収納整理整頓
捨てなくていい!サイズアウトした子供服のおすすめ収納方法
サムネイル

子供の成長はとにかく早いですよね。まさに嬉しい悲鳴ではありますが、それに伴ってどんどん子供服が増えていくのは少々頭を悩ませるポイントです。

かといって、着れなくなった物からどんどん捨ててしまうのも勿体無いものです。しかし収納するのは一苦労……。さてこの子供服、一体どうすればいいのでしょうか。

今回はサイズアウトした子供服の収納時のポイントや、おすすめの保管場所について説明していきます。

サイズアウトした子供服の収納に悩む理由

サイズアウト、つまりサイズが合わなくなり着れなくなってしまった子供服の収納には悩まされます。では何故子供服の場合の「サイズアウト」の時に悩むことになるのでしょうか。

子供の身体の成長の速さ

子供の成長の速さは驚異的なもので、1年も経てばもう新しい服が必要となることも多いでしょう。育つにつれ成長スピードは緩やかになりますが、最初の頃は次々と新しい服を購入することになるはずです。

そしてその都度着ることができなくなってしまった服が積み上がり、クローゼットやタンスを圧迫してしまいます。

多種多様なアイテムがあり量が多い

一言で「子供服」とは言ってもその中身は多種多様です。肌着だけでも短肌着・長肌着、上着やズボンにロンパース、また靴下や同じ身に着けるアイテムとして靴や帽子も必要になります。

1つ1つが安い物ではないため捨てられない

どんどん成長していく子供に合わせて作る子供服は、1つ1つが比較的高価になりがちです。ブランド物というわけではなくても高いものも多く、なかなか簡単に「捨てる」という選択肢を選ぶことができません。

勿体無いというのはもちろんですが、もう1つ「想い出」として取っておきたいという人もいるようです。

おさがりに使えるためとっておきたい

なかなか手放せない理由の1つが「今後の再利用」です。1着の服を着る期間は短く、それ故におさがりとして活用することも十分に可能なのです。

しかし、「後々使うから」とタンスの奥へとしまっていては、出した時に害虫被害や色褪せなどもあるかもしれません。次に使う時期が確定していないのなら、長期間の保管を見越した上手な収納方法を実践しなければならないのです。

子供服を保管する際のコツ

今後何かしらの目的で使うであろう子供服。ただタンスやクローゼットに入れておくだけでは不十分といえます。子供服を保管する際のコツがいくつかあるので、1つずつチェックし実践することをおすすめします。

状態が悪い物は捨ててしまう

使う期間は短くても、活発な子供の日常に負けてボロボロになってしまう服もたくさん出てきます。穴が開いたり汚れたり、そうした物は迷わず捨ててしまうことも大切です。

状態が悪い物はリサイクルやバザーでの再利用も難しいので、勿体無いと思うかもしれませんが捨てる勇気も持ってみることをおすすめします。

数を決めて残しておく

詰め込めば詰め込むほど大量になる子供服ですが、状態の良い物がたくさんあるからといって全ての物を保管しておくのは難しいものです。

残す際にはあらかじめどれだけの物を保管しておくのか、その枚数を決めておくことをおすすめします。残す時のポイントは「次の子供が着るため」「想い出の物」といったように目的を決めてどうするか決めることです。なんとなく残しておくというのは得策ではありません。

シーズンごとにまとめる

大量の服を全て同じ場所、同じ収納ケースに入れてしまうとどこに何が入っているのか分からなくなってしまいます。タンスに入れる場合も、また別途ケースを使う場合もシーズンごとに分けて入れておくと後々探しやすくなるでしょう。

防虫、除湿は必須

長期間保管しておく際に必須となるのが害虫・湿気対策です。子供用、大人用限らず衣類は虫や湿気に弱く、長期間ほったらかしにしているとあっという間にボロボロになってしまいます。

今では市販の防虫剤や除湿剤を簡単に手に入れられるので、まずはこうしたアイテムを使って対策を試みましょう。またアイテム以外にも置く場所1つでも随分と変わるので、できるだけ風通しの良い場所へと置いておくことをおすすめします。

トランクルームへ預ける方法

自宅で管理するよりも手軽な方法がトランクルームの利用です。トランクルームとは自宅以外の場所を確保し、物を預けるというサービスのことを指します。もちろん月々の料金を支払う必要がありますが、利用することで見えてくるメリットというものも確かにあります。

サイズアウトした子供服をトランクルームに預けるメリット

月々の費用や最初の手続きこそ必要なトランクルームですが、自宅で保管する場合よりメリットがあるのも事実です。そのメリットを見ていきましょう

自宅に保管場所を作らなくていい

トランクルームを利用する時のメリットと言えばやはりこれ。自宅に専用の保管場所を作る必要がなく、またそのための片付けを行う手間も省けます。部屋を圧迫しないので、増えていく服の量に圧倒される心配もないでしょう。

環境が整っている

トランクルームは空調や防犯対策が整っているところも多く、大事な物を綺麗にしまっておくには最高の環境となっています。サービスによってはスタッフが常駐しているタイプもあり、安心感は抜群です。目の届かない場所にしまっておくため、こうした対策が施されているトランクルームは下手をすると自宅よりも安心かもしれませんね。

必要な時に取り出せる

トランクルームに預けた荷物は基本的に必要になれば取り出すことが可能です。一部屋借りるタイプなら、自身で足を運び必要な分だけ取り出せばOK。段ボールで倉庫へ預ける宅配型のトランクルームなら、申請すればいつでも自宅へ届けてくれます。ものによっては専用アプリから簡単に取り出し依頼をすることもできます。これならスマホ一つで欲しい物を欲しいだけ取り出すことができてしまいます。

子供服の収納に最適なトランクルームの条件

トランクルームは便利なサービスであることは間違いありません。ただし子供服を収納する際には気を付けたいポイントがあるのが事実。なるべく綺麗なまま保管し、またサービスとしても良い使い勝手が欲しいところです。

そのための子供服の収納に適したトランクルームの条件が以下のようになっています。

空調設備完備のトランクルーム

今では多くのトランクルームで空調設備が完備されています。除湿、冷暖房、最適な空気は長期間の保管には必要不可欠。衣類を保管する上で最適な環境を作ってくれるので、空調設備の有無は必須条件としてまず確認しておきましょう。

屋内倉庫のトランクルーム

トランクルームの中には屋外にコンテナが置かれたような形のものも存在します。子供服の保管には、そういった屋外コンテナのトランクルームは不向きです。屋外コンテナの場合空調設備がないことも多く、扉1つで屋外に繋がっているものは万が一の虫の侵入も考えられます。ビルの一角や専用の屋内倉庫を抱えているサービスを利用すれば、虫の被害にも遭遇しにくくなるでしょう。

出し入れが簡単なトランクルーム

サイズアウトした子供服を預けるということは、子育て中で忙しい中に行うということ。その場合、遠くのトランクルームを借りてしまったり、荷物が運びづらいトランクルームを選んでしまうと使い勝手が悪くなってしまいます。

子育て中なら出し入れが簡単なトランクルームを選ぶのがおすすめ。先ほど紹介した宅配型のトランクルームなら、箱に詰めるだけで出し入れは専用業者が行ってくれます。便利なトランクルームを選択して、家の中を快適に保ちましょう!

まとめ

子供一人だけでもどんどん増えてしまう子供服。それが二人、三人となればまた膨大な数になり、収納スペースを圧迫することとなるでしょう。

とはいえ1つ1つはどれも想い出深いもの。できるなら今使わなくても置いておきたい、それが親の気持ちかもしれません。そんな時こそ、自宅の収納スペースを圧迫しないトランクルームがおすすめなのです。利用が簡単なトランクルームも多くありますので、これを機にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる