収納整理整頓
ペット用品だっておしゃれに収納したい!使いやすくするポイントとは?
サムネイル

ペット用品は毎日使うものがたくさんで、ついついごちゃごちゃと雑多になりがちです。でもそのへんにペット用品を放置しておくと生活感がにじみでますし、せっかくのインテリアが崩壊してしまうことも……。もしおしゃれにペット用品を収納するアイデアがあるならぜひ取り入れて、すてきなお部屋にしたいものです。

また、家族の一員であるペットの生活用品だからこそ、丁寧に使いやすく衛生的にも問題ないように収納してあげたいですよね。

この記事では、そんなペット用品をおしゃれに使いやすく収納するアイデアや収納に使えるアイテム、収納する際の注意点などをハイライトでお届けします。

ペット用品の収納に悩む理由

ペット用品は普段使いの物が多く出し入れが頻繁。人間用とは別に生活用品を1セット用意するので収納場所も悩みどころです。

ごはんやおやつも、念のためにと多めにストックを用意するご家庭も多いのではないでしょうか。シーツなどは汚したとき、さっと手に取りやすい位置に置きたいものですが、かさばるので困りものです。トイレは生活感がにじみ出ますし、見た目も衛生面的な観点から来客時はとくに気になります。ダイニングから見えるのはちょっと嫌だな……なんて思ってしまうことも。目隠ししつつ、使いやすく収納できるのが理想ですよね。

ペット用品を収納するときのポイント・注意点

ペット用品を収納する際の注意点にはどんなものがあるのでしょうか?

大きくは以下の5点です。

  • 日用品なので、あくまで使いやすく収納する
  • 散歩で使うものは玄関にまとめる
  • ペットシーツはトイレの近くに収納
  • ペット関連の書類はまとめておく
  • 食べ物は涼しい場所で保管

ペット用品は毎日使うものが多いので、インテリアの見た目や隠すことにこだわりすぎず、あくまでさっと手に取りやすいよう収納しておくと便利でストレスもありません。とくに散歩で使うペット用品は、玄関にまとめておくと使いやすく衛生的。食べ物はストックするものとすぐ使うものに分けて、なるべく涼しい場所で保管するようにしましょう。

ほかにもペット関連の書類をまとめておけば、病気の際など緊急案件の場合にもさっと取り出せて慌てずに済みます。

ペット用品の収納におすすめのアイテムとは

それではペット用品の収納に欠かせないおすすめアイテムを紹介していきます。

おやつやごはんをさっと取り出せる「CAINZ 片手で開け閉めできる保存容器

こちらは、両手がふさがっていても片手でさっと開け閉めできる透明な保存容器で、ペットのごはんを収納しておくのに便利なアイテムです。

異なるサイズでもシリーズで積み重ねて収納ができる点が魅力で、キッチンなどで活躍します。中身が見えるので、ごはんやおやつも一目瞭然!使う分だけ容器に収納して、残りのストックは別にしておくのもおすすめです。

ペットシーツやおもちゃ入れに最適!「八幡化成 バルコロール」


こちらは見た目もおしゃれなシリコン製バスケットで、持ち手が紐でできている点や船のようなやわらかな形状が特徴です。

北欧風の10色カラー展開で、どんなお部屋とも相性抜群。ペットシーツやおもちゃ入れに最適で、不透明で中身も見えないのでインテリアとも馴染みます。サイズ展開も豊富ですので、用途に合った大きさを選ぶのがポイント。ペット用品以外もバルコロールで揃えれば、統一感のあるおしゃれなお部屋になります。

工夫次第でトイレの目隠しにもなるキッズテーブル「IKEA KRITTER」


リーズナブルな価格や清潔感のあるホワイトの色彩が魅力のキッズテーブル「IKEA KRITTER」は、トイレの目隠しにも最適。キッズテーブルは小型犬や猫などにぴったりの大きさで、ペット用品をカゴに入れて下に収納するのも良いですし、お昼寝クッションを置いても良いですよね。

ペット用品の収納アイデアを紹介!

最後にペット用品の収納アイデアを紹介。簡単にできるものばかりなのでぜひ試してみてくださいね。

ペットシーツはカゴに入れておく


ペットシーツを買ってきたままのパッケージで放置していては、インテリアの雰囲気も台無しです。シーツはおしゃれなカゴに入れて、ケージの上など使いやすい場所に置いておきましょう。しっかり収納すると汚れた時にさっと取り換えにくいので、手元に置いておく方が便利です。

トイレは簡単DIYで一見わからないように隠す


IKEAのキッズ用テーブルなどを使って、その下にトイレを設置してみましょう。猫や小型犬ならこの高さでも十分ですよね。まわりを布などで簡単に覆えば、一見ペットのトイレがあるとは思えないおしゃれな空間に。机の上にちょっとしたグリーンをのせる、インテリア小物を置いてみるとより生活感が無くなるのでおすすめです。

トイレをケージ内に設置しているならトイレットペーパーも一緒に収納


ケージ内に突っ張り棒とS字フックを組み合わせたトイレットペーパーホルダーを作って設置しておくと、トイレの際にもさっと取り出せてとても便利です。ケージの中に設置することで、その辺にトイレットペーパーが転がっている状態にならずに済みますし、生活感を最低限に抑えることができます。消臭スプレーを一緒にかけておくのも◎。

おもちゃもワイヤーネットでケージ内に保管しよう


外に置いておくとカラフルで雑多な印象になりがちなおもちゃですが、これもケージの中にワイヤーネットを設置して、引っ掛けるタイプのカゴをかければ収納可能に。ケージの中に入れておけば外から見えにくいですし、どこに片付ければよいのか一目瞭然です。

子供がいるなら食べ物は棚の上へ置くと安心


子供が間違って口に入れる可能性のあるペット用の食材は、密閉容器に移し替えて棚の上へ保管するのがおすすめ。壁収納をうまく使って並べて置くのも使いやすいですよね。使いやすい分だけ手に取りやすい場所に出しておき、ストックは別の容器に入れて収納しておくのが使いやすさのポイントです。

お手入れグッズは引き出しに入れればいたずら防止にも


ペット用品はシンプルに隠してしまうのも、賢い収納アイデアの一つです。手持ちの引き出しに無印や100円ショップで手に入るポリプロピレンボックスを入れて、ペット用品を収納してみましょう。ペットが開けられない棚や引き出しに入れておけば、目隠しにもなりペットのいたずらも防げるので一石二鳥です。

お手入れ用品は洗面台の下に収納


洗面台の下にボックスを設置して、中にお手入れ用品をまとめて収納してみましょう。ブラシなどを直接入れるより、毛も飛び散りにくく汚れたら簡単に洗えるので大変便利です。爪切りやシャンプー、ブラッシング用品をまとめておけば、探さずに済むので使いやすく、洗面台の下なら衛生的にも掃除しやすくて良いですよね。

お散歩グッズは玄関の靴箱の裏を活かした収納で解決


玄関にある靴箱の裏は定番のデッドスペースです。そこをうまく活用してお散歩グッズも収納してしまいましょう。扉の裏にフックを両面テープで設置して、そこにリードをかけます。ほかにもお散歩バッグを一緒にかけておくのも良いですよね。トイレ処理袋や、帰宅後の足ふきシートもまとめて置いておくと使い勝手が良いのでおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
ペット用品の収納は、ちょっとしたアイテムを使って収納場所を工夫していくだけで、一気に使いやすくおしゃれな収納にできることがわかりました。とくにバスケットはさっと取り出せるのでペット用品の収納の味方ですよね。

ペットは大事な家族ですので、ペット用品もおしゃれに大事に収納してあげたいものです。ぜひアイデアやおすすめのアイテムを参考にしていただき、素敵なペット収納を作ってあげてください。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる