ロードバイクを安全に保管するためには?
サムネイル

近年人気となっているロードバイク。かっこよさや機動性の良さから通勤の足として使っている方も多いのではないのでしょうか。ロードバイクを購入してみると大変なのが保管場所です。ママチャリのようにどこでも置くわけには行かず、毎回家の中に入れている方も多いのではないのでしょうか。
今回は、ロードバイクを安全に保管するためのレンタルルーム活用方法をご紹介しします。

ロードバイクや駐輪場にまつわるトラブルとは

ロードバイクにはスタンドがないため、駐輪する場所を探さなくてはいけないという面があります。また普通の自転車とくらべて高価なため、盗難トラブルにあう可能性もあります。

賃貸アパートの駐輪場にはロードバイクを停めてはいけない

アパートやマンションの自転車置き場といえば屋外駐輪場です。ママチャリなら屋根のついた一角に置いておけばよいですが、ロードバイクの駐輪場としては向いていません。ロードバイクを固定するスタンドが未整備ということもありますが、ママチャリと違い、ロードバイクには盗まれたりパーツが腐ったりするリスクがあるからです。

高価なロードバイクは盗難の可能性がある

ロードバイクはアルミ製の安価なもので10万円前後、最新式の軽量なもので100万円以上します。ロードバイクは軽さが試合を左右するスポーツです。高価なものだと女性が片手で持ち上げられるほどになります。つまり、高価であるほど軽く窃盗団が狙いやすいのです。

盗難防止のためにしっかりロックしておけば大丈夫!という訳にはいきません。ロードバイクはパーツひとつひとつにも値段がつくため、ロックをかけた状態でも外せるパーツだけを盗むことさえあります。せっかくお金を貯めて買ったロードバイクが盗まれてしまったら目も当てられません。屋外駐輪場にロードバイクを保管するのはとても危険なのです。

ロードバイクは通常の自転車とは異なり、カスタマイズがカンタンにできてしまいます。ロードバイクに触ったことがある人なら、ロードバイクをバラバラに分解することもできるでしょう。分解されたロードバイクは、ネットオークションなどで売りさばかれてしまえば、もとにも戻すのはかなり困難です。

ロードバイクは室内での保管が基本と覚えておきましょう。

ロードバイクは雨風で傷つく可能性がある

ロードバイクを室内で保管するのは、盗難防止だけでなく雨風をしのぐという面もあります。

1分1秒を争うロードバイクの大会では、ロードバイクの軽さが命です。ロードバイクは速く走るために、軽量に作られています。スイスイと進む軽快さを追求してカスタマイズしている人も多いのではないのでしょうか。ロードバイクは軽さを追求した分、耐久性を犠牲にしています。ママチャリならば屋根がついただけの屋外駐輪場に保管しても平気ですが、ロードバイクの場合は雨風にやられてチェーンやワイヤーが腐食してしまう可能性があるのです。

せっかくのロードバイクが雨で傷んでしまうことを考えると、室内保管が望ましいでしょう。

ロードバイクをエレベーターに乗せられないことがある

ロードバイクを室内保管する場合、アパートやマンションの2階以上に住んでいるならエレベーターを使うことになります。しかし、アパートやマンションの中には自転車をエレベーターに乗せてはいけないという規定があることも。ロードバイクをエレベーターに乗せてはいけないという規約には、ロードバイクを周囲にぶつけてモノを壊してしまう可能性があることと、一度に乗ることができる人数が少なくなるという考えがあります。

賃貸アパートの場合は室内保管でもトラブルの可能性

ロードバイクを室内に持ち込めたとしても、室内を汚してしまうリスクがあります。雨の日に雨水を拭かないで室内に持ち込んでシミを作ってしまったり、床にタイヤの跡を作ってしまったりと退去トラブルに通じることもあります。

また、ロードバイクを分解せずに自宅におくと、居住スペースが狭くなってしまうというデメリットもあるので、自宅保管は細心の注意が必要です。

ロードバイクを安全に保管する方法

ロードバイクを購入したら、セキュリティ面に気をつけなければならないことがわかりました。ロードバイクを安全に保管するなら

  • 鍵がかかって安全なこと
  • 雨風を受けないこと

という2つの条件を満たしていることが重要です。屋外のトランクルームでも壁がしっかりとしていれば雨風をしのぐことができます。

ロードバイクのトランクルーム利用シーンについて

「ロードバイクを毎回上げ下ろすのが大変!」というときや、「乗らないうちに、ロードバイクが邪魔になってきた」というときにトランクルームを利用するという方法があります。

ロードバイクの室内保管が難しい

駐輪場にロードバイクを停めておけないときや、賃貸住まいでロードバイクがあると居住スペースが狭くなるという場合にトランクルームは便利です。トランクルームに今まで集めたパーツを持ち込んで、カスタマイズを楽しむ趣味スペースとしても活用できます。

しばらく使わないので別の場所で保管したい

3ヶ月以上ロードバイクを使わないなら、トランクルームの利用を考えてみましょう。ロードバイクをトランクルームに預けておけば、ロードバイクを今まで置いていた空間を有効活用できます。一時期にロードバイクにハマっていたけど、環境が変わってロードバイクが続けられなくなった場合や、寒い時期でロードバイクを控えるタイミングがオススメです。

家を長期間留守にする

海外勤務や留学、出張などで家を留守にするときもトランクルームは便利です。ロードバイクだけでなく家具も預けることができるので、アパートを長期間借りるよりも安上がりになります。室内トランクルームなら防犯の上でも役に立つので積極的に利用しましょう。

ロードバイクに適したトランクルームを選ぶポイント

毎日保管場所に行くなら屋外コンテナ型

トランクルームを駐輪場代わりに使いたいのなら、屋外コンテナ型がオススメです。コンテナには鍵がかかるので、ある程度のセキュリティを確保することができます。また、係員の立ち会いなどめんどうな手間がないので、サッと準備してロードバイクに乗ることができます。

今まで購入したパーツなどをコンテナに持ち込んで趣味のスペースとしても活用できます。価格も比較的安価なので、長期で利用しても負担になりにくいのが特徴です。

長期保管ならレンタルルームや宅配型

何ヶ月もロードバイクに乗らないという場合は、屋内レンタルルームや宅配型がオススメです。ロードバイクをバラバラにして保管すれば、収納スペースの節約になるでしょう。1箱から預けることができる宅配型であれば、集荷に来てくれるため預ける際の手間を省くこともできます。また、金額も大変安価となっています。

ジャージなどロードバイク関連グッズを一緒に保管するのもオススメです。宅配型のトランクというサービスは、写真で預けたアイテムを管理することができ、取り出しの際も大変便利です。また、セキュリティ面もしっかりしているため安心して預けることができます。

いかがでしょうか?
今回はロードバイクの安全な保管方法についてご紹介しました。ロードバイクは乗っているだけで心地よい乗り物ですが、保管するにはセキュリティ面や気候に注意しなくてはいけません。トランクルームを上手に活用して愛車と末永く大切にしていきましょう。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる