ペット用品の保管にはもう困らない!おすすめ保管方法を紹介
記事UPDATE サムネイル

宅配型収納サービス『CARAETO(カラエト)』が整理整頓術やお片付け術、収納術をお届けする本コラム。今回も耳寄りな情報をお届けします!

ペットを飼っている人にとって、ペット用品の保管にはたくさんの悩みを抱えていると思います。そこで今回は、ペット用品を保管するおすすめの方法を紹介していきます。ペット用品の保管に困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ペット用品にはどんなものがある?

ますはペット用品にどんなものがあるのか紹介していきます。

ペットフード

ペットフードをセールの時などにまとめて購入しているという方も多いでしょう。そうすると経済的には助かるのですが、保管場所に困ってしまいますよね。大切なペットの体には入るものですから、保管場所には気をつけて保管したいですね。

ペットシーツ、トイレ

ペットシーツも同様、安い時にまとめて購入する場合があります。ペットシーツは湿気に弱いため、保管する際には湿度が高くなりにくい場所に保管することが大切です。

ペットの衣類

最近ではペットに洋服を着せてあげることも珍しくありません。場合によっては夏用や冬用など複数のペット衣類を持っていることもあるでしょう。ペット衣類は保管環境によって大きく左右されるアイテムなので、正しく保管するようにしましょう。

ペットベット

ペットが寝やすいようにペットベットを購入する方も多いと思いますが、ペットベットは収納に困ってしまうアイテムです。長く良い状態で使用できるようにするためにも、しっかりと保管環境には気を使うようにしましょう。

おもちゃ、小物

ペットが遊ぶためのおもちゃ、散歩に行く時に使う首輪やリードなど、ペット用品には小物がたくさんあります。上記のような小さなアイテムを保管する際には、無くしてしまわないようにしっかりとまとめて保管することが大切です。

ここからは上記のようなペット用品の保管方法を詳しく解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アイテム別!ペット用品の保管方法

先ほど紹介したペット用品の保管方法をアイテム別に紹介していきたいと思います。ペット用品の保管方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ペットフードの保管方法

ペットフードはフードに含まれる脂肪分が長時間空気にさらされることにより、酸化し劣化してしまいます。そのためペットフードを正しく保管するためには、以下の3つを意識することが大切です。

封をしっかりする

開封後は封をしっかりするようにしましょう。開封後のペットフードは、フードコンテナなど密閉性の高い容器に袋ごと入れて保管すると、酸化が進みにくくなります。仮にそのまま保管してしまうと、品質が低下し害虫も湧いてしまう可能性があります。

開封してしまったペットフードを保管する際には、しっかりと封をすることを忘れないでください。

直射日光に当てない

直射日光が当たってしまうと、フードの酸化が加速してしまいます。また直射日光によって品質も低下してしまうので、直射日光を避けて保管することが大切です。

高温多湿を避ける

水分をほとんど含まないドライフードの場合には、高温多湿が大敵となります。そのため湿気や温度が高くなりすぎない場所に保管することが大切です。

ペットシーツの保管方法

ペットシーツは水分を吸収しやすいため、湿度が高い場所や水気がある場所を避けて保管しましょう。

ペット衣類の保管方法

ペット衣類は人間の衣類と同じように、高温多湿の環境を避けて保管することが大切です。衣類はカビが繁殖しやすいため、湿度には十分に気をつけましょう。また保管する前はしっかりと洗って乾燥させることが大切です。生乾きのままや汚れが落ちていないまま保管すると、カビが繁殖するリスクが高くなります。

ペットベットの保管方法

ペットベットを保管する際には、衣類と同様に高温多湿の環境を避けて保管するようにしましょう。また型崩れ防止のために、なるべくペットベットの上に何も載せないよう保管しましょう。

おもちゃ、小物の保管方法

ペットのおもちゃや小物類はまとめて保管します。この際、ホームセンターや100円ショップで購入できるケースを活用するとすっきりと保管できるので、ぜひ活用してみてください。また、何がどこにあるのか把握しやすいように、種類別にまとめて保管するとなお良いでしょう。

上記のポイントを押さえて、ペットグッズは正しく保管するようにしましょう。

ペット用品の保管場所はどこがおすすめ?

ここまでの内容から、ペット用品の保管場所としての条件は3つあると言えます。

湿度や温度が高くなりにくい場所

高すぎる湿度や温度はペット用品を劣化させる原因となるため、湿度や温度の管理はとても大切です。

まとめて収納できるスペースを確保できる場所

ペットグッズをなくさないためにも、何がどこにあるのか把握するためにも、まとめて保管するのが望ましいです。

直射日光が当たらない場所

直射日光もまた、多くのペット用品を劣化させる要因となるものですので、避けて保管することが大切です。

上記3つの条件を満たす場所がペット用品の保管場所として最適な場所だと言えます。今回の記事では、上記3つの条件を満たすペット用品の保管に最適な場所としてトランクルームをおすすめします。

トランクルームとは個人や法人が契約することによって利用できるスペースで、荷物を預けることができるサービスです。全てのトランクルームが上記の条件を満たしているわけではないですが、質の高いサービスを提供しているいくつかのトランクルームでは、ペット用品を正しく保管しておくことができます。

ペット用品の保管におすすめのトランクルーム比較

最後に、ペット用品の保管におすすめできるトランクルームを紹介します。

CARAETO

宅配収納サービスのCARAETOは宅配型トランクルームとも呼ばれるもので、荷物の出し入れを全て宅配便で行うことができます。そのため、わざわざトランクルームへ足を運ぶ手間もなく、ペット用品を預けることができてしまいます。

CARAETOは湿度や温度の管理が行き届いている保管倉庫で荷物を保管することができるため、ペット用品を安心して預けられます。

CARAETOの特徴は価格にもあります。月額500円から利用できるため、ペット用品などの小さなアイテムは経済面でもCARAETOをおすすめできます。

最後に、CARAETOでは不要になったアイテムを売り買いできるサービスが備わっています。例えばあまり着なくなってしまったドッグウェアを販売することができます。フリマアプリのような感覚で利用でき、写真撮影や発送手続きなどはCARAETO側で行ってくれます。これは利用者には大変嬉しいサービスではないでしょうか。

キュラーズ

キュラーズは主に屋内型トランクルームを運営しています。空調設備が完備されていたりと、サービスの質は非常に高くお客様満足度も非常に高くなっていますが料金がやや高め。もちろん収納スペースは広くなりますので、ペット用品以外にも収納したいものがたくさんある場合は、利用を検討してみましょう。

ハローストレージ

ハローストレージは日本で一番多くのトランクルームを保有しており、身近なトランクルームだと言えます。利用できるエリアも多いため、利用しやすいサービスとなります。オプションとなりますが荷物を運搬してくれるサービスもあるため、こちらも運ぶ手間を省いてトランクルームへ預けることが可能です。

まとめ

いかがでしょうか?
今回はペット用品の保管方法や保管場所について解説してきました。ペット用品は保管方法や保管場所に悩みやすいアイテムであり、多くの人が保管に悩んでいると思います。そんな方にオススメしたいのが今回紹介したトランクルです。トランクルームなら、どんなにたくさんあるペット用品でも正しく保管することができ、ペット用品に関する悩みを解決してくれます。ペット用品の保管にはぜひトランクルームを活用してみてくださいね。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる