キャンプやフェスの必需品!アウトドアチェアを最適な環境で保管するコツ
サムネイル

夏になればキャンプやフェスなどのイベントを楽しむ方もたくさんいると思います。キャンプやフェスで大活躍するのがアウトドアチェアですが、使用しない時期に限っては邪魔なものになってしまいます。

そこで今回は、キャンプやフェスの必需品であるアウトドアチェアを最適な環境で保管するコツを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アウトドアチェアの保管に悩む理由

一般的にアウトドアチェアの保管は難しいとされています。ではなぜアウトドアチェアの保管は難しくなっているのでしょうか?その理由は大きく3つあります。

保管場所に困る

アウトドアチェアは、つまり椅子です。たくさんあるキャンプグッズの中でも比較的大きなアイテムになります。サイズが大きければそれだけ保管が難しくなるのは当然ですね。

物置や押入れ、玄関先などに保管している方が多いと思いますが、そのサイズ感から邪魔だと感じている方も多いのではないでしょうか?

使わない時期が多い

アウトドアチェアは、普段の生活の中で使うことはあまりないでしょう。定期的にキャンプやフェスに行く方も、基本的に春〜秋の時期が多いのではないでしょうか。そのため、普段使いのアイテムに比べ、保管したままの状態にあることが多いと思います。使用頻度が高ければ収納していてもそれほど邪魔に感じませんが、使用頻度が少なければ邪魔に感じてしまい、それだけ保管のストレスが多くなってしまいます。

適切な保管環境を維持しなければいけない

アウトドアチェアは、保管期間が長いアイテムです。そのため適切な環境で保管してあげなければ、保管中に劣化してしまう可能性があります。保管に気を使わなければいけないアイテムなので、それだけ保管が難しくなってしまいます。

アウトドアチェアの正しい保管・お手入れ方法とは?

ここからはアウトドアチェアの正しい保管・お手入れ方法について解説したいと思います。アウトドアチェアの保管で気をつけるポイントは以下の3つです。

湿度が高くなりすぎない場所に保管する

湿度が高い場所にアウトドアチェアを長期間保管してしまうと、カビやサビが発生してしまうことがあり、使用できない状態になってしまうことがあります。そのため、保管場所の湿度には気をつけなければいけません。

物置など湿度が高くなる場所に保管しなければいけない場合には、近くに乾燥剤や除湿剤などを置いておきましょう。また、定期的にアウトドアチェアを取り出して湿気がこもらないようにするなどの工夫が必要になります。

汚れをしっかり落としてから保管する

アウトドアチェアには必ずと言っていいほど汚れが付着しています。目につく場所でしたらすぐに落とすと思いますが、中には目にはつきにくい汚れもあります。そのためアウトドアチェアを使用した後は、汚れていないと思ってもしっかり水洗いで汚れを落とす必要があります。特に海で使用した場合には、海水による塩分が付着している可能性が高いので、しっかりと水洗いで塩分を落とすようにしましょう。

汚れがついたまま保管してしまうと、その箇所からカビやサビが発生してしまうので、保管前にはしっかりと汚れを落とすように意識しておきましょう。

紫外線が当たらない場所に保管する

紫外線はモノを劣化させてしまう大きな原因となるものであり、アウトドアチェアも例外ではありません。そのためアウトドアチェアは、テントの下で使用するなどできるだけ紫外線に当たらないようにしましょう。

またアウトドアチェアを洗った後に乾かす際にも、直射日光に当てるのではなく、陰干しで乾かすようにしてください。紫外線によって劣化してしまうケースは多くみられるため、できるだけ紫外線を当てないように保管しましょう。

アウトドアチェアの保管にトランクルームがおすすめな理由

アウトドアチェアを保管する場所としてはたくさんの候補があると思いますが、その中でもトランクルームは非常におすすめできる保管場所になります。ここからは、アウトドアチェアの保管にトランクルームをおすすめする理由を3つ紹介したいと思います。

湿度や温度の管理がしっかりできる

トランクルームの中には、エアコンが空調設備として設置されているものがあり、湿度や温度の管理を徹底して行うことができます。アウトドアチェアは湿度が高い場所で長期間保管してしまうと、カビやサビが発生してしまう可能性があるため、湿度の管理がしっかりできるトランクルームはおすすめできる保管場所だと言えます。

清潔な環境で保管できる

トランクルームはお客様の大切な荷物を預かるサービスですので、預かった荷物を雑に保管することはまずありません。荷物を保管している保管倉庫はしっかりと清掃が行われており、ホコリなどが原因で荷物が劣化してしまうことはまずありません。家の中や物置では清潔な環境でアウトドアチェアを保管できるわけではないため、トランクルームは最適な保管場所だと言えます。

直射日光が当たることなく保管できる

屋内のコンテナや屋内の保管倉庫で保管しているトランクルームでは、直射日光に当てることなく荷物を保管することができます。紫外線はアウトドアチェアを劣化させる大きな原因となってしまいますので、紫外線を当てることなく保管できるトランクルームは、アウトドアチェアを保管する最適な空間です。

アウトドアチェアの保管に最適なトランクルーム比較

トランクルームサービスはたくさんありますので、ここではアウトドアチェアの保管に最適なサービスを3つ紹介したいと思います。

trunk

trunkは、宅配で荷物を預けることができるとっても便利な宅配型のトランクルームです。1箱が月額500円から利用できるリーズナブルな料金設定と、清掃が行き届いた綺麗な保管倉庫から人気が高まっているサービスです。月額料金も安く、保管環境も申し分ないため、アウトドアチェアを保管するトランクルームとして非常におすすめです。

キュラーズ

キュラーズはお客様満足度も非常に高く、たくさんの方から支持を得ているサービスです。屋内型トランクルームなので、利用料金はやや高いですが、適切な環境でアウトドアチェアを保管することができます。

宅トラ

宅トラはヤマト運輸が運搬・管理を行うトランクルームで、こちらもtrunk同様宅配型のトランクルームです。保管倉庫はとても綺麗で、安心してアウトドアチェアを預けることができます。1つマイナスポイントを挙げるならば、宅配型トランクルームにしてはやや料金が高い点です。

アウトドアチェアを保管するためのトランクルームを探している方は、ぜひ上記3つから選んでみてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、キャンプやフェスの必需品であるアウトドアチェアのお手入れ方法や保管方法について解説してきました。アウトドアチェアは正しく手入れを行い、適切な環境で保管することで長く使用できるアイテムです。アウトドアチェアの保管に困っているという方は、正しく手入れを行い、今回紹介したトランクルームを活用した保管を検討してみてくださいね。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる