本来の役割が果たせないかもしれませんが、ジャンクなインテリアとして再活用する方法もあります。脚立を開いて板を渡せば、ガーデニング用の棚になるなど、アイデア次第ではリサイクルできます。

屋内用の脚立で使わなくなったものは、棚にするだけでなく、キャットタワーに生まれ変わらせるなどの方法もあります。

脚立の保管にトランクルームがおすすめな理由

いくらかサイズの違う脚立を持っているなど、使いきれない脚立は処分に困りますよね。「もしかすると、必要なときがあるかもしれない」と、処分をためらう人も多いでしょう。

物置がない家庭では、脚立の保管場所にこまりがち。かといって、屋外に放置していては、劣化が早まるだけでなく、泥棒の道具になる可能性もあります。

そんなときは、トランクルームを活用することで脚立の保管場所に悩む必要がなくなります。使用頻度の低いものを良い状態で保管することができる、一石二鳥のサービスともいえますね。

さらに、脚立とともに使う工具などを一緒に預けると、作業するときだけ取り出せば良いため、とても便利です。自宅の収納スペースを大幅に変えることも可能でしょう。

脚立の保管に最適なトランクルームの条件

脚立をトランクルームに預ける際は、利用できるスペースに脚立のサイズがマッチするかどうかを確認することが大切です。

トランクルームは、サービスによって預けられる荷物の大きさや量、重さが異なります。屋外型のトランクルームの場合は、スペースについての問題はあまりないかもしれません。高さなどにゆとりのあるスペースを貸してくれるところが多いです。

その一方で、湿気対策が行われておらず、気温や湿度の影響を受けやすいものの保管には適していない可能性があるため注意が必要です。

屋内型のトランクルームは、温度や湿度対策が行われているところが多く、様々なものが保管しやすい点が特徴です。しかし、サービスによっては脚立サイズとマッチしないスペースしか提供していないところもあるため、事前の確認が必要です。

脚立をトランクルームに預ける際は、脚立サイズに合うスペースが借りられるかどうかが大きな判断基準となるでしょう。さらに、他のものを一緒に預けたい場合は、温度や湿度の管理が必要かどうかで、適切な環境のトランクルームを選びましょう。

まとめ

今回は、脚立の保管方法や注意点、トランクルームで保管する際のポイントについてご紹介しました。

近年では、収納場所の確保のために新たな物件を探すよりも、トランクルームを活用した方が安上がりで便利なケースも多く、単身者でもトランクルームを利用する人が増えています。

収納場所の確保や保管環境に不安がある荷物は、トランクルームに預けると便利です。ぜひ活用してみましょう!

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる