大切な絵画の保管方法と、最適な保管環境について大事な絵画は最適な環境で保管しておこう!
記事UPDATE サムネイル

インスピレーションを刺激されて一目ぼれした絵画、長年憧れた末に、ついに手に入れた絵画など、絵画には人それぞれたくさんの想いが詰まっています。

しかし、インテリアを変えたり、引越しをして飾るスペースがなくなったり、また、色褪せや破損をさせたくないから、ずっと大切にしまっておきたいなど、絵画を保管するべき理由もさまざまに発生します。

ここでは、大切な絵画を劣化させないように保存方法や保管方法と、絵画の保管に適した環境の作り方を解説します。

絵画の保管方法

絵画の保管方法はどのようにすればいいのでしょうか。

絵画は、額に入れたまま保管します。額から取り出すと、こすれ合ったり破けたりして、破損の原因になりかねません。キャンバス地を木枠から外すことも絶対にやめましょう。

この際、額縁についたホコリが、虫やカビなどを呼び込む恐れがあるため、必ず額縁を乾いたきれいな布で掃除してから保管してください。

額を包んであった段ボールなどに元通りにしまい、必ず立てかけて収納します。複数の絵画を重ねて収納すると、湿気がこもってしまうため、カビの発生や、重さで破損するなどのトラブルにつながるので重ねずに保存します。

自作の絵などをキャンバスのまま保管する場合は、絵の大きさに合った箱に入れるのがベストですが、なければ紙袋などに入れてホコリを避けて、立てて保管しましょう。

絵画を保管する際の注意点

言うまでもなく、絵画は非常にデリケートなものです。さまざまな要因で色あせしたり、ひびが入ったりしてしまい、保管状況によっては、破れてしまうなど取り返しのつかない破損を招いてしまうこともあります。

そこで、ここからは絵画を保管する際に守るべき条件っておきたいことを挙げていきます。

  • クリーニングや陰干しなど、ケアをする
  • 湿気のない場所
  • 温度変化の少ない場所
  • 直射日光の当たらない場所
  • 可能なら絵画専用のスペースを用意する

絵画を保管する前に、十分なケアをしてから保管しましょう。専門店に依頼するのが安心ですが、自分で行う場合は、風通しの良い日陰で1日陰干しします。

その後、カメラ用のブロワーなどでそっとホコリを払う程度にとどめておきます。また、その時にカビが発生していないか、チェックもしておきましょう。

カビを見つけたら専門店へ相談

カビを見つけたら、専門店にクリーニングを依頼します。

絵画の保管に最も適した環境は、湿度50%~60%、気温18度~20度の環境です。カビがキャンバスの内部まで浸透すると取り返しがつかないので、温度・湿度管理には特に気を配ってください。

なるべく年間を通して、一定の環境が維持できる場所での保管が望ましいでしょう。

また、絵画に直射日光は厳禁です。紫外線の影響で色あせやヒビが入るなど、修復不可能なトラブルの原因になります。

もう一つ大切なことは、絵同士がこすれるのを防ぐことと、風通しを良くするためにも専用スペースを設けるか、収納場所に余裕をもって保管することです。

くれぐれも、物がたくさん詰まった押し入れなどでの保管は避けてください。

絵画に適した保管環境を作る方法

絵画を保管しておくには、さまざまな条件をクリアする必要があります。

対策のされていない自宅の押し入れなどは、絵画の保管には不向きで、保存状態が悪化する恐れが大きいですが、適切な対策をすることによって自宅で絵画を保管することが可能になります。

ここからは、どうすれば絵画に適した環境が作れるのか紹介します。

収納スペースの物を半分に減らす

収納スペースは、大多数のお宅でスペースの容量一杯のものが収納されています。その状態では絵画に適した環境を作れません。

収納スペースがいっぱいの場合は、まずはそのスペースの物を半分に減らしてみましょう。

必要のない物を処分することはもちろんですが、すぐには使わない季節外の衣類や、思い出のアルバムなどの品物を、CARAETOなど外部の収納サービスに預けることによって、絵画を保管するスペースや風の通り道を作り出すことができます。

十分なスペースを作ったら、絵画を立てて保管し、なるべく収納スペースの扉を開けて空調を効かせておくなどの工夫をすると環境が保てます。

また、保管中も年に一度は、乾燥した天気の良い日に室内の風通しの良い場所で陰干しをするようにしましょう。

>>月額500円の宅配型収納サービス「CARAETO」って?

まとめ

絵画は高価なもの、思い入れのあるもの、自作のものなど、どんなものでも大切にしたい作品であることが多いものです。

適切な保管方法が分からない、絵画に良い保管環境がつくれない、などの理由で保存状態が悪くなり、劣化や破損を招いては取り返しが付きません。

外部の収納サービスなどもうまく活用しながら、大切な絵画を美しいまま保存できるように、自宅の保管環境を整えることをおすすめします。

1箱500円で預けてお部屋もスッキリ。
箱に詰めて送るだけの宅配型収納サービス!
CARAETOについて
今すぐはじめる
picture 質問してみる
minimize