大切なシャネルのブーツのケア方法やおすすめ収納場所とは?
サムネイル

シャネルのブーツといえば、上質なブランドブーツの一つです。大事な場面でも日常でもたくさん使えるように、長持ちさせて大切に扱っていきたいですよね。

シャネルのブーツは高価なものばかりなので、保管方法やケア方法を誤って、すぐに劣化させてしまうのではあまりにももったいないことです。

そこで今回は、大切なシャネルのブーツのケア方法やおすすめの保管場所についてご紹介していきます。

シャネルブーツの特徴

「シャネル」は、ココ・シャネルがフランスで立ち上げたファッションブランドです。ブーツも含めた服飾品を中心として、化粧品、香水、宝飾品などさまざまなアイテムを展開していることで有名です。

シャネルで取り扱っているブーツは、定番のレザーブーツからスウェードブーツ、形もロングブーツからショートブーツまで多岐にわたります。

一流のブランドらしくおしゃれなデザインが多く、他にはない唯一無二感がやはり魅力的ですね。そしてどれも、思わず日常で履くのはためらってしまうほど高価なものばかりです。しかしその分、履き心地や素材のしっかりとした耐久性は一級品といえるでしょう。

シャネルブーツの正しい保管・ケア方法とは

高級品のシャネルのブーツを愛用するなら、やはり日常的にケアをすること、正しく保管することはしっかりと気をつけておきたいところです。ケアを怠らないこと、正しい方法で保管することは、シャネルのブーツを長持ちさせることにも繋がります。

定期的にブラッシングするのを忘れずに

まずは簡単にできるケアの一つとして、定期的にブラッシングしてホコリや汚れを取り除くことを忘れないようにしましょう。ブーツに付いたホコリや汚れをそのままにしておくと、表面にカビが生える可能性があります。一度履いたら帰ってきてブラッシングする、の癖付けを大切にしていきましょう。

こまめにこういった汚れを取り除くようにしていくだけでも、長持ち具合は大きく変わってきます。磨いて艶を出すようにするのも、ぜひ忘れずに。

防水スプレーをかけて湿気を防ぐ

ブーツに湿気が溜まるとカビが発生する原因になります。定期的に防水スプレーをかけておくと湿気が溜まりにくく、カビを防ぐことができます。

また、ブーツの中で足の皮脂によって湿気が溜まり、悪臭を放つようになるのもしっかり防いでおきたいところです。中部分には消臭スプレーをかけておくと良いでしょう。雑菌が繁殖することを防ぐのにもつながります。

クリーニングに出すのもおすすめ

ブーツは長く履いていると、どうしてもかかと部分やソールがすり減ってきてしまいます。比較的長持ちしやすく履き心地も良いシャネルのブーツとはいっても、長く愛用していれば劣化は避けて通れなくなります。

それでもまだまだ愛用したい……というときは、靴専門のクリーニングに出してケアしてもらうのがおすすめです。すり減ったかかと、ソールの部分の修理もしてくれるため、お気に入りのシャネルのブーツを長持ちさせるなら定期的にクリーニングに出すことも考えておきましょう。

保管するときは必ずブーツキーパーを使用

履かないときは、必ずブーツキーパーを使用して型崩れを防ぎましょう。特にロングブーツは筒の部分が自立しない場合が多く、折れ曲がった状態のまま放置しておくと型崩れしたり、シワや折れ目がついたりしてしまう恐れがあります。せっかくのシャネルのブーツが型崩れしたりシワになってしまったりするのは、あまりにも残念なことですよね。

ブーツキーパーを入れておけば、型崩れを防げるとともに、良い履き心地を維持することができるでしょう。見た目もきれいなままです。

オフシーズンのときはしまう前にしっかり乾燥させる

ブーツは主に秋冬に使うことの多いシューズアイテムです。春夏のオフシーズンのときは、やはり長期的に使わないことでカビが生えたり、虫食いにあったりするリスクがあります。そういった状況に陥らないためにも、衣替えで仕舞う前にはしっかりと乾燥させることが大切です。

風通しの良いところで陰干しし、ブーツに湿気が残っていないことをよく確認してから保管するようにしてください。そしてなるべく温度変化の少ない場所に置いておくようにしましょう。

シャネルブーツに最適な保管条件とは?

シャネルのブーツは、保管場所を間違えると、カビが生える・型崩れする・レザー素材のひび割れなどにつながる場合があります。シャネルのブーツを安心して保管するためには、最適な保管条件をしっかりと認識しておくことが大切です。

大事なポイントは、保管場所を高温多湿な状態にしないことです。湿気が強いところ、温度が高いところに置いておくと、耐久性の高いシャネルのブーツでもカビが生えたり型崩れしたりする可能性が出てきます。

シューズインクローゼットや下駄箱で保管しておく場合は、湿気や高温を避けるため、

  • 扉を定期的に開け放って換気する
  • ブーツの下にスノコを敷いて通気性を確保する
  • 乾燥剤を入れておく

これらの対策はぜひ実践しておきたいところですね。

シャネルブーツの保管に最適なトランクルーム3選

自宅でシャネルのブーツを保管するのが難しいときは、トランクルームを利用して保管しておくのもおすすめです。空調の効いているトランクルームを選べば、高温多湿な状態を避けてシャネルのブーツを管理することができます。

では最後に、シャネルのブーツの保管に最適なトランクルームを見ていきましょう。

CARAETO

宅配型トランクルームのCARAETOは、段ボール1箱から利用ができる非常にリーズナブルなトランクルームです。段ボールに入る範囲であれば、1箱月額500円から保管ができます。トランクルームを利用したことがないからこそまずはお試しで……と考えている人にもおすすめです。

CARAETOも含めて宅配型トランクルームは、基本的に24時間空調の効いた保管庫で荷物を管理します。環境的にも安心度は非常に高いです。さらには、専用アプリでマーケットに出品することもできるため、処分しようかどうか迷っているシャネルのブーツを保管しながら出品するのもありですね。

宅トラ

宅トラも宅配型トランクルームの一つで、宅配便のクロネコヤマトと提携を行っているのが特徴となっています。保管はクロネコヤマトの倉庫で行われ、運搬もクロネコヤマトが行います。

宅トラも毎月1,480円(段ボール3箱分)から利用ができるため、そこまでお金をかけずシャネルのブーツを預けることができます。預けたいブーツがたくさんある、もしくは他にも衣類などを預けたいなどの希望がある人にはおすすめです。

ユースペース

しっかりと自分でシャネルのブーツを管理したいという人には、ユースペースの屋内型トランクルームがおすすめです。宅配型と違って自分で荷物の出し入れを行う必要はありますが、セキュリティ管理・空調システムなど環境は整っています。

屋内型のトランクルームの費用は、地域・広さによって異なります。環境が整っている分、少なくとも月々5,000円前後はかかると見ておいた方が良いでしょう。お金はある程度かけてでもしっかり管理したい、シャネルのブーツも含めて家にある私物をまとめて預けたいという人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
シャネルのブーツは、高級品だからこそしっかりと管理をして長持ちをさせたいファッションアイテムの一つです。プレゼントでもらった、自分へのご褒美に買ったなど、思い入れの強いものもたくさんあるでしょう。

また、シャネルのブーツも含めてたくさんのブーツをコレクションしている人にとっては、保管場所に困ることも出てくるかもしれません。そんなときは、トランクルームの利用もぜひ検討してみてください。

高温多湿な状態を避けられて、セキュリティ管理のしっかりしているトランクルームなら、きっと安心して高価なシャネルのブーツを長期保管できるでしょう。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる