本を預けるのに最適な環境について知ろう!
サムネイル

皆さんは正しい環境で本を保管しているでしょうか?今回は、本を預けるのに最適な環境とはどんな環境なのかについてご紹介していきます。家の中に本が全くないという方は、おそらくいないでしょう。本は正しい環境で保管して挙げないと、すぐに劣化してしまい、読みにくくなったり価値がなくなったりします。ぜひ参考にしてみてください。

本を預けるのに最適な環境とは?

一度読んだ漫画をまた読もうとして本棚から取り出すと、色々と傷んでいたという経験はありませんか?本は保管環境によってすぐに劣化してしまいます。そのため、正しく保管してあげなければ、劣化してしまい次に読むときに読みづらくなってしまいます。また古本屋などで売ろうとしても、劣化している本を高く売るのは難しいです。ここからは、本を劣化させずに綺麗な状態で保管する方法について解説します。

本を保管しておくのに大切なポイントは5つあります。それは、本を保管しておく部屋の温度・湿度、本を保管しておく置き方、虫対策、埃対策、紫外線対策です。

1.湿度・温度に気をつけよう!

本は紙でできているので、高温多湿にはとても弱いです。そのため、本を管理する場合には、温度と湿度に気をつける必要があります。本を快適に預けるための目安となる温度・湿度は以下の通りです。
- 湿度 40%から60%- 温度 16度から22度

この範囲内で保つことができれば、本をほとんど劣化することなく保管することができます。そのため、本をたくさん置いている図書館や本屋さんでは、基本的にこの範囲内で調整されています。図書館や本屋さんの暑すぎず寒すぎない温度が、本にとっては最も居心地が良い環境なのです。

2.本の置き方に注意

本を劣化させないためには、置き方にも注意する必要があります。本は基本的に、本棚に立てて保管するようにしましょう。ついやってしまいがちなのが、平積みにして寝かせる方法ですが、この場合圧力によって本が変形したり、ページがくっついて剥がすときに破けてしまったりする可能性があります。また本棚に本を並べるときは、ぎゅうぎゅうにしまわないようにしましょう。これも先ほどの平積みにして収納するときと同じように、圧力によって変形したり、取り出すときに破れてしまう可能性があります。そうならないためにも、本一冊分程度は余裕を持って収納するようにしましょう。

3.虫食い対策

虫の中には本を食べる習慣を持つ虫がいます。本を保管しておく環境が悪ければ、こういった虫の餌食になってしまう可能性があります。対策としては、こまめに掃除してあげることです。また防虫剤を近くに置いておくのも有効です。本を食べてしまう虫は、見た目も気持ちわるいので、できるだけ接触しないようにしたいですね。

4.埃対策

埃も本を劣化させてしまう原因になります。そのため、本を預けておく場所としては、定期的に清掃されている場所が最適です。家の物置は滅多に掃除する機会がないと思うので、物置に保管するのはあまりおすすめできません。

5.紫外線対策

茶色に変色してしまった本を見たことがありませんか?本が茶色に変色してしまう原因は、日光や蛍光灯に含まれている紫外線です。そのため、紫外線の当たらない場所に保管しておくか、紫外線防止フィルムを活用するのが望ましいです。

これら5つのポイントに気をつけて、本を保管すると、長い間劣化させることなく本を保管することができます。

本を預けるにはトランクルームがおすすめ

では、本を預けるのにどのような場所が最適だと言えるのでしょうか?ここでは、本を預けることができる最適な環境として、トランクルームというサービスをおすすめします。トランクルームは、利用者が契約期間中、荷物を預けることができる便利なサービスです。本を預けるのにトランクルームをおすすめする理由としては、3点あります。

温度・湿度管理ができる

トランクルーム内は、空調が完備されており、24時間通して一定の環境に維持されています。そのため、常に本を預けておくのに最適な環境で、本を保管しておくことが可能になります。

セキュリティ対策がしっかりされている

トランクルームでは、契約者以外が親友できないように、警備員を配置するなど、徹底したセキュリティ対策がなされています。家の中や物置に保管している場合、少なからず盗難などの被害に遭う可能性がありますが、トランクルームでは安全に保管することができます。

お家の中の収納スペースを節約できる

家の収納スペースは限られており、多くの家では収納スペースが足りていない状態だと思います。特に、本はスペースをたくさんとってしまいます。トランクルームに本を預けることで、最適な環境で保管するだけではなく、家の中の収納スペースを節約できる効果もあります。

このように、本をトランクルームに預けるメリットはたくさんあり、トランクルームを利用することをおすすめします。

本を預けるのに最適なトランクルームとは?

全てのトランクルームが本を保管するのに最適なわけではありません。トランクルームの中でも屋内型トランクルームと宅配型トランクルームが本を預けるのに最適だと言えます。その理由としては、この2つのトランクルームは屋内の倉庫で保管されている点が挙げられます。

屋外型のトランクルームでは、空調設備やセキュリティに関して、本を預けるのに最適だとはいえず、屋外のトランクルームに本を預けるのはおすすめできません。一方で、屋内型・宅配型トランクルームは、空調設備もしっかりしており、セキュリティも高いため、本を預けるのに最適なトランクルームだといえます。

本を預けるならここだ!おすすめトランクルームを紹介!

トランクルームを管理している会社はたくさんあります。トランクルームの管理体制は業者によって差があり、管理が雑な会社を選んでしまうとトラブルに発展してしまう可能性があります。ここでは、数あるトランクルーム会社の中でオススメできる会社を紹介します。

CARAETO

CARAETOは、宅配型のトランクルームで、月額500円から荷物を預けることができます。本を少量だけ預けたいという場合には、最もおすすめしたいサービスです。もちろん、管理倉庫は空調設備が完備されており、清掃員によって清潔に保たれています。セキュリティ対策もしっかりしており、オススメできるトランクルームの1つです。もちろん家まで集荷にきてくれるので、重い本を運ぶ手間が省けるのもありがたいですね。

宅トラ

宅トラも宅配型のトランクルームです。配送を行うのがクロネコヤマトのため、安心感があるサービスです。保管環境やセキュリティ面に関しては問題ないのですが、やや金額が高めに設定されているのが気になるポイントです。お金に余裕があり、最適な環境で本を保管しておきたいという方には、おすすめのサービスです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、本を預けるのに最適な環境とはどのような環境なのか解説してきました。本を預けるのに大切なポイントとしては、以下の5点がありました。
- 温度、湿度管理ができるのか- 本を正しい置き方で置いているか- 虫対策はできているか- 埃がつかないような清潔な場所であるか- 紫外線対策はできているか
このポイントを満たしているのがトランクルームであり、本を最適な環境で預けたいという方は、屋内型・宅配型トランクルームを利用してみるのがいいでしょう。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる