天体望遠鏡はこうやって保管しよう!おすすめの保管場所も紹介
サムネイル

星空の観察には、天体望遠鏡が必需品というわけではありませんが、天体望遠鏡があればより鮮明に星空の美しさを観測することができます。最近では低価格で購入できる天体望遠鏡もあり、天体観測がより身近なものになってきています。

今回は天体観測をより楽しむことができるアイテム「天体望遠鏡」の保管方法や保管場所について解説していきます。

天体望遠鏡の保管に気をつける理由

天体望遠鏡の保管に気をつけなければいけない理由は、天体望遠鏡が繊細なもので壊れやすいからです。天体望遠用にとって、ホコリや手垢などの汚れは大敵となります。カビが発生してしまうと自力で修復することは困難で、場合によっては使用不可能になってしまうケースも珍しくはありません。

天体望遠鏡は価格も比較的高いアイテムなので、壊れたからといって簡単に買い換えられるものではありません。天体望遠鏡を長く使えるようにも天体望遠鏡を扱う際は、以下の注意点を意識して扱うようにしましょう。

  • レンズに直接触れない
  • 気温が高い場所に長時間おかない
  • 鏡筒を壁に立てかけて斜めに保管しない
  • ブロアーを必ず使用する

天体望遠鏡は繊細な作りになっているので、保管には十分気をつけなければいけません。以下天体望遠鏡の正しい保管方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

天体望遠鏡の正しい保管方法とは?


天体望遠鏡を保管する方法は大きく2つに分けられます。ここではそれぞれの方法について、簡単に紹介していきます。

1.そのまま保管する方法

天体望遠鏡をそのまま保管する場合には、直射日光を避けて保管することが大切です。鏡筒とファインダーにはキャップを装着し、鏡筒にはホコリ防止のカバーをかけてください。また鏡筒の向きは斜めではなく、真っ直ぐ縦にして保管しましょう。

2.鏡筒を取り外して保管する方法


天体望遠鏡の使用後はよく乾燥させ、ケースに入れて保管してください。またこの方法でも鏡筒は垂直にして保管します。

手間はかかってしまいますが、1の方法よりも2の方がより天体望遠鏡の保管方法として適していると言えます。しかし2の方法の場合には、しっかりと乾燥させなければカビが発生するリスクがあるため、劣化させてしまう可能性もあります。

天体望遠鏡をこまめに使用する場合には、その都度簡単に手入れを行い1目の方法で保管するのが良いですが、長期保管する場合には2の方法で保管環境に気をつけて保管するのが良いと言えます。

天体望遠鏡を保管する場合には、使用頻度も加味して保管方法を選ぶようにしましょう。

天体望遠鏡の保管場所はどこがおすすめ?

天体望遠鏡を適切に保管するためには、保管場所も重要になってきます。天体望遠鏡の保管場所に適した場所は、以下の5つの条件を満たす場所です。

直射日光が当たらない場所

天体望遠鏡は、日が落ちた時間帯に使用するケースが多いアイテムです。よって基本的に熱にはあまり強いとは言えません。天体望遠鏡に直射日光が長期間当たってしまうと、それだけ熱を持ってしまうことになるため、故障の原因となってしまいます。熱に弱い天体望遠鏡だからこそ、直射日光には十分気をつけなければいけません。

ホコリがない場所

天体望遠鏡の作りは非常に繊細です。そのため小さなホコリでも故障の原因となってしまいます。ホコリが発生しないためにも、天体望遠鏡を保管している空間は毎日掃除することが大切です。

立てて保管できる場所


鏡筒を斜めにしてしまうと内部の光学系にズレが生じてしまい、天体望遠鏡が適切に働かなくなる可能性があります。よって鏡筒は垂直に立てて保管しなければいけません。天体望遠鏡の保管場所には、鏡筒を垂直に立てておくことができる十分なスペースが必要だと言えます。

湿度や温度の管理ができる場所

天体望遠鏡の保管場所として最も大切なのが、湿度や温度の管理がしっかりできることです。

天体望遠鏡は直射日光を避けて保管しなければいけないことからもわかるように、熱に非常に弱い作りになっています。そのため温度が高い場所に長時間保管してしまうと、故障してしまう可能性が高いため、温度の管理は必ず行わなければいけません。

また湿度が高い場所に保管しておくと、カビが発生してしまいます。カビはホコリと同様に天体望遠鏡を故障させてしまう原因となるため、天体望遠鏡にとっては大敵となります。カビが発生してしまうと自力では修理できないため修理費がかかってしまいますし、場合によっては修理できないこともあります。カビは湿度が高い場所を好むため、天体望遠鏡を保管している空間は適切な湿度に保つ必要があります。

すぐに取り出せる場所

天体望遠鏡を正しく保管していても、使いたい時にすぐに取り出せない場所に保管していては意味がありません。よって使いたい時にさっと取り出せる場所に保管することが大切です。

天体望遠鏡を保管する場合には、上記5つの条件を満たす場所に保管するようにしましょう。

天体望遠鏡の保管にトランクルームがおすすめな理由

天体望遠鏡の保管には、トランクルームをおすすめします。トランクルームとは荷物を一時的に預けておくことができるサービスで、トランクルームを利用することで家の中には収納できないものを保管しておくことができます。

天体望遠鏡に適した環境のトランクルームを選ぶことで、適切な保管環境で保管しておくことができます。全てのトランクルームがそうではありませんが、室内倉庫で保管するタイプのトランクルームは、以下のような天体望遠鏡の保管に最適な特徴があります。

エアコンが設置されている

トランクルームの中でも、屋内型トランクルームと宅配型トランクルームには、基本設備としてエアコンが設置されていることが多いです。エアコンが設置されていれば、湿度や温度の管理ができるため、天体望遠鏡の保管に最適な保管環境だと言えます。24時間365日同じ湿度と温度で管理できるトランクルームならなお良いでしょう。

清掃が行き届いている


トランクルームの中でも、毎日しっかりと清掃がなされているトランクルームを選びましょう。天体望遠鏡にとってホコリは故障の原因となる厄介なものです。家の中に保管しているとどうしてもホコリによる被害を受けてしまいますが、毎日清掃がなされているトランクルームではホコリの被害を受けることなく保管することができます。

十分なスペースを確保できる


天体望遠鏡の保管で大切なのが、鏡筒を垂直に立てて保管することです。鏡筒を垂直に立てて保管するためには、十分な保管スペースを確保しなければいけません。トランクルームでは利用者が預けるアイテムに合わせてスペースを選ぶことができるため、立てて保管しなければいけない鏡筒でも十分に保管することができます。

上記3つの理由から、天体望遠鏡の保管場所としてトランクルームをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?
天体望遠鏡は天体観測をより充実させてくれるアイテムですが、繊細な作りであるため保管には十分に気をつけなければいけません。天体望遠鏡を正しく保管するためには保管条件を満たす場所での保管が大切であり、最適な保管場所であるトランクルームでの保管をおすすめします。天体望遠鏡はトランクルームで賢く保管するようにしましょう。

trunkならカンタン最短90秒で申込完了
無料ボックスを取り寄せる