ラジコンの正しい保管方法や自分だけのおすすめ保管場所を紹介!
サムネイル

男の子であれば幼少期に一度はラジコンで遊んだ経験があるのではないでしょうか?ラジコンは魅力がたっぷり詰まっているアイテムで、世代を問わず広く愛されています。

今回はラジコンの保管方法をテーマに、ラジコンの保管やお手入れの方法など詳しく解説していきます。ラジコンの保管に悩んでいる方はぜひチェックしてみて下さいね。

ラジコンの保管に悩む理由

ラジコンの保管に悩んでしまう理由には、ラジコンの保管方法が難しいことが挙げられます。

ラジコンの保管方法を難しくしているのは、ラジコンが保管環境によって壊れてしまう可能性があることです。ラジコンの内部には動かすために大切なモーターが入っています。モーターは熱や水分に弱い性質を持っているため、ラジコンを高温多湿の環境に放置しない、水気がある場所に保管してはいけないなど保管方法に気をつけなければいけません。

ラジコンは保管場所をしっかり考えて保管しなければいけないアイテムなので、それだけ保管が難しくなってしまうのです。

また、ラジコンは基本的に屋外で使用するケースが多いアイテムです。そのため汚れが原因で壊れてしまうこともあります。定期的に正しいメンテナンスをしなければいけないという点も、ラジコンの保管を難しくしている一つの要因だと言えます。

上記2点がラジコンの保管に悩んでしまう大きな理由だと言えます。ラジコンは長く使うためにも、正しい保管方法で保管するのが大切なアイテムなのです。

ラジコンの保管、取り扱い方法について

ここからはラジコンのメンテナンス方法について紹介していきます。ラジコンを屋外で使用した場合には定期的にメンテナンスを行うことが大切です。ラジコンのメンテナンス方法に悩んでいる方は、以下の内容を参考してもらえれば幸いです。

使用後はしっかり汚れを落とす


汚れがひどい場合には、メンテナンス作業に支障をきたすため汚れをしっかり落としましょう。泥汚れがひどい場合にははけやブラシではしっかり落とすことができないので、ドライバーや六角レンチを使用することをおすすめします。

ボディーやタイヤは水洗いをする


ボディー、ウィング、タイヤはシャシーから取り外した後水洗いで汚れを落としましょう。ボディーとウィングはスポンジと中性洗剤を使い、汚れを落とします。タイヤは部品が細かく汚れもひどいので、使い古した歯ブラシを活用するとよく汚れを落とすことができます。水洗いをした後は陰干しで時間をかけて乾燥させましょう。

シャシーの手入れをする


ボディー、ウィング、タイヤを外したシャシーのメンテナンス方法ですが、汚れがそれほどひどくない場合には、ハケや歯ブラシでしっかりと汚れを落とすことができます。

ネジの頭にはよく泥が詰まっているので、キリや精密ドライバーの先端を使ってしっかり落としましょう。

メンテナンス時の注意点


ラジコンのメンテナンスで気をつけておきたいのは、パーツによって水洗いができないものがある点です。サスペンションやギアボックスなどの樹脂パーツに関しては、水を使って汚れを落とすことが可能なのですが、ダンパーやサスシャフト、ベアリングなどの金属パーツに関しては、水を使ってしまうと錆びてしまう可能性があるため水洗い厳禁です。

金属パーツに関しては、はけやブラシを使って表面についた汚れを簡単に落とした後にウエスでしっかり拭きあげておきましょう。

ラジコンのメンテナンスを嫌う人もいますが、メンテナンスを行うことで各部のチェックや修理ができ、性能維持にもつながります。メンテナンスも慣れれば楽しくなるので、ラジコンは定期的なメンテナンスを欠かさず行いましょう。

ラジコンの保管場所の条件とは?

ラジコンを保管しておく最適の場所には3つの条件があります。

高温多湿の環境を避ける


ラジコンのモーターやラジコンに使われている樹脂パーツは、高温多湿の環境に長時間置いておくと劣化してしまう可能性があります。ラジコンを車の中に置きっぱなしにしているという方は、時間帯によっては高温多湿の環境になってしまうためやめるようにしましょう。

直射日光が当たらない場所で保管する


直射日光が当たってしまうと、その部分だけ熱を持ってしまいラジコンを破損させる原因となってしまいます。また直射日光はパーツを変形させたり変色させたりする可能性があるため、ラジコンを保管する際には直射日光を避けて保管するのが必須の条件だと言えます。

水気がない場所で保管する


ラジコンに使用されている金属パーツは、水分が付着してしまうと錆びてしまう恐れがあります。水気のない場所とは単純に水道が近くにない場所というだけでなく湿度管理ができる場所ということです。湿度が高くなってしまうと結露によって水滴がつく恐れがあるため、湿度管理にも気を使いましょう。

ラジコンを正しく保管するためには、上記3つの条件を満たす場所が最適だと言えます。そして、上記3つの条件を満たす場所としておすすめしたいのがトランクルームです。トランクルームとは、個人や法人が一時的に荷物を保管しておくことができる場所で、ラジコンの保管に最適なサービスだと言えます。

ラジコンの保管場所に最適なトランクルームとは?

先程紹介したラジコンの保管場所の条件を満たすトランクルームの特徴としては、

  • エアコンが設置されていること
  • 屋内のコンテナや保管倉庫で荷物を保管していること

が挙げられます。トランクルームならなんでもいいというわけではなく、上記2つの特徴を持っているトランクルームが、ラジコンの保管に最適だと言えます。

現在、トランクルームを運営している会社はたくさんあります。数あるトランクルームの中でも、ラジコンの保管に最適なトランクルームとして株式会社トランクが運営している「trunk」を紹介したいと思います。trunkには以下の3つの特徴があります。

保管倉庫にはエアコンが完備されている


trunkでは、屋内の保管倉庫で荷物を保管しています。エアコンがしっかり設置されており、湿度と温度を常に最適な状態で保つことができます。ラジコンの保管条件の「高温多湿の環境を避ける」、「直射日光が当たらない場所」にマッチしています。

保管倉庫が清潔


トランクルームの中には保管倉庫が汚いものもありますが、宅配収納サービスでは清潔な保管倉庫で荷物を保管しておくことができます。また、水気があったりしたら一大事。大切なラジコンを預けるわけですから、保管倉庫が綺麗できちんと清掃が行き届いていることも必須の条件だと言えますね。

ちなみに屋外コンテナタイプのトランクルームは、「屋外」に置いてあるコンテナ倉庫で保管されるため、水気の心配がないと言い切れません。ラジコンの保管には屋外コンテナ型のトランクルームは不向きと言えるでしょう。

取り出しやすい


一般的なトランクルームであれば、預けている荷物を取り出す際には自分で取り出しに行かなくてはいけません。しかし宅配型トランクルームである「trunk」であれば、アプリから取り出しを申請するだけで、宅配便で自宅まで送ってもらうことができます。ラジコンが必要な時に手軽に取り出せるのがtrunkの大きな特徴です。

上記3つの点から、「trunk」はラジコンの保管に最適なトランクルームだと言えます。

まとめ

いかがでしょうか?
ラジコンは保管が難しく、保管方法に悩んでしまうアイテムの一つです。ラジコンの品質を維持するためには、定期的なメンテナンスをしっかり行い、万全の環境で保管することが重要です。トランクルームはラジコンの保管場所として最適な場所であるため、ぜひラジコンの保管に活用してみてください。

CARAETOならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる