着物を大切に保管・収納する方法宅配型トランクルームに預けるメリットとは
記事UPDATE サムネイル

大切な着物、大切に思う気持ちとはまた別に、その保管方法に悩まされている人は意外と多いのではないでしょうか。着物は高価なもので、且つデリケートな扱いが必要なものです。だからこそ、適当にタンスの中にしまっておくわけにもいかず、「保管場所を無駄に取ってしまっている」という状態に困っている人もたくさんいるはずです。

そんな着物を大切に保管しておく方法として、自宅以外の収納スペースに預けるサービスとして、宅配型トランクルームに預けることが一つ挙げられます。そこで今回は、着物をトランクルームに預けるメリットについてご紹介します。

着物の保管で気を付けなければいけない理由とは

そもそも着物はなぜしっかりと保管しなければいけないのでしょうか。「ただ綺麗に畳んでしまっておくだけでは駄目なの?」と考える人もいるでしょう。まず、着物の保管で気を付けなければいけない理由について整理してみましょう。

着物は湿気に弱い

まず一つ目の理由として、着物は湿気に弱いということが挙げられます。着物はきちんとたたんでしまっておくため、こもった湿気が逃げにくく、湿気を帯びやすいという特徴があります。

そのため、何の対策もしていない状態でタンスにしまっておくと、すぐに湿気のせいでカビてしまったり、生地が傷んでしまうことがあるのです。

通常の洋服タンスや収納ケースは特別な湿気対策がされているわけではないため、綺麗に畳んでしまっておいたとしても、長期間しまいっぱなしにしてしまうと湿気のせいで着物の状態が悪くなってしまうことはよくあります。

防虫対策も肝心

昔は精練前の生糸を使用して着物を織っていましたが、今はきちんと精練された絹糸で着物が織られているため正絹の着物に虫害はほとんどなくなりました。しかし、虫の好むウールの着物と一緒にしまっておいた場合は被害が出やすくなります。

また、ウールの着物はもちろん、正絹の着物単体で収納したとしても、虫干しの手間を怠ったり、着用した後すぐにしまったりすると虫の被害に合いやすくなります。

防虫剤を使用する場合は、決して着物に直接触れないようにして、1種類のみの防虫剤を使用しますが、やはり、保管環境が劣悪な場合は、虫に食われたりすることもあるため万全ではありません。

日本の気候は湿気が多く、押し入れも湿気が溜まりやすい場所です。本格的な虫干しが無理な場合は真冬の晴天が続く日を選んで、1年に2~3回は引き出しを開けて風を通してください。

着物をきれいに保管する手順

いくら着物の保管場所が適切でも、着物をしまう手順が間違っていると着物の劣化につながります。ここでは着用してから着物をしまうまでの手順を簡単に解説します。

手順1:脱いだら風通しの良い室内(日陰)に干す

着物を脱いだらまずは、ハンガーではなく衣紋かけ(肩幅の広い着物用ハンガーなど)にかけ、日の当たらない、風通しの良い室内に掛けます。帯は解いたらすぐ叩くようにしてシワをのばし、軽くたたんで同様に干してください。

帯と着物だけでなく、帯締めや帯揚げなどの小物類も同様に干しましょう。

手順2.ホコリを落としてシミの確認、着物の手入れ

着物全体にシミがないか確認します。軽いホコリなどはやわらかいブラシでなでるように払っておきます。

そう見えなくても、着物は意外と汗を吸収しています。しっかり汗を飛ばして風を通しましょう。脇などに汗をかいたときは、絞ったタオルでポンポンとたたくように汗を吸い取ります。その後乾かしておきます。

絹の肌襦袢も着物と同様に汗をとりますが、絹以外の素材であれば洗濯ネットに入れて、デリケート衣類用の洗剤で優しく押し洗いもできます。その場合、柔軟剤もしっかり使いましょう。

着物のシワに気づいたら、必ず当て布をして低温のアイロンでしわを伸ばします。スチームアイロンはかけられませんので注意してください。

手順3.たたんでたとう紙に包む

着物に風を通したらたたんでいきましょう。

「本だたみ」のたたみ方

着物は必ず1枚ずつたとう紙にいれます。折り目通りにきれいにたたみ、最後に縦長になったら三つ折りしてたとう紙に入れましょう。

タンスの底に紙を敷き、その上に収納します。プラスチックの衣装ケースにしまう場合は、底にすのこなどを敷いて湿気対策をしましょう。

防虫剤を入れる時は、化学反応に伴う着物の変色を防ぐため、必ず1種類をタンスの隅に着物に触れないようにして入れてください。

着物を保管する方法

では、着物を保管しておく方法は具体的にどんな方法があるのでしょうか。今回は宅配型トランクルームに預けるメリットについてご紹介していきますが、その前に基本的な保管方法を整理しておきましょう。

着物の保管には桐ダンスが良いというのは多くの人がご存知だと思います。では、なぜ桐ダンスが着物の保管に適しているのでしょうか。

桐ダンスが着物の保管に適しているワケ

桐ダンスを勢いよく閉めると、閉まっていた段がスッと開くのを見たことがありますか?これは、桐が湿気や乾燥の影響を受けにくく、木がやせるなどの狂いが出ないので気密性が高いということの証です。そのため、デリケートな着物を湿気や乾燥からしっかり守ることができるのです。

また、木材の中でも桐は比較的燃えにくく、熱伝導度は木材の中でも最小レベルです。桐でタンスを作ったのは高価な着物を火事から守る意味合いもあったといわれています。

日本の多湿な気候から着物を守るにはやはり桐ダンスが最適といえます。

普通のタンスや衣装ケースに着物を収納しても大丈夫?

木製のタンスに着物を収納する場合、年に1度は着物や帯を風通しの良い日陰で虫干ししましょう。空気が乾燥している11月~2月で、晴天が4~5日続く日が良いでしょう。

プラスチックの衣装ケースに収納する場合は、底にすのこを敷いて湿気対策をしてから収納し、虫干しも年に1~2回しっかり行って着物に風を通してください。

桐ダンスを置くスペースがない人は、単品で購入できる桐製の衣装箱に入れて収納してもいいでしょう。ただし、大抵の桐衣装箱は押し入れの奥行に合わせて作られているため、クローゼットでははみ出してしまう事が多いのでサイズはよく確認しましょう。

着物を宅配型トランクルームの保管サービスに預けるメリット

近年話題になっている、今すぐに必要ないモノをダンボールに収納して自宅の外に預けるという宅配型トランクルームの保管サービスに着物を預けることはどんなメリットがあるのでしょうか。その特長も整理しつつ、メリットを解説していきたいと思います。

収納スペースを取られない

まずメリットとして大きいのは、着物のために大きなスペースを占有せずに済むということです。衣装ケースや桐製の衣装箱は大きなスペースを取ります。

また、虫干しや湿気対策などを念頭に置くと、ケースの上に重ねてたくさんの物を乗せて収納するのものは避けたいため、結果的に大きなスペースが必要になってきます。また、桐ダンスに至っては大胆な模様替えまで必要になる場合もあります。

このような心配事から一切解放されるのが、宅配型トランクルームの大きなメリットではないでしょうか。

着物に適した保管環境

宅配型トランクルームのメリットは収納スぺースだけではありません。

自宅のクローゼットや押し入れは、季節によっては非常に高温多湿になります。着物の保管に湿気は大敵のため、できれば1年を通して空調管理をしたいところですが、自宅の場合はそれも現実的ではありません。

宅配型トランクルームの保管スペースは、24時間365日、温度・湿度管理の行き届いた着物の保管に最適な環境が用意されています。高温多湿の環境になることもなく、冬の晴天(しかも4~5日続く晴天の日)を選んで虫干しする手間も必要ありません。

いつでも出し入れが可能

宅配型トランクルームなら自分の好きなときに、アプリから申し込めば、出し入れすることが可能です。トランクルームと似たようなサービスとして、着物を購入したお店などで預かりサービスを展開していることもあるのですが、この場合は出し入れに手間がかかる可能性があります。

宅配型トランクルームには、預けた荷物を1点から取り出せて、しかも配送手続までアプリ1つの簡単操作を実施している保管サービスもあります。着たい時に必要なアイテムだけをWEBから取り出せるため、着物を複数預けたい人にも非常に使い勝手が良いのです。

しかも、現地まで出向く必要は一切なく、スマホのアプリ操作だけで玄関先まで届くのですから、忙しい現代人にとってこれ以上のメリットはないかもしれません。

利用料金も安い

一般的にトランクルームというと、長期的に借りるイメージもありますし、やはり気になるのはその利用料金ですよね。宅配型トランクルームは月額費用で料金を支払っていくことが多いです。

宅配型トランクルームなら基本的な料金は月々数百円~数千円とそこまで値を張るものではありません。例えば、宅配型トランクルーム「CARAETO」を例にとると、大型の段ボール1つで月額500円。初期費用も掛かりません。

大型段ボールには、着物、帯、草履や小物まで一式を入れることが可能です。桐ダンスを購入する、収納ケースを購入して押し入れやクローゼットを整理して収納スペースを生み出す、これらのことを考えるとコスパ的にも非常にお得といえるのではないでしょうか。

アプリ上に預けた着物がコレクションできる「CARAETO」

宅配型トランクルーム「CARAEO」は、集荷・配送の手続きをアプリで簡単に行うだけでなく、預けた荷物を画面上に並べてコレクションのように眺められる保管サービスです。

預けた荷物はスタッフが1点ずつ写真に収めて保管。画面上からはアイテム1つ1つを並べて確認することができます。

例えば、複数の着物を預けたい場合、着物と帯、小物などは手持ちのものを色々変えてコーディネートします。そんな時、色合わせや雰囲気合わせのイメージをつかむために、このサービスが非常に役立ちます。

「CARAETO」に預ける場合は」「夜着だたみ」がぴったり

着物を収納ケースやタンスにしまう場合は、一般的に「本だたみ」と呼ばれる方法でたたみますが、この方法は着物の長さがおよそ65㎝程度になります。

大胆ボールの幅は58㎝とそれよりやや短めなので、「CARAETO」の保管サービスと利用する際は「夜着だたみ」に挑戦しましょう。

コツを覚えれば誰でも簡単にできるたたみ方なので、1~2度練習をすれば大丈夫です。

参考:「夜着だたみ」のたたみ方

まとめ

着物の保管場所に困る、保管方法が分からないなど、普段使わないからこその悩みはつきものです。着物は高価なものですし、大事なときに着たものとしての思い入れもあるでしょう。ぞんざいに扱うわけにもいきません。

ご親戚やご友人、娘、孫の代まで大切に取っておきたい。そんなときは宅配型トランクルームなど、自宅とは別の場所に預けることを考えてみても良いでしょう。

自宅で中途半端に保管するよりも、着物の大敵となる湿気や害虫の対策がしっかりとされているトランクルームの方が、安心できます。

大切な着物だからこそ、保管方法にもしっかりとこだわりたい。保管にお困りの人は、ぜひ宅配型トランクルーム「CARAETO」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize