収納術
冷蔵庫の上収納の注意点とアイデアを紹介します
記事UPDATE サムネイル

限りあるキッチン収納の中で、注目したいのが冷蔵庫の上のスペースです。大抵のキッチンに置かれている冷蔵庫ですが、冷蔵庫の天板から天井までの大きなスペースがデッドスペースになっていないでしょうか。

この冷蔵庫上のスペースを収納として使うにはいくつかの注意点を守らなければなりませんが、それさえ守れば、狭いキッチンの救世主となり得るのがこの冷蔵庫上スペースです。

そこでこの記事では、冷蔵庫の上のスペースを利用した収納アイデアを中心に、収納のコツや便利なアイテムをハイライトでお届けします。

冷蔵庫上の収納にはこんな注意が必要

スペースの大きく開いた冷蔵庫の上。収納に利用したいのはやまやまですが、冷蔵庫の上は利用の仕方によって故障の原因になることも考えられます。その理由と、冷蔵庫の上のNG収納についてみていきましょう。

なぜ冷蔵庫上収納には注意が必要なの?

冷蔵庫は、背面や上部から放熱しています。一人暮らし用などの小型冷蔵庫では、一部上部に物が置けるタイプもあるようですので、お使いの冷蔵庫の取扱説明書を確認してみましょう。

しかし、近年は大型冷蔵庫や最新の冷蔵庫を中心に、背面と上部の両方から放熱するものが増えているようです。

その放熱ポイントの1つである上部に物を置くと、冷蔵庫の放熱を邪魔して冷えにくくなり、冷蔵庫は庫内を設定の温度まで下げようと、平常運転からフル稼働に切り替えます。

その状態が長期にわたると電気代がかさんだり、故障の原因になってしまったりするのです。

冷蔵庫の上こんな収納はNG!カラーボックスも危険

冷蔵庫上を収納として活用する際、してはいけないことは直接物乗せることです。これは上部から放熱するのを妨げ、冷蔵庫内の温度が上がる恐れがあるからです。軽い物であっても、不燃性の脚付きかごなどを利用して、冷蔵庫上部と物の間に隙間を作りましょう。

また、オーブントースターや炊飯器など、自ら熱を発する家電を置くのもやめましょう。お互いの熱がこもってしまい、どちらの家電も故障の原因となる可能性があります。

最後は、安定感のない状態で物を置かないこと。冷蔵庫は頻繁に開け閉めする家電ですので、その振動で上に置いたものが落下してくる恐れがあります。軽い物でぐらぐら安定しないものは、扉を開けた途端に頭の上に落下してくるかもしれません。

安価でたくさん物が収納できるカラーボックスは収納アイテムとして人気ですが、冷蔵庫の上に設置すると放熱を妨げ、安定感にも欠けて危険です。冷蔵庫上にカラーボックスを直接設置することは避けましょう。

冷蔵庫上収納のコツとは

冷蔵庫の上を使った収納のコツをまとめると以下のようになります。

  • 熱を発するものは置かない
  • 冷蔵庫の上の放熱スペースを確保する
  • 扉の開け閉め際に落下しないように工夫する

冷蔵庫の上には直接物を置くことを避け、冷蔵庫の上の空間に突っ張り棚を設置したり、上面全体を覆わない脚付きの収納庫を設置したり、冷蔵庫上に収納するにはひと工夫するのがコツです。

突っ張り棒がつけられるのであれば、2本の突っ張り棒を渡した上に軽いものを収納する方法で、扉の開け閉めの際の揺れと落下を防ぐことができます。

冷蔵庫上収納におすすめのアイテム

冷蔵庫上を活用する収納にぴったりの商品が色々販売されています。まずはそれらが設置できるかどうか、参考になさってみてください。

冷蔵庫と収納の間に空間を作る!「BELLE MAISON 突っ張り冷蔵庫上置き

このアイテムは冷蔵庫に直接アイテムを置かずに、天井と冷蔵庫の上部で突っ張る突っ張り収納です。冷蔵庫の上部と天井の間に扉付きの収納が出来るので、これを取り付けるだけで目隠し付きの収納が完成します。突っ張り収納なので地震のときでも安心できる点も魅力。扉はプッシュオープン式のセイフキャッチ金具で、何かの拍子に収納した物が飛び出しにくい仕様です。

不動の人気を誇るカゴ収納ならこれで決まり「無印良品 ラタン収納用品シリーズ

大きさや深さも豊富に揃う無印良品のラタン収納用品シリーズは、冷蔵庫の上を使った収納でも大活躍。ナチュラルで目隠しもしてくれる便利でおしゃれな見た目とほどよい価格がポイント。必要な場合が蓋を取り付けることもできます。基本の長方形はもちろん、角形バスケットもおすすめ。冷蔵庫上に直接置かずに突っ張り棒を設置しましょう。。

2段式で収納力は抜群!「ディノス冷蔵庫上ラック

小型~中型の冷蔵庫なら、こんなアイテムを使えば一気に収納力がアップします。上部の放熱を妨げない脚付きで、上段の棚は収納するものによって2段階に調節できます。

冷蔵庫背面に固定する転倒防止チェーン付きで、地震が来ても安心です。大型の冷蔵庫の場合、物の出し入れに脚立や踏み台を使用しなければならず、使い勝手は多少悪くなりますが、普段はあまり使わないものを収納することで解決できます。

もっと簡単に冷蔵庫上収納をするには

冷蔵庫上専用の収納を用意せずに、もっと手軽に冷蔵庫上の空間を使いたい!という人にもおすすめの方法があります。

まず、もっとも簡単なのは、かご収納を活用することです。接地面の少ないカゴ(底が平たくない、かごバッグのような形状)であれば、冷蔵庫の上に直接置くことができます。ただし、重いものを入れるのは避けて、カゴの数も1~2個を限度としましょう。

また、脚付きの焼き網のようなものを並べて、その上に物を置くのもOKです。その場合は、脚が滑らないよう、小さなすべり止めを使うなどの工夫をしましょう。

いずれの場合も、使用する季節が限定されているものや、年に数回など使用頻度の少ない物、またはスポンジやラップなどのストック類などを収納するといいでしょう。

ただし、冷蔵庫上は、目が届きにくいだけにホコリや汚れの温床になりがちであることを忘れずに。直接物を置くならこまめな掃除が必要です。

まとめ

冷蔵庫の上のスペースは、どこのキッチンにもあるデッドスペースです。ここを上手に活用することで、限りあるキッチンの空間をうまく使うことができます。注意点を守りながらスマートな収納を目指してみてください。

また、冷蔵庫上に物を置かなくても済むように、キッチンに置いてある物を見直すのも工夫の一つです。季節によって長期間使わなくなるものや、限定的な時期しか使わないものなど、一年中キッチンになくてもいいものまで置いていませんか。

キッチンという限られたスペースには、モノを吟味して置くことがスッキリのコツです。すぐに必要でないものは、月額500円で利用可能な、宅配型トランクルームサービスなどを活用し、センスと使い勝手の良いキッチンを目指してみてはいかがでしょうか。

>>宅配型トランクルーム「CARAETO」で普段使わないものを収納する

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる