寒い日の味方!電気毛布を保管するときのポイントや注意点とは?
サムネイル

電気毛布は寒い日のマストアイテムです。今回はそんな電気毛布を保管するときのポイントや注意点について解説していきます。電気毛布の保管に悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。

電気毛布の保管に気をつける理由

電気毛布の保管に気をつける理由は、保管方法によっては電気毛布を傷めてしまう可能性があるからです。

電気毛布はその性質上、カビやダニが繁殖しやすくなってします。もし何も考えず湿気の高い場所に保管してしまうと、ダニやカビの繁殖がより進み、次回取り出すときには電気毛布がひどく傷んでいるということもあります。そのため電気毛布は適切な環境で保管しなければいけないのです。

また電気毛布は比較的大きなアイテムですので、保管場所も考えなければいけません。家の中の収納スペースは限られていますので、その収納スペースを最大限生かすためにどのように保管するべきかしっかり考えた上で保管するようにしましょう。

電気毛布は保管方法や保管場所をしっかり考えた上で保管するのが望ましいアイテムだと言えます。

電気毛布を保管するときのポイント・注意点

寒い時期には大活躍の電気毛布ですが、春先から暖かくなってくると使う機会は無くなると思います。電気毛布を使わない時期は保管することになると思いますので、今回紹介する電気毛布の保管で気をつけるポイントをチェックしてみてくださいね。

ポイント1:洗濯してから保管しよう


電気毛布には洗濯ができるものとできないものがあります。表示を確認して洗濯ができるタイプでしたら、しっかりと洗濯をしてから保管するようにしましょう。また洗濯ができないタイプならば、クリーニングに出してから保管するのがベターです。

ポイント2:ダニ対策を行おう


電気毛布にはたくさんのダニが生息している可能性があります。そのまま保管してしまうと、保管中にダニが繁殖してしまうので、しっかりとダニ対策を行なってから保管する必要があります。

ダニ対策の手順は以下のようになります。

  • 1.電気毛布を折りたたみ、ポリ袋に入れる。
  • 2.毛布部分を布団の間に挟んで、コントローラーの目盛りを最も強いものに設定し、2〜3時間置く。
  • 3.ポリ袋から出して、両面に掃除機をかける。

ダニはアレルギーの原因となり、私たちの健康を脅かす存在になります。そのため保管する前にはしっかりと適切なダニ対策を行うようにしましょう。

ポイント3:防虫剤はなるべく使わないようにしよう


長期保管する際には、防虫剤を使用したほうがいいように思えますが、電気毛布の場合にはなるべく使わないようにしましょう。その理由は、防虫剤を使ってしまうと、ヒーターやコントローラーを傷めてしまう可能性があるからです。

ポイント4:湿気の少ない場所で保管しよう


保管する際には、汚れがつかないよう箱や袋などに入れ、上から負担がかからないように保管しましょう。また保管場所の条件としては、ダニが繁殖しないよう湿度の低い場所であることが望ましいです。

上記4つが電気毛布を保管する際のポイントになります。電気毛布を正しく保管するためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

電気毛布の保管にトランクルームがおすすめな理由

電気毛布の保管にはトランクルームがおすすめです。トランクルームとは、個人や法人が契約することで一時的に荷物を預けて置くことができるもので、収納スペースの少なさを補ってくれる画期的なサービスです。

トランクルームで電気毛布を保管するメリットは単に収納スペースを節約できるということだけではありません。電気毛布の保管にトランクルームを利用するメリットは、収納スペースを節約できる以外にも、以下の2つが考えられます。

適切な環境で保管できる


トランクルームは荷物を預かるサービスであるため、保管環境にも気を使っているサービスが多く存在します。保管している間に荷物が劣化してしまわないよう、空調設備の完備や清掃活動などに力を入れているのです。

電気毛布を保管する際には、ダニやカビが繁殖してしまわないように適切な環境で保管するのが望ましいと言えます。特に屋内で保管するタイプのトランクルームでは、電気毛布の保管に最適な環境で保管しておくことができるので、おすすめできるサービスなのです。

必要なときにはいつでも取り出すことができる


トランクルームに預けている荷物は必要なときにいつでも取り出すことができます。そのため電気毛布が必要なときにだけ取り出し、必要のないときには預けておくことができるのです。

クリーニング屋さんなどでも、毛布の預かりサービスは行っていますが、ほとんどが半年間など期間限定で行われています。そのため場合によってはまだ必要ないのに取り出さなければいけないということも考えられます。

必要なときにすぐに取り出すことができるトランクルームは、まさに電気毛布の保管にうってつけのサービスだと言えるのではないでしょうか。

収納スペースを節約できる以外にも、トランクルームを電気毛布の保管場所として利用するメリットは多くあります。電気毛布の保管に困っているという方はぜひトランクルームを活用してみてくださいね。

電気毛布の保管に最適なトランクルームを比較

ここからはトランクルームサービスを始めて利用する方向けに、電気毛布の保管に最適なトランクルーム3社を比較していきます。どのトランクルーム会社を利用していいかわからないという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

trunk

宅配収納サービスの「trunk」は、株式会社トランクが運営している宅配型のトランクルームです。宅配型トランクルームなので、日本全国どこにいても利用することができます。またトランクルームとしては破格の月額500円から利用することができます。

trunkは単に料金が安いだけでなく、保管環境も抜群です。最新セキュリティシステムを導入しており、万全の状態で保管できるほか、エアコンも設置されているのでいつでも適した環境下で電気毛布を保管することができます。

料金面と保管環境面から言っても、バランスのとれたおすすめできるサービスだと言えます。

ハローストレージ

ハローストレージは貸会議室や貸しスペースを運営しているエリアリンク株式会社が運営しているトランクルームです。屋内型と屋外型のトランクルームを所有しており、日本全国北海道から沖縄まで展開しています。

トランクルームはエリアによる偏在性が高いサービスなのですが、ハローストレージはそういった面で使用しやすいトランクルームサービスだと言えるでしょう。

スペースプラス

スペースプラスは、比較的リーズナブルな料金で利用することができるトランクルームです。まだ管理エリアは少ないのですが、細かなサポート内容から人気が高まっています。

トランクルームサービスは、月額2,500円程度で利用することができ、安いトランクルームを探しているという方におすすめです。宅配型のトランクルームを除くとかなり安いトランクルームサービスと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、フェンディバッグの正しい保管方法や、ケアの方法、適切な保管場所についてご紹介しました。自宅の収納に困っている人や、これまで大切なものの収納で失敗したことのある人は、トランクルームの活用を考えるチャンスです。

トランクルームを活用すると、大切なものを安心して預けられるだけでなく、自宅の省スペースにもつながります。ブランドバッグの保管をはじめ、大切なものや季節ものなどの保管に悩んでいる人は活用してみてはいかがでしょうか。

TRUNKならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる