収納整理整頓
失敗しないための屋根裏収納のコツ教えます
サムネイル

屋根裏部屋はあこがれますし、あると収納が広がってとっても便利。その反面、使いにくさや夏場は蒸し風呂になってしまうなど悩みもたくさんあります。では実際にどんなものを収納するのが正解なのでしょうか?

この記事では、屋根裏収納におすすめの収納できるものや収納のアイデア、使えるアイテム、気を付けたいポイントをまとめてご紹介します。

屋根裏に収納するものにはなにがある?

屋根裏部屋に収納するものには、どんなアイテムがあるのでしょうか?屋根裏には主に普段使いしないアイテムの収納場所として使う場合が多く、収納するアイテムも以下のように普段使わないものになることが多いようです。

 季節のアイテム  段ボール  思い出の品  布団  洋服

季節の洋服、クリスマスツリーや浮き輪、キャンプ用品などの普段は使わない季節の品や、来客用の布団はぜひ屋根裏収納を活用したいアイテムです。

他にも引越しに使った段ボールや家電の入っていた段ボールなど、今後使うかもしれない段ボールの収納場所としても重宝されています。

また、思い出の品は普段は使いませんが、節目で必要な場合もあり取っておきたいものです。アート活動をしている場合には作品置き場としても便利に使うことができます。

このように、屋根裏には普段使いしないものや捨てられない備品を収納したり、趣味のものの保管庫として使われることが多いようです。

屋根裏収納のポイントや注意点

屋根裏収納を行う場合のポイントや注意点は以下となります。

  • はしごの場合は重いものは持ち込めない
  • 床置きより高さを活かした収納を
  • あまり使わないものを一番奥に収納
  • 夏場は蒸し風呂になる場合もあり注意が必要

もしこれから屋根裏部屋を作ろうと考えている場合は、断熱材を仕込むのは必須事項です。採光の窓がある場合は、夏場40度近くの蒸し風呂となります。そうなってしまっては収納したくてもできるものに限りが出てきてしまいます。使い道を多くするためにも断熱材は必ず入れるようにしましょう。

また、屋根裏はある程度天井までの高さがありますので、乱雑に床置きするにはもったいない収納部屋です。うまく利用するためにも天井までの高さを活かし、収納ボックスをスタックして積む、チェストやラックを用意するなど収納の基本アイテムを用意すると便利です。

ほかにも屋根裏部屋ははしごで登る場合が多く、一気にたくさんの物は運び込めません。ある程度小分けにして持ち込み、屋根裏部屋でまとめて収納を作るのがおすすめ。重い物も持ち上げにくいので、収納する際には注意が必要です。

屋根裏収納におすすめのアイテム

それでは、屋根裏収納を便利に行うためのおすすめアイテムをご紹介します。

小物や洋服などの収納に「アイリスオーヤマ チェスト クローゼット

重ねてスタックできる衣装ケースは、細かいアイテムや洋服の収納にぴったりです。こちらは引き出しが半透明ですので中身が透けて見えて、何が入っているのか見当をつけやすい点も魅力。シンプルで使いやすい基本の収納アイテムです。

高さを活かした収納を!「不二貿易 メタルTVラック

棚の高さを自由に変更できる便利な収納ラックです。高さを自分の好みに調節できるので、數納するものに合わせて無駄なく上下のスペースを使うことができます。キャスターもついているので動かしたいときにも簡単。メタルラックですので頑丈でシンプルな見た目もおすすめの理由です。

見た目もかっこいい収納ボックス「フェローズ バンカーズボックス

軽くて便利な収納ボックスは見た目もシンプルでかっこよく、直接何が入っているのか書くことができる点などが魅力。軽いので屋根裏への持ち込みが手軽です。収納する際にはラックに収納するのがおすすめ!捨てられない思い出の品や、こどものおもちゃを入れておくのにも最適です。

屋根裏の収納実例

最後に、屋根裏収納の実例をご紹介。大事なアイテムをしっかり収納しておくためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

季節のアイテムの保管場所に最適


ひな人形やビニールプール、扇風機、クリスマスツリーなど季節のアイテムの保管に屋根裏部屋は便利です。いつも使わないものなら、多少出しにくい場所に置いても問題ありませんし、ほかの使いやすい収納が空くのでおすすめです。ただしひな人形の保管などは、空調がない場合温度湿度管理に気を付けてください。

パソコンの箱など念のため取っておきたい箱置き場にも!


パソコンの箱は壊れてしまったときにカスタマーサービスへ送るのに必要になる場合も。ほかにもゲーム本体の箱は売りたくなった時に必要ですし、家電の箱も取っておくと便利です。でもかさばるので押し入れなどに入れると場所をとってしまいます。

そこで屋根裏部屋に保管しておけば、気にせずに箱を取っておくことができます。箱を保管する場合にはラックに入れるか、段ボール同士を縦に重ねると場所を取らずに済みます。

天井までの高さを活かした収納にしよう


屋根裏は天井まである程度高さがありますので、ラックでの収納がおすすめ。ラックに段ボールに詰めたアイテムやプラスチックケースに入れた洋服などを入れれば、床置きよりも目的のアイテムも見つけやすくなり、スペースも取らないので便利です。

荷物を片側に寄せれば子供の秘密基地にもなる


収納する荷物をチェストなどにきれいにまとめて片側に寄せて収納すれば、子供が遊べる秘密基地としても使えます。採光用の窓がある場合には、ちょっとした机などを置くのもおすすめです。子供に使わせる際には、収納したアイテムが崩れてこないよう注意が必要です。

古着やお下がりにしたい子供服の収納にもぴったり


上の子が着た子供服を取っておいて、下の子に着せたい場合もあります。でも年が離れているとしばらく収納しておかないといけません。そんな時に屋根裏部屋に収納しておけば、気にせずたくさん収納しておくことができます。収納する場合はプラスチックケースに入れておくとほこり対策にもなり安心です。お気に入りの子供服も、ちょっと捨てられない思い出の服も取っておくと後々助かりますよ!ただし、衣類を収納する場合は湿気対策や虫食い対策を忘れずに。

かさばる布団も屋根裏部屋で管理


来客用の布団も、普段使わないのに押し入れに入れておくのはかさばります。そこで屋根裏部屋へ収納してみてはどうでしょうか?屋根裏部屋なら気にせずゆったりと収納しておくことができます。虫対策に、しっかりと防虫をして布団袋に収納しましょう。 換気に気を付けると、出したときに気持ちよく使うことができます。できれば来客の前に干してあげるとより快適に使うことができます。

捨てられない思い出の品を収納


アルバムやおもちゃ、思い出の服など捨てられないアイテムを収納するのに便利なのが屋根裏部屋です。屋根裏部屋は出し入れが面倒ですが思い出の品なら、たまに出す程度ですみます。アルバムや思い出の品を取っておくことで、子供の結婚式などで使える場合も。

プラスチックケースは必須


書籍や洋服などは、密閉できるプラスチックケースがおすすめです。虫がついてしまっては、せっかくの書籍や洋服も使えなくなってしまいます。防虫剤と一緒に密閉できるプラスチックケースに入れておけば、いざ出したときにも気持ちよく使うことができます。

まとめ

いかがでしょうか?
屋根裏収納はうまく使うことができれば、下のお部屋はものが少なくなりすっきりとします。あまり重いものを運び込むのはおすすめできませんが、季節の品は極端に重いものは少ない印象です。ちょっと取っておきたい段ボールや洋服も屋根裏収納へ保管して、お部屋の収納を有効に活用しましょう。

ただし屋根裏の環境には注意が必要です。収納しておきたいものを置いておける環境なのかしっかりチェックしてから収納するようにしてくださいね。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる