収納整理整頓
大事なブレスレットのおすすめ収納方法とは
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

手首を美しく飾るブレスレットは、おしゃれのマストアイテムです。手を飾るアイテムはいつでも自分の目に入るので、自然と気分もあがりますよね!そのため、ファッションに合わせて色々なデザインを集めている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ブレスレットは他のアクセサリーと比べて、収納方法が難しいアイテムでもあるのです。

そこで今回は、ブレスレットの収納で気を付けるポイントから、おすすめの収納実例まで詳しくご紹介しています。

ブレスレットの収納に気をつける理由

まずは、ブレスレットの収納で困りがちなポイントをまとめていきます!ブレスレットを集めるのが趣味という方は必見です。

ちょうど良い収納アイテムが少ない

キラキラ可愛らしいアクセサリーは、「見せる収納」として綺麗にディスプレイしたいですよね。実際に、アクセサリーツリーやケースを使って、手持ちのアイテムを可愛らしく飾っている方も多いと思います。

しかし、ネックレスやリングと比べて、ブレスレットにぴったり合う収納アイテムはとても少ないのです。たとえばネックレスであれば、アクセサリーツリーやディスプレイボードに引っ掛ければいいですし、リングはリングケースに収納したり、トレイに置いても可愛いですよね。

一方、ブレスレットを引っ掛けようとしてもサイズが合わないことも多く、専用ケースも気軽に手に入るものではありません。

このようにちょうど良い感じの収納アイテムが少ないので、ブレスレットの収納に悩んでしまう方が非常に多いのです。

ブレスレット同士が絡まりやすい

ブレスレットには細かなビーズやパーツが組み合わせられた繊細なアイテムも多く、一緒にしまっておくとブレスレット同士が絡まってしまうことがあります。

絡まってしまうと、つけたいアイテムを取り出しにくいだけでなく、破損の原因にもなりかねません。

保管状態が悪いと劣化が進んでしまう

アクセサリーは素材によって、こまめにお手入れしなければいけないものと、そうでないものとがあります。

たとえばシルバーは購入してしばらくたつと変色が進んでしまいますが、これは皮膚の汗や皮脂が大きな原因です。しかし、頻繁につけていない状態でも、空気に触れているだけで変色が進んでしまう場合があります。そもそもシルバーが変色するのは硫化水素との化学反応が原因なのですが、空気中にも微量の硫化水素が含まれており、身に着けていなくても劣化が進んでしまうのです。

このほかにも、素材によっては丁寧に扱わないとあっという間に劣化してしまうアイテムもあります。お気に入りのブレスレットを長持ちさせるためには、素材に合わせて保管環境を変えてあげることが大切です。

ブレスレットを収納するときのポイント

つづいては、ブレスレットの収納時に気を付けたいポイントを3つ解説していきます。まずはこの3点をおさえつつ、自分に合った収納方法を見つけていきましょう!

身に着けた後は軽くお手入れする

変色や劣化を防ぐためにも、ブレスレットを身に着けた日は軽くお手入れをしてから収納するようにしましょう。

やり方はとても簡単で、やわらかいハンカチなどでブレスレットについた汗・皮脂を軽くオフしてあげればOK。シルバーなどは定期的に磨いてあげる必要がありますが、日々のお手入れはこの程度で十分効果がありますよ!

形を整えてから保管する

ブレスレットを収納する時は、形状を丸く整えてからしまうようにしましょう。こうすることで型崩れを防ぎ、見た目も綺麗に収納できるようになります。

特にビーズを使ったブレスレットには柔らかい素材が使われていることが多いので要注意です。

「引っ掛ける」より「巻き付ける」収納がおすすめ

ネックレスをはじめ、アクセサリーはピンやフックに引っ掛けてディスプレイする収納方法が多いですよね。しかし、ブレスレットをこの方法で収納すると、大きさが合わないだけでなく、型崩れする可能性を高めてしまいます。

そのため、ブレスレットをディスプレイする時は、引っ掛けるよりも巻き付ける収納方法がおすすめです。イメージとしては腕時計のように、クッションや円柱のディスプレイスタンドを使うと良いでしょう。

ブレスレット収納のおすすめアイテムとは

つづいては、ブレスレットを絡ませずに収納できるおすすめアイテムをご紹介。ほかのアクセサリーも一緒に収納できるものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

レザー調バングルスタンド

ブレスレットの収納には、専用のバングルスタンドがおすすめ。ブレスレットを巻き付けて収納するタイプなので、型崩れの心配もなく、見た目もおしゃれに飾ることができます。

こちらはレザー調の落ち着いたデザインで、どのようなインテリアにもマッチしそうです。オフホワイトなのでアクセサリーのデザインを邪魔しないのも嬉しいですね。

トスカ アクセサリースタンド

ブレスレットとその他のアクセサリーを一緒にディスプレイしたい!という方には、こちらのアクセサリースタンドがおすすめです。

ネックレスを引っ掛けられるフックに、バングルスタンド、トレイもついたデザイン性の高い商品になっています。下のトレイが広めなので、色々な使い方ができそうですね。

ジュエリーボックス 仕切り12個タイプ

ブレスレットをホコリや汚れから守りたい!という方には、こんな風に大きく仕切られたジュエリーボックスがおすすめ。

ブレスレットを12個収納できるこちらのボックスは、透明なふたがついているので大切なジュエリーをしっかり守ってくれます。これなら変色が気になる素材の商品も長持ちさせられそうですね。

ドレスアップ用のアクセサリーなど、特別な時にしか使わないアイテムを長期保管するのにもよさそうです。

リング&バングルディスプレイ

ブレスレットや時計をたくさんお持ちの方には、バングルスタンドが2段に分かれたこちらの商品がおすすめです。

下のケースにはリングを収納でき、まるでお店のようなディスプレイが叶います。高級感のあるデザインですが、ナチュラルテイストでもあるので色んなインテリアに合いそうです。

ブレスレットの収納アイデアを紹介

最後はブレスレットの収納実例をいくつかご紹介していきます!どれも参考になるアイデアばかりなので必見です。

仕切りのついたケースにクッションをいれて即席収納

仕切りのついたケースにクッションを入れ、ブレスレットをディスプレイするアイデアです。ジュエリーボックスとバングルスタンドの良いとこどりで、ブレスレットを傷つけず選びやすさも兼ね備えられます。

これなら専用のジュエリーボックスが手に入らなくても、仕切りつきのケースがあればすぐ実践できます。 参考:https://www.instagram.com/p/BmxK65AHJbg/

ジュエリーボックスの一部を活用!

ジュエリーボックスの下段を仕切ってブレスレットを収納するアイデア!ブレスレットとその他のアクセサリーを一緒に収納しておけますし、持ち運びにも便利です。

1つ1つのアクセサリーが際立って見えるので、手持ちのブレスレットを厳選してディスプレイしても楽しめそうです! 参考:https://www.instagram.com/p/BwOugHWll8F/

ナチュラルトレイで雑貨屋さんみたいなおしゃれ収納

木のトレイなどにブレスレットを置くだけの収納です。普段使いのブレスレットは、このくらいシンプルなディスプレイの方が使い勝手がいいという方も多いのではないでしょうか?

ブレスレットのデザインに合わせてトレイを選べば、おしゃれな雑貨屋さんのディスプレイみたいに仕上がりますよ! 参考:https://www.instagram.com/p/Bv-sKQInfm9/

まとめ

いかがでしょうか? ブレスレットはちょうどいい収納アイテムがあまりないので、収納場所に困りがちなアイテム。素材によっては劣化や変色の危険性もあるので、普段からこまめにお手入れしたいところです。「ブレスレットをディスプレイできるアイテムが見つからない」という方は、ぜひ今回紹介した商品を参考にしてみてください。

また、専用の収納アイテムがなくても、収納アイデアを参考にすれば、まるでお部屋の一角がセレクトショップになったかのようなディスプレイに!気になる商品やアイデアがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize